酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
シークレット・サンシャイン・・・・・評価額1700円
2008年06月26日 (木) | 編集 |
韓国の鬼才イ・チャンドンは、私が最も敬愛する映画作家の一人である。
一人の男の自殺の瞬間から、時を遡って彼自身の人生と、韓国現代史をシンクロさせて描いた「ペパーミント・キャンディー」、社会のはみ出し者同士の恋を大胆な設定で描いた「オアシス」など、彼の映画は常に等身大の普通の人間が抱える深いドラマを、思いもしなかった切り口から見せてくれる。
前作、「オアシス」の完成後、韓国政府の文化観光部長官という、日本で言えば文化庁長官に当たる要職に就いていたが、復帰作となる本作「シークレット・サンシャイン」は5年のブランクを感じさせない素晴らしい仕上がりであった。

夫を亡くしたシネ(チョン・ドヨン)は、一人息子のジュンと共に、夫の故郷である密陽に越してくる。
車の故障で立ち往生していたシネは、地元で自動車修理工場を営む冴えない中年男ジョンチャン(ソン・ガンホ)に助けられる。
小さな田舎町で、隣近所との葛藤を抱えながらもピアノ教室を開き、ジュンと二人で新生活をスタートさせたシネ。
ジョンチャンはそんな彼女に好意を持ち、頼まれもしないのに色々と気を焼くが、シネが振り向いてくれる気配はない。
そんなある日、シネの留守中にジュンが何者かに誘拐され、殺害される事件が起こってしまう・・・


イ・チャンドンは1954年生まれ。
70年代から80年代の韓国に吹き荒れた民主化運動のリーダーの一人であり、その後に作家として活動した後に、96年の「グリーンフィッシュ」で映画界に進出したという異色の経歴の持ち主である。
それ故か、彼の映画は登場人物の個人史を感じさせる物が多い。
主人公の人生が韓国現代史そのもののメタファーとなっている「ペパーミント・キャンディー」はそれが顕著に現れているが、本作もまた主人公であるシネの閉ざされた心の中の自分史と言える。
その意味で、これは個人の歴史が外に開いていった「ペパーミント・キャンディー」と対をなす様な作品である。

夫を失い、心に傷を負ったシネが目指したのは夫の故郷であり、「秘密の日だまり」という意味の名を持つ密陽という小さな街。
その街で彼女を待っていたのは、愛する息子の死という更なる喪失だった。
「小さな日だまりにも神の意志が宿る」と失意のシネを勧誘するキリスト教会のメンバーに、「日だまりなどただの光だ」と言い放つシネが求めていた物は何か。
喪失感に耐えかねて、心と体のバランスを崩しかけていたシネは、衝動的に訪れたキリスト教会で、突如として信仰に目覚める。
信仰はシネの心を支え、彼女は一時の安息得る。
ところがこの信仰が、ある事をきっかけにシネに更なる葛藤をもたらす事になるのである。
自分の感じていた神が、他人の感じている神とは異なるという、ある意味当たり前の事実を知った時、神の絶対的な癒しは彼女の中で偽りに変わってしまう。
人間だけでなく神にまで裏切られたシネが、天を睨みつけながらある方法で信仰を破壊しようとするシーンは衝撃的だ。
心の拠り所を失ったシネは、自らの生を確認するかの様に自らを傷つける。

極限まで追い込まれた人間存在の切なさを、その華奢な体いっぱいに表現したチョン・ドヨンが素晴らしく、彼女は本作で韓国人として初めて、カンヌ国際映画祭の主演女優賞を受賞している。
下心見え見えでシネを支える田舎のおっちゃん、ジョンチャン役には、今や韓国を代表する名優となったソン・ガンホ
思えば彼を初めて観たのも、イ・チャンドンの「グリーンフィッシュ」だった。

切なく哀しい人生の中で、庭先を照らす小さな日だまりの様な希望。
あらゆる悲惨な運命に翻弄されたシネが、一つの答えにたどり着くラストは、とても静かで、しかし感動的な名シーンだ。
人間を癒すのはやはり人間なのだと思う。
この映画の持つ厳しさと優しさ、観賞後に深く尾を引く独特の後味は、クリント・イーストウッドの映画にも通じる物がある。
韓流スターだけではない、韓国映画の地力を見せつける見事な作品であった。

今回は「日だまり」にまつわる話なので、滋賀県の北島酒造の「太陽の一滴」をチョイス。
特に強い特徴は無い酒だが、純米酒らしいふくらみを適度に持ち、全体のバランスが良くシチュエーションを選ばない。
市井の人々が、人生の喜び悲しみを感じて飲むのは、こういう良い意味で普通の酒だろう。
イ・チャンドンの燻し銀の世界は、イーストウッド同様に日本酒がよく似合う。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
意外
こんにちは。
ノラネコさんがイ・チャンドン監督を敬愛しているとは知りませんでした。
韓国映画マイベストの上位にオアシスが位置する私も楽しみにしていた本作でした。
さすがに一筋縄ではいかないドラマでした。
民主化運動のリーダーだったんですか~。
2008/06/27(金) 09:21:19 | URL | かえる #-[ 編集]
ブログ登録でプレゼント当たります!
ノラネコの呑んで観るシネマ 様
※コメント欄を利用してのご連絡失礼いたします

【あなたのブログを登録して、無料音楽ダウンロードを楽しもう!】

こちら、ブログ広告のアドバタフライ事務局の真弓と申します。
ブロガー様へのおトクなお知らせです。
楽しいブログライフを応援する「アドバタフライ」に登録してみませんか?
アドバタフライとは、あなたのブログにふさわしい広告主とのマッチングを行い、広告配信を行うサービスです。
あなたのブログに広告を出したい企業から広告掲載がオファーされたり、商品サンプルが届いたりイベントのご招待が届いたりすることがあります。
成果に応じて報酬もゲットできます!

【プレゼントキャンペーン実施中!】
ただいま、ご登録いただいた方には抽選で、音楽ダウンロードでおなじみの
ナップスターから、1か月無料ダウンロードし放題の「ナップスターカード」
をプレゼント!!
http://welcome.adbutterfly.com/p/83413

登録は無料です。この機会に、是非よろしくお願い申し上げます。
※ご登録いただける場合は、「Flash広告・スクエア(180x180)」の広告
スペースを選択してください
http://welcome.adbutterfly.com/p/83413

アドバタフライ事務局 真弓
お問い合わせ adbutterfly@cgmm.co.jp
http://www.adbutterfly.com/

運営会社 (株)CGMマーケティング
http://www.cgmm.co.jp/
2008/06/27(金) 16:08:41 | URL | アドバタフライ事務局 #-[ 編集]
こんにちは。
韓国のイーストウッドですか。。。確かにいまだに心に余韻が残っている感じのする作品でした。
チョン・ドヨンもすばらしいし、なにげなくそこにいつもいるソン・ガンホの存在も良かったですー。
「オアシス」は鑑賞済みなんですけど「ペパーミントキャンディー」は未見なのであとでTSUTAYA行ってみます!
2008/06/28(土) 12:21:53 | URL | きらら #-[ 編集]
こんにちは。
ノラネコさん、TB&コメントありがとうございました。
すみませんー、お返事が遅くなってしまいまして。

>人間を癒すのはやはり人間なのだと思う。

あああああ、切り口は変化球だったようだけど、それこそが本作のメッセージだったのですねぇぇぇ。
ドーーーーーンと派手にではなくて、後からジワジワと押し寄せる感動作。そんな印象でした。
実は、イ・チャンドン監督の作品って『オアシス』しか見れていないんですよね。

>「グリーンフィッシュ」

そ、そうですか、ガンホ様の出演作なのですね。
み、見なければ・・・。
2008/06/28(土) 21:19:12 | URL | となひょう #-[ 編集]
もう観られたんですね。
去年の九月、図らずもこの映画のロケ地めぐりをした私にとって待ち遠しい映画です。あの迷路のような道が、ここを舞台にした理由なのではないかと私は推測しているのです。
それにしてもやはり邦題は「シークレットサンシャイン」なんですね。私は「密陽」の方がよっぽどいいと思うのですが。
一見映画に関係ない記事ですが、TBさせてください。
2008/06/29(日) 12:20:05 | URL | KUMA0504 #12mVp.tA[ 編集]
こんばんは
>かえるさん
イ・チャンドンにはデビュー作以来絶対の信頼を置いている作家です。
わずか四作の寡作な人ですが、この人の人間観察眼には毎度唸らされます。
五年もの間映画界を離れていたのが勿体無かったですが、これからまた楽しみです。

>きららさん
私としてはイ・チャンドンの作品で一番衝撃的だったのが「ペパーミント・キャンディー」でした。
いわば逆「フォレストガンプ」とでも言える作品なのですが、発想力の凄さですね。
私からもお勧めいたします。

>となひょうさん
イ・チャンドンの映画は、いつも切り口はひねってありますが、描いている内容はとても普遍的で、人間性の本質に迫るものだと思います。
「オアシス」はもちろんですが、過去の作品も見事なものです。
「グリーンフィッシュ」はソン・ガンホの最初期の出演作の一つで、彼が一躍脚光を浴びるきっかけになった作品です。

>KUMA0504 さん
密陽に行ったことがあるんですね。
釜山から近いと言うことですが、この町のことは全く知りませんでした。
映画ではロケーションの美しさというよりも、町の名前の意味に着目して舞台に選ばれている様に思います。
そういえばイ・チャンドン作品の邦題はいつもカタカナですね。
2008/06/29(日) 23:27:28 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちわ
はじめまして。私はクリスチャンなのですが、ノラネコさんが
「信仰を破壊しようとするシーン」と書いておられて、
ぴったりの言葉だなあ・・と思いました。
私は飛び込みでこの映画を観て、内容に驚いたのですが、クリスチャンでない人はこの映画をみてどんな風に感じるんだろう・・と思いました。
信仰というフィルターを持っている私は、余計に心揺さぶられました。
ヒューマニズムと神、そのどちらをも描ききったみごとな作品で深かったです。
また遊びに来ます♪
2008/06/30(月) 13:31:52 | URL | jojo #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>jojoさん
クリスチャンの方が観ると、また違った感慨を持たれるのかもしれないですね。
しかし、この映画に描かれているのは、キリスト教に限らず、信仰という物の本質的な姿だったと思います。
シネは信仰を持ったことによって大きな葛藤を抱えてしまいますが、それは信仰をやめることとは違うのですよね。
破壊するには、それを信じている事が大前提となるわけで、ある意味でシネはより深い部分で神に触れたのではないかと思うのですが。
2008/07/02(水) 01:34:14 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは
チャンドン監督素晴らしいですね。
答えが出ないけれど,人間のだれもが陥りそうな
深い精神的な葛藤を描いています。
わたしもクリスチャンなので
たいそう興味深いテーマでもありました。
神に絶望する気持ち,わかります。
クリスチャンはみな,大なり小なり,
シネのような心境に陥りやすいものがあると思います。
神といえば,チョン・ドヨンさんの演技,
まさに神がかっておりましたね。
2008/12/29(月) 22:47:05 | URL | なな #-[ 編集]
こんばんは
>ななさん
韓国のクリスチャンの間では賛否両論で大きな論争になったそうです。
特定の宗教を信仰している人にとっては、宗教=信仰ではないという事が大きな葛藤になるのでしょうね。
個人的には、ラストシーンでシネは本質的な信仰にたどり着いたのだと思っています。
2008/12/30(火) 23:32:26 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは、古いところに失礼します。
そうなんですか、随分と変わった経歴の人なんですね。
なんだか只者じゃないな・・・というのは映画から伝わって来ましたが。
信仰に目覚めたシネを描いた部分で、そちらへ行くのかなあと懸念しましたが、人間を描いてブレない辺りに驚きました。
今後はもっとこの人の作品を観てみようと思いました。
2009/07/21(火) 21:37:24 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
こんばんは
>とらねこさん
本当にこの人は只者じゃないですよ。
わずか4本しか撮ってないですけど、どれも人間の本質に鋭く切り込んだ傑作揃いです。
是非是非、他の作品もご覧になってください。
出来は自信を持って保障いたします。
2009/07/23(木) 00:15:49 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
しばらく政界に身を置いた名匠イ・チャンドンの新作の主人公は、シングルマザーと不器用な中年男だ。愛する息子を殺害された女性シネが魂の救済を求めてもがく姿を乾いたタッチで描く。見知らぬ土地で懸命に生きる女性の脆さ、理不尽な悲劇、宗教考察と、見所は多い。女が...
2008/06/26(木) 22:55:16 | 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
あの「オアシス」のイ・チャンドン監督の5年ぶりの新作は犯罪被害者となった女性の浮遊し彷徨う魂を描いた作品です。前作に続き再び重いテーマに挑んだこの作品で主演のチョン・ドヨンは2007年カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞。 日本ではなかなかメジャー公開にま...
2008/06/26(木) 23:17:51 | カノンな日々
何度道に迷っても、太陽の光がそっと導いてくれる。 未亡人のシネは幼い息子と2人、ソウルから夫の故郷の田舎町に引っ越してくる。密陽=シークレット・サンシャインって、何を指すのだろうというのがずっと気になりつつ、予備情報は一切入れずに鑑賞した。チョン・ド?...
2008/06/27(金) 01:03:16 | かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
「シークレット・サンシャイン」シネマート六本木で鑑賞 2007年 原題/??`(密陽) 賞をとったと聞くとどうしてもみたくなる性格です。 更に、今年は劇場上映の韓国映画はホラー以外は劇場で、という意気込みがあるので初日初回で行ってきました。 原題の密陽は?...
2008/06/27(金) 16:45:35 | てんびんthe LIFE
  ☆公式サイト☆『オアシス』のイ・チャンドン監督が5年ぶりにメガホンを取った究極のラブストーリー。息子と地方都市に移り住み悲劇に見舞われるシングルマザーと、彼女をそっと見守る不器用な男の魂の救済を描く。シネ(チョン・ドヨン)は事故で亡くなった夫の故郷?...
2008/06/28(土) 12:18:09 | きららのきらきら生活
幼い息子ジュンを連れ、ソウルから死んだ夫の故郷・密陽へ引っ越して再出発しようとしていたシネだが、車が故障し立ち往生。 レッカー車を運転してきたのは地元で自動車修理工場を営むジョンチャン。 彼はあれこれシネの世話を焼くが、全く相手にされない。 そんなある...
2008/06/28(土) 17:32:17 | 象のロケット
「シークレット・サンシャイン」SECRET SUNSHINE/製作:2007年、
2008/06/28(土) 21:12:46 | 映画通の部屋
小さい町ななので、歩いて繁華街まで行こうとしたが、そこまでは小さくないようだった。途中でバスを拾う。ここのバスは1,000W。蔚山は1,500Wだった。町によってバスの値段が全く違う。そうはいっても「歩き方」03年版には密陽のバス代は700Wと書いているので、交通...
2008/06/29(日) 12:22:26 | 再出発日記
人気ブログランキングの順位は? ふりそそぐ陽射しを どれだけ浴びたら あなたの悲しみは 消えてゆくのだろう
2008/06/29(日) 16:32:56 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
ふりそそぐ陽射しをどれだけ浴びたらあなたの悲しみは消えてゆくのだろう ガンホ、俗物だからよくわかんない。 嘘よ 嘘よ 嘘なのよ嘘よ 嘘よ 嘘なのよ
2008/07/26(土) 00:28:05 | へでいくっ!
『シークレットサンシャイン』.....2007年作品 ソンガンホ/チョンドヨン他共演 밀양=密陽 junsanga的評価 ★★★☆☆(すみません3つ) 【1】この映画はともかくチョンドヨンさんが2007年カンヌ映画祭 主演女優賞を獲得した作品だと以前ニュー...
2008/08/05(火) 07:42:30 | 韓ドラのたまり場
映画友Pさんから、いただいた鑑賞券を利用してシネマート六本木にて2回目の鑑賞☆(C)2007CINEMASERVICECO.,LTD.ALLRIGHTSRESERVED原題:SECRETSUNSHINE/密陽監督・製作・脚本:イ・チャンドン原作:イ・チョンジュン出演:チョン・ドヨン、ソン・ガンホ チョ・ヨンジン...
2008/08/11(月) 13:08:53 | たーくん\'sシネマカフェ
「密陽って、どんな街ですか?」チョン・ドヨンが07年カンヌで最優秀主演女優賞を取った「シークレット・サンシャイン」をやっと見ることが出来た。高い瀬戸大橋を越えた。なぜならば、岡山ではついには公開しないということが分った為と、高松では今週限りと言うことがわ...
2008/10/19(日) 16:35:00 | 再出発日記
DVDで鑑賞。今年のシメにこれまた凄い作品を観てしまった・・・。心にずしんと響く作品だ。人間であることが辛くなってしまうような・・・・そんな厳しい現実を,容赦なく,つきつけてくる作品。それでも不思議と,鑑賞後に残る余韻は優しくあたたかい。久々に素晴らしい?...
2008/12/29(月) 22:48:17 | 虎猫の気まぐれシネマ日記
あらすじ夫を交通事故で亡くしたばかりのシネは夫の故郷で再出発するため、息子とソウルからミリャンに引っ越して来る。自動車修理工場を営むジョンチャンの尽力もあってシネは無事にピアノ教室を開くことができなんとか順調に新生活を送っていたが、ある日・・・。感想韓...
2009/05/30(土) 17:49:07 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
'07年、韓国原題:密陽監督・脚本・製作:イ・チャンドン原作:イ・チョンジュン撮影:チョ・ヨンギュ音楽:クリスチャン・バッソ美術:シン・ジョムヒチョン・ドヨン  シネソン・ガンホ  ジョン・チャンチョ・ヨンジン  パク・ドソプキム・ヨンジェ  ミンギソン?...
2009/07/21(火) 21:38:05 | レザボアCATs
 『ふりそそぐ陽射しを どれだけ浴びたら あなたの悲しみは 消えてゆくのだろう』  コチラの「シークレット・サンシャイン」は、夫を失ったシングル・マザーのシネ(チョン・ドヨン)が、その夫の故郷に新天地を求め引っ越すところから始まるヒューマン・ドラマなの...
2009/08/12(水) 22:53:01 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡