酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
TOKYO!・・・・・評価額1500円
2008年08月29日 (金) | 編集 |
特定の都市をモチーフにしたオムニバス映画は、それほど珍しく無い。
「TOKYO!」というそのものズバリのタイトルを持つ本作の企画に、パリを舞台に十八人の監督が5分間の愛の物語を綴った「パリ、ジュテーム」が強い影響を与えているのは間違いないだろうし、昨年は欧州四都市を舞台に、サッカーのUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦が開催される一日を描いた「ワンディ・イン・ヨーロッパ」という変り種もあった。
ミッシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノという、強烈に個性的な三人の外国人監督に与えられた時間は一人頭30分強。
オムニバス映画の場合、なかなか映画を観たという満足感を得る事が難しいが、この長さは短すぎず、長過ぎない、調度良いバランスだ。
一流の観察眼を持つ彼ら三人が、巨大なエネルギーを秘めたこの都市と向かい合う事で、我々日本人にはなかなか見えてこない、東京の隠れた姿が浮かび上がってくるという志向で、本作のコンセプトは、「東京≠TOKYO」と言ってもいいだろう。

「インテリア・デザイン」
ミッシェル・ゴンドリーが描くのは、映画監督志望のアキラと共に地方から東京にやって来たヒロコの物語。
エド・ウッドみたいな変な映画を撮っている割に、バイトも見つかって、それなりに東京暮らしを楽しんでいる天然のアキラに対して、日々の生活に追われ、居候先に気兼ねするヒロコはどんどんと疎外感を募らせてゆく。
彼女自身は東京という街に、特に目的があって来た訳ではなく、流れに任せてはみたものの、人々の念が渦を巻く巨大都市の中で、心は居場所を失って彷徨いだしてしまう。
そしてある時、自分の居場所と存在価値を求めて、彼女の心と肉体がたどり着いた先は・・・江戸川乱歩のある作品を思わせて、なんともシュール。
かなりぶっ飛んだ展開なのだけど、不思議と納得できてしまうのは、彼女に共感する自分が確実にいるという事だ。
ただ、細かな部分に、実際の東京を知る者にはリアリティを感じない描写が幾つかあり、それが物語をややスポイルする。
いくらなんでも、あの廃墟の様なアパートの入居に40万円は無いだろう。
この話の中で、ファンタジー的な要素はあくまでもヒロコに起こった事だけにして、世界観はあくまでもリアルに徹した方が寓話性が際立ったと思うのだけど。

「メルド」
二番手は懐かしや、レオス・カラックスだ。
ずいぶんとお久しぶりと思ったら、「ポーラX」以来9年ぶりの劇場用映画だという。
彼が描くのは「メルド(糞)」という、地下道から現れ人々を襲う奇妙な怪人に翻弄される東京。
ある意味で、三本中最も難解な作品となっている。
この不気味な怪人は、明らかに「ゴジラ」をモチーフとしており、劇中のテーマ曲もゴジラのマーチがそのまま使われている。
日本人を忌み嫌い、旧日本軍の地下遺構に住み、世界でも数人しか理解できない謎の言葉を話し、好物はお札と菊の花。
ゴジラが核のメタファーだった様に、この男も何かのメタファーなのだろうが、つかみ所が無さ過ぎて、観る者をひたすら戸惑いに誘う。
日本軍の武器を使って無差別テロを起こすあたり、オウム事件を思わせるし、日本社会の負の側面をカリカチュア化した存在にも見える。
不死身のメルドが次に現れるのはニューヨークらしいから、この手の自己攻撃性は東京に限らず、過密な現代社会ならどこにでも現れるという事か。
フランス人らしい、シニカルな文明批判と受け取っても良いのかもしれない。

「シェイキング東京」
文字通り、揺れ動く東京。
韓国の鬼才ポン・ジュノの一作は、単体の映画としてみると、三本の中で最も完成度が高く、切なくも優しい寓話となっている。
彼が選んだモチーフは、「引きこもり」だ。
香川照之演じる「僕」は10年間家から出ずに引きこもり生活を続けている。
ひたすら読書し、家の中はゴミも含めて異常なほど整頓されており、外とのつながりは電話だけで、家にやってくる様々な配達人とは決してコミュニケーションをとらない。
そんな「僕」が、ある時ふと目を合わせてしまったピザの配達人に恋をする。
人間とのかかわりを拒絶してきた「僕」の心臓は、その時彼女と共鳴し、そして世界もまた同期しているかの様に揺れ動く。
気絶した蒼井優の「彼女」は、パソコンのボタンアイコンの様なタトゥーを持ち、電源ボタンを押さないと再起動しない。
つまり、彼女に触れなければならないという事だ。
1000万人もの人々が暮らしながら、そのつながりは年々希薄になっている現代の東京。
たった一人との触れ合いの、なんと切実な事か。
ポン・ジュノは、過去にもオムニバス映画を何度か手がけている事もあってか、短編の作り方をよく知っている。
日本の漫画をこよなく愛する人物らしく、シニカルでありながら、日常を優しく切り取る感覚はどこか良く出来た短編漫画を読むような安心感があり、わずか30分程度ながら、この作品のセンス・オブ・ワンダー溢れる味わいは、長編映画にも引けをとらないくらいに後を引く。
三本の大トリとして、納得の作品であった。

「TOKYO!」は、日本人が撮ったとしたら決して出てこないであろう、ユニークな発想力に満ちていて、どの作品もなかなかに観応えがある。
面白いのは、三人の映画作家が捉えた三者三様東京の姿は、どれもリアリズムに基づく物語ではなく、寓話的なファンタジーに落とし込まれている事だ。
一見すると、東京でなくても成立する話にも思えてくるのだが、東京は一つの街というにはあまりに複雑かつ巨大過ぎて、外側から観察してシンプルに描こうとすると、結局それは濃縮された「日本」の一面を描いてしまうという事だろう。

三皿のコース料理の後は、東京の名を持つデザートカクテルで幕を引こう。
「トーキョー・ジョー」は氷を入れたグラスに、ウォッカ150mlとメロンリキュール100mlを注いでステアするだけのシンプルなカクテル。
美しいグリーンは目を楽しませ、甘いメロンの香りは舌を楽しませる。
東京は、混沌として、豊かな味わいに満ちているのだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ノラネコさん☆
こんにちは。
コメントありがとうございました♪
(でもTBは届かなかったみたいです)

やっちゃったよ、みたいな直接的な違うニホンの描き方ではなかったものの、
東京にいる人間にとってみたらそれは違うっていう細かい部分は確かにありましたよね、
え、あのアパートに40万って言ってましたっけ?
それはないなー(笑)

3者3様の描いた東京、
観る価値はありましたね。
2008/08/29(金) 09:52:38 | URL | mig #JTxNwRAU[ 編集]
こんにちは
>migさん
>40万円
あのあたりは中途半端なカリカチュアというか、もう少しはっきりとやれば映画の中の東京と実際の東京は違う世界なのだという意味付けになるのですが、どうも単なる考証ミスに見えてしまうのが残念でした。
あの部屋なら敷金礼金無し、2万円で十分入居可能でしょう。
いや、1万五千円かな(笑
2008/08/29(金) 12:13:06 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
TOKYO→NIHON?
こんにちはノラネコさん。
私もこの3人の監督に期待して観ました。
数十年東京に住んでいる自分と、数回(?)訪れただけの外国人では捉え方が違うことはわかっていたけど・・・・・・・・・・・。
題名を無視すれば、それぞれ個性があって見ごたえがあったけど、
やはり「パリジュティーム」のような雰囲気を期待したほうがいけなかったかも?
最後のポン・ジュノ監督の作品は出演者がいい味出していて、わかりやすいテーマだったので、ホッとしました。
TOKYOというよりNIHONに対する捉え方かな?

これからのレオス・カラックス監督の作品に期待しています。
2008/08/29(金) 14:00:40 | URL | cinema_61 #9yMhI49k[ 編集]
こんにちわ
≫フランス人らしい、シニカルな文明批判と受け取っても
良いのかもしれない。

それがたまたまTOKYO/日本に向けられただけと捉えて
よろしいんでしょうかね(苦笑)?
決してカラックスはアンチ日本なわけでも、日本人差別主義者
なわけでもない・・・ってことでよろしいんでしょうかね(苦笑)?

まあ・・・ゴジラをモチーフにしているくらいだから、
決して日本をキライってわけじゃないでしょうけれど、
3作品の中で、唯一日本人じゃない俳優を主演に起用し、
あげくのはて母国フランスのロケまでやっちゃったってのは
カラックス作品だけだったので(笑)。

まあ・・・母国愛の強いフランス人ならではってことでしょうか?
2008/08/29(金) 14:04:03 | URL | 睦月 #-[ 編集]
こんばんは
>cinema_61さん
東京って街のイメージが明確じゃない分、なかなか統一したイメージでは作りにくかったんじゃないでしょうか。
あえて言えば混沌?って感じですし。
この映画の話はどれも東京じゃなくても成立するんですけど、それだけ東京が日本の縮図的な存在なんでしょうね。

>睦月さん
解釈は色々出来ますね。
人種差別主義者で、人々に忌み嫌われるメルドは日本人ではなく、フランス人(?)という事で、これは東京をダシにしてフランス人を揶揄した作品ととる事も出来るわけです。
もちろん、逆にとる事も出来ますが。
私はむしろ何語でもない言葉を喋る、つまり何人でもない男を通して、文明のゆがみみたいなものを表現したのかなと思いました。
2008/09/01(月) 03:55:10 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは
三者三様からみた日本人の姿面白かったです。

また 意外にしっかり日本人でありながら、それぞれの監督の気質が登場人物に反映されていたりしてそこも楽しめました

あえて 雷門、東京タワー、秋葉原といった東京的な光景をあまり前面に出さずに演出したところも ほうほうと思ってしまいました。
(レオス・カラックスだけは、ゴジラをイメージしたこともあってか、銀座、渋谷とけっこうメジャーな場所を利用していましたが、、)

>「東京≠TOKYO」
ということで、おっしゃるとおり 日本の縮図としての「TOKYO!」だったからなのでしょうね~
2008/09/05(金) 13:23:34 | URL | コブタです  #-[ 編集]
こんばんは
>コブタさん
東京に名所はたくさんありますけど、どれを描写しても断片にしか過ぎないですよね。
結局東京を描こうと思うと、内なる日本を描く事になるのだと思います。
その意味で三人とも、スタイルは違えどアプローチは同じだったという事かもしれませんね。
日本人とは違うユニークな視点は見応えがありました。
2008/09/06(土) 00:17:43 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
40万
こんにちは。
わたしは自分の本職関係で出向く東京以外、知る術がないものですから、
「いくら東京でも、40万ならその程度の環境よ」とか思い、
(関西は権利金が高額なので、入居時にはもっと必要だったり)
そこはあっさりスルーしてしまいました。
ので、そこに関しては逆にリアリティがあったのですわ(笑)

東京にお住まいの方の気分を害した部分も多かったみたいですが、
地方の者にとっては、あれほど人とモノが一極集中的に集まっている町なら、
ひょっとしてあり得るのかも、とか思いつつ、
日本が舞台で描かれていることも忘れて、
ある大都会の一部であった(かもしれない)3つの物語として、それぞれに楽しんで観れてしまいました。
2009/08/17(月) 16:34:58 | URL | 悠雅 #-[ 編集]
こんばんは
>悠雅さん
ええ、日本国内でもそんな誤解が(笑
まああの話は東京の物価は高いという事を強調したかったんだと思いますが、実際はあそこまで高くないですよ。
40万円あれば結構便利なエリアで新築の広めのワンルームが借りられます。
映画の廃墟みたいなアパートなら、どんなに諸費用がかかっても10万以下で入居可能でしょうね。
まあこの映画は、現実の東京ではなくTOKYOを描いた寓話的ファンタジーなんで、それほど気にすることでもないんですけどね。
2009/08/17(月) 23:50:21 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TOKYO! オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆東京をテーマにした3話オムニバス映画。不安と不条理が東京をTOKYOへと変えていく。 【70点】  突然、体が木になってしまった女の子。マンホールから現れる怪人。10年間引きこもった男。どこかヘンテコな3...
2008/08/29(金) 09:04:27 | 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
ソウル、NY、パリという大都市で活躍する個性的な3人の監督たちが、 「東京」を舞台に独特な視点で描いた1作をまとめた本作。 世界上映に先駆けて16日から渋谷で先行上映だったので観てきました~。 これ、短編ではなくそれぞれ40分弱、3作はリンクしていなくて別の?...
2008/08/29(金) 09:49:30 | 我想一個人映画美的女人blog
土曜のレイトショーで、「TOKYO!」観てきました。 世界の巨匠達が見た”世界で最もクールな都市”東京の真実―東京を舞台にしたオムニバス三本。 私はというと―ビルの隙間で、幽霊たちと暮らしています。 刺激的な街であるがゆえに、 自分がちっぽけに感じてし?...
2008/09/02(火) 20:35:46 | へでいくっ!
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ めくるめく大都会、3つのTOKYO! 
2008/09/03(水) 22:53:37 | カリスマ映画論
この作品、水曜日チケットを購入したのに関わらず、、ショックな事がおこり一回映画館のすぐ近くまできていながら、見送ってしまったとやや...
2008/09/05(金) 12:48:45 | コブタの視線  
原題:TOKYO 製作年度:2008年 製作国:フランス/日本/韓国 上映時間:110分 【インテリア・デザイン】 監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー ...
2008/09/07(日) 12:07:50 | スワロが映画を見た
TOKYO!シェイキングTOKYO!より1シーン。こちらをどうぞ! ジャンル : ドラマ 製作年 : 2008年 製作国 : フランス=日本=韓国=ドイツ 配給 : ビターズ・エンド 上映時間 : 110分 主演; インテリアデザイン: 藤谷文子 、 加瀬亮 、 メルド: ドゥニ・ラヴァン 、 ジャ...
2008/09/09(火) 23:16:16 | Aspiring Bobby-dazzler Starlet
駆け出しの映画監督アキラと共に上京してきたヒロコ。部屋探し、就職…、物事が上手くいかない中で、ヒロコは自分の居場所が次第になくなっていくのを感じる。(「インテリア・デザイン」)東京の下水道から出没する謎の怪人「メルド」。人々が恐れる中、ついに大きな事件が
2008/09/10(水) 00:52:54 | 映画な日々。読書な日々。
東京を舞台にしたオムニバス3本です。 {{{*『インテリア・デザイン』ミシェル・ゴンドリー*}}} 映画監督を目指すアキラに付き添って東京にやってきた恋人のヒロコが主人公です。 どこか田舎からクルマでやってきて、友人の家に彼氏ともどもお世話になるのですが...
2008/09/10(水) 11:43:29 | Cartouche
 『この街は進化し続ける運命にある──。』  コチラの「TOKYO!」は、驚異的なオリジナリティで世界の映画界をクリエイトするトップクリエイターが、ポップカルチャー溢れる世界でも最もクールな都市”東京”の今を鮮明に描いた8/16公開の豪華な競作オムニバス映画なの...
2008/09/11(木) 20:17:15 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノ。 名前が並んでるだけでも興奮が収まらない、独特でファンタジックな世界観で映画を撮る三人の監督達が、東京を舞台としたオムニバス映画を作ったんですよ! てな事は映画好きな人なら知ってるでしょうが、こんな...
2008/09/12(金) 00:45:31 | そーれりぽーと
『TOKYO!』「インテリア・デザイン」「メルド」「シェイキング東京」「フライング☆ラビッツ」
2008/09/12(金) 22:13:17 | 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
人気ブログランキングの順位は? この街は進化し続ける運命にある──。 世界のトップクリエーターが、ポップカルチャー溢れる東京の今を鮮明に描く! 世界の巨匠たちが見た、光と希望と闇に包まれた真実の東京──。
2008/09/22(月) 02:42:13 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
 TOKYO! 9月16日、MOVX京都で鑑賞。この日は私の○○歳の誕生日でした。何とあのミッキー・ロークも同じ日なのです。そういえば、第65回ヴェネチア国際映画祭で、ミッキー・ローク主演の「ザ・レスラー」が金獅子賞をゲットした。  これがその「ザ・レスラー」?...
2008/09/24(水) 10:30:16 | 銅版画制作の日々
三人の監督が東京を舞台に描くオムニバスストーリー 『インテリア・デザイン』 監督:ミシェル・ゴンドリー 出演:藤谷文子、加瀬亮、伊藤歩、妻夫木聡、大森南朋、でんでん 「若手映画監督と彼女がかつての同級生の家にやってきた。部屋が見つかるまでというこ
2008/09/24(水) 16:35:14 | 日々のつぶやき
オムニバス映画でこんだけ出来のいいのが並ぶのは珍しい
2008/11/09(日) 14:32:20 | 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
居候。地下の怪人。ひきこもる男。
2009/08/17(月) 15:17:00 | 悠雅的生活
あらすじ「インテリア・デザイン」駆け出しの映画監督アキラと共に上京してきたヒロコ。部屋探し、就職・・・、物事が上手くいかない中でヒロコは自分の居場所が次第になくなっていくのを感じる。「メルド」東京の下水道から出没する謎の怪人「メルド」。人々が恐れる中、...
2009/11/28(土) 15:53:53 | 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ