酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
最後の忠臣蔵・・・・・評価額1700円
2010年12月28日 (火) | 編集 |
日本の師走の定番と言えば、何と言っても「忠臣蔵」である。
元禄15年12月14日に起こった、赤穂浪士による吉良邸討ち入り事件を題材とした物語は、実に300年間に渡って、人形浄瑠璃や歌舞伎、近代以降では映画やテレビで人気を博してきた。
記録によれば、最初の映画化は1907年にまで遡ると言う。
おそらく、これほどの長期間にわたって、同じ題材が一年の一時期の定番として作り続けられている例は、世界でも稀有なのではないだろうか。
もっとも、毎年同じネタばかりでは少々飽きがくるのも事実。
本作、「最後の忠臣蔵」は、御馴染みの物語を直接描くのではなく、赤穂浪士の生き残り二人を中心に、討ち入りから16年後を描く後日譚となっている。

四十七士の一人だった寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は、大石内藏助(片岡仁左衛門)から「討ち入りの真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよ」と命じられ、一人孤独な旅を続けてきた。
ようやく、最後の遺族を探し出した吉右衛門は、十六回忌法要が行われる京へと向う。
だが吉右衛門は京の近くで、嘗ての血盟の友であり、討ち入りの前日に逃亡した瀬尾孫左衛門(役所広司)に出会う。
実は孫左衛門もまた、内藏助から密命を帯びて、十六年間も世間から隠れて暮らしてきたのだ。
その命とは、内藏助の隠し子である可音(桜庭ななみ)を、一人前の姫君に育て上げる事だった・・・


池宮彰一郎の小説を、杉田成道監督が映像化した本作は、「忠臣蔵」をモチーフにしてはいるものの、討ち入りシーンなどは冒頭にさらりと描かれるだけで、事実上のオリジナルと言って良いだろう。
伝説の始まりを、想像力豊かに描いたのがリドリー・スコット版「ロビン・フッド」だとしたら、これはある伝説のその後を描く物語なのである。
物語の中心にいるのは、瀬尾孫左衛門と大石内蔵助の隠し子である可音、そして内蔵助から事件の語り部となる事を命じられた寺坂吉右衛門。
映画は、16年に及ぶ遺族探しの旅を漸く終えた吉右衛門が、京の都に程近いところで、孫左衛門を目撃するところから始まる。

ここに描かれるのは、侍として生まれ、武士道に生きる者の愛と苦悩だ。
鬩ぎあう公と個の葛藤を描いた物語と言っても良いだろう。
瀬尾孫左衛門は、内蔵助の命を受けてから、世間の目を眩ませるために商人として生き、京都の山間の竹林の庵で、密かに可音を育てている。
彼を影ながら支えるのは、嘗て島原の太夫として名を馳せた雅な女性、ゆう。
可音は、孫左衛門から武家の姫としての思想や行儀作法、ゆうからは豊かな教養を授けられ、すくすくと育っている。
そして討ち入りから16年が経ち、孫左衛門は使命の総仕上げである、可音の輿入れを考えなければならなくなる。
奇しくも、都一の豪商、茶屋四郎次郎の嫡男が可音に一目ぼれ。
普通に考えればこれ以上の良縁は無いのだが、なぜか可音は乗り気でなく、孫左衛門もまた心のどこかにモヤモヤした引っかかりを感じている。

その答えを教えてくれるのは、恋愛スペシャリストであるゆうだ。
彼女は、可音は孫左衛門にをしていると言うのである。
そして孫左衛門もまた、己が心の奥底に潜む衝動に、初めて気付かされ動揺する。
この二人は父娘であり、主従であり、禁断の愛で結ばれたプラトニックな恋人同士でもあるのだ。
よくよく考えれば、孫左衛門も可音も公には存在しないはずの人間であり、仮に二人で逃げたとしても、誰も追うものはいないはず。
だが、孫左衛門は一個の人間である前に侍であり、その理によって支配されている。
武士道という漠然とした概念を象徴し、孫左衛門たちの人生を決定付けるのが、物語の影の主役である大石内蔵助だ。
隠し子の養育など、本来は内蔵助の超個人的な要望であるはずだが、彼は死してなおその存在を巨大化させつつ時代に君臨し、本作の登場人物にとっての“公”を形作る。
侍としての孫左衛門にとっては、可音は公において亡き主君の姫君であり、恋愛感情を持つなど許される訳も無く、自分自身の気持ちを封印する他は無い。
そして、武士道に生きるのは何も男だけではない。
幼い頃から孫左衛門によって、武家の心得を教え込まれた可音もまた、個を殺し公に生きる事を選択せざるを得ないのである。
婚礼道中に、嘗ての赤穂藩士たちが、次々と内蔵助の名の元に馳せ参じ、遂には立派な大名行列になってしまう描写は、ドラマチックなクライマックスであると同時に、孫左衛門と可音にとっては、内蔵助という公に自らの個が完全に敗北する描写でもある。

本作には、「仮名手本忠臣蔵」の他に、もう一つベースとなっている物語が存在する。
それは、赤穂浪士討ち入りの半年後に起こった情死事件を元に、近松門左衛門が書き下ろした「曽根崎心中」だ。
この人形浄瑠璃を観劇に訪れた可音を、茶屋家の嫡男が見初める事から物語が動き出し、以降は「曽根崎心中」の舞台にシンクロする様に、本編の物語も展開してゆくのである。
商家の手代・徳兵衛と、遊女のお初の悲恋を描いたこの物語は、侍の様な理を持たず、個を優先させられる町人の世界を描いたものだ。
お初と結婚するために、借金騒動に巻き込まれた徳兵衛は、身の潔白と二人の究極の愛を証明するために、互いの体を連理の松に縛りつけ、脇差でお初を殺害し、次いで自らも命を絶つ。
悲劇的ではあるものの、彼らは自らの意思により、自らの人生を決定する事が出来るのである。

「ツィゴイネルワイゼン」や「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」など、数々の名作を世に放ってきた大ベテラン、田中陽造の脚本は、本編の物語と劇中劇の「曽根崎心中」を対照的に描きながら、物語の最後で精神的な融合を見せる。
武家に生まれたが故に、公には決して結ばれる事の出来ない孫左衛門と可音は、内蔵助の臣下として、娘として、それぞれのけじめをつける。
可音は、自ら孫左衛門への想いを断ち切り、茶屋家へと嫁ぐ事で、精神的な自殺を図り、全てを見届けた孫左衛門もまた、内蔵助の前で主君の裃を纏い、割腹して果てる。
彼の最期は、忠義に生きる武士としてのけじめである同時に、内蔵助と共に死ぬイコール彼の中の内蔵助を殺す、即ち公に対する個の抵抗でもあるのだと思う。
そしてこれは、死ぬ事によって可音への愛を生かすための心中に他ならない。
武士の生き様とは、かくも壮絶なものである。

最近時代劇付いている役所広司が、愛と忠義に揺れる主人公の瀬尾孫左衛門を、実に魅力的に演じている。
いかにも昭和の、いや江戸の日本人という佇まいは、顔立ちの現代的な桜庭ななみと並ぶと、より味わい深い。
脇では、孫左衛門を密かに愛し、彼をこの世に繋ぎとめようとするゆうを演じる安田成実が、月光の様な儚げな輝きを放ち、出色の出来だ。
間違いなく彼女の代表作の一つになるだろう。
冒頭の討ち入りのシークエンスでは、大石内蔵助を名優片岡仁左衛門、吉良上野介を“五万回斬られた男”こと福本清三が演じ、流石の存在感を見せる。
また杉田成道と言えば「北の国から」で、この番組のファンとしては、奥野将監役で田中邦衛の登場もうれしいところだ。

「最後の忠臣蔵」は、御馴染みの物語とはかなり違うが、これは別の意味で日本人の心の琴線に触れる物語だと思う。
やや展開が偶然性に頼りすぎてる気もするが、杉田成道監督の演出は丁寧で、作りこまれたビジュアルも見応え十分。
派手なチャンバラは控えめながら、武家として生まれたが故の様々な二面性の葛藤を描き、人間ドラマとしても切ないラブストーリーとしても一級品であり、一年の締めくくりに相応しい重量級の力作である。
ただ、佐藤浩市の演じた寺坂吉右衛門のポジションがやや中途半端なのが少し気になった。
物語のバランス的に難しいところだが、彼の“語り部”としての役割をもっと明確にした方が、ラストの「最後の赤穂侍」という台詞の解釈も含め、死ぬ事すら許されないもう一人の赤穂浪士として、孫左衛門とのコントラストが立ったと思うのだが。

赤穂浪士に纏わる酒と言うのは本当に沢山あるのだが、今回は赤穂浪士が飲んだ酒として知られる、黒松剣菱の珍しい純米古酒「瑞祥黒松剣菱」をチョイス。
剣菱酒造は灘でも最古参の酒蔵の一つで、その正確な創業年は不明なほど歴史が古く、「忠臣蔵」にも登場する。
基本的にこの銘柄は本醸造しかないのだが、毎年冬に純米古酒が限定発売され、柔らかな吟醸香と古酒らしい芳醇な味わいは、普通の剣菱とはかなりキャラクターが違って驚かされる。
御馴染みの忠臣蔵が剣菱の本醸造だとすると、16年の歳月を経た「最後の忠臣蔵」には、こちらが相応しいだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
ノラネコさん、こんにちは!

そう「忠臣蔵」というとだいたい描かれるテーマはいっしょなのですよね。
忠義と言われてもピンとこなかったり。
本作は古い時代の物語でありながら、個と公の対立という点は、現代では家庭と仕事という意味でとらえると現代にも通じるようなところもありました。
またそれらの気持ちをあからさまにわかりやすくストレートに描くのではなく、裏に込められた想いというのを感じさせる抑制された杉田監督の演出が日本人らしいなと思いました。
2010/12/29(水) 08:00:07 | URL | はらやん #-[ 編集]
全然知らなかったのですが、この作品のおかげでもしかしたら今後はテレビドラマなんかでもまた作られるようになるかもしれませんね。
公と個、何よりも武士であることが全てに優先するのは当時としてはそう珍しいことではなかったのかもしれませんが、公を生かすのに個を殺すというのは正に現代の日本人の倫理観の中にも生きているものだと思いました。
元祖「忠臣蔵」もそうですが、やっぱりそれは日本人のDNAに刻まれてるのかな。外国人にはもしかしたら理解しにくいかも。(笑)
2010/12/29(水) 12:54:18 | URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]
こんにちわ
「曽根崎心中」を効果的に使うことで孫左衛門の心の中を巧く描くこの演出、本当に見事でしたよ。
これぞ真のサムライ映画だと思いました。
2010/12/29(水) 15:16:01 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
こんばんは
派手な部分はありませんでしたが、孫左の信念と生き様には胸を打たれました。同時期公開の『武士の家計簿』よりよっぽど面白かったですね。

佐藤浩市のポジションは確かに微妙でした。孫左とは違う立場での、生き残った者の苦しみを垣間見せてくれましたが、孫左に比べると圧倒的に描写が足りなかったですね。
2010/12/30(木) 20:50:34 | URL | えめきん #-[ 編集]
日本人!
久しぶりに観た時代劇でしたが、不覚にも涙してしまい、日本人であることを自覚したしだいです。
役所さんの演技が素晴らしく、ななみちゃんの可憐さが際っていました。ワーナー配給なので外国でも上映されるようですが、日本人の忠義をどの程度理解してもらえるのか?
「腹切り」だけをとりあげられないことを祈ります。
2010/12/30(木) 21:39:46 | URL | karinn #9yMhI49k[ 編集]
こんばんは
>はらやんさん
正に行間を読む、趣きのある物語でした。
忠臣蔵の物語はもう飽きるほど観てきましたけど、こういう方向の話だとは知らなかったので、新鮮でした。
脚本も演出も演技も、全てが抑制されつつも、引き算されたギリギリの美学をもっているのですよね。
師走に相応しい見事な一本でした。

>にゃむばななさん
原作を読んでないのですが、「曽根崎心中」を象徴的に使うロジックには唸らされました。
ストレートではなく、観客にイメージさせる高等なテクニックですね。
ベテランの技を堪能しました。

>えめきんさん
吉右衛門はちょっと勿体無かったかなあと。
もうちょっと長くなっても、彼の方をしっかり描くと、より深い作品になった気がします。
キャラクターが孫左と可音に偏るのは仕方が無いですけど、吉右衛門の立ち位置は少し疑問が残りました。

>karinnさん
これ、よくワーナーで通ったなあと思います。
「曽根崎心中」との絡みなんて、必要最低限の描写なので日本人でも知らないとついていけないのではないでしょうか。
日本の時代劇をよく知るシネフィルの人などには海外でも受けそうですけど・・・。
2010/12/31(金) 00:52:11 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは☆
>死ぬ事によって可音への愛を生かすための心中に他ならない。
おお、流石に奥深い解釈ですね。
私は孫左が自信の本心を自覚する以前に、もうそれが(輿入れ)最期と決めていたと思っています。
あの刀を手入れするシーンですね。。
「その時」が死を許され、16年前にたち帰る。そう、孫左は決心していたのだと、
ごくシンプルに解釈しました。

吉右衛門のアツカイに関しては同感です。
でも、あの橋の上での彼のセリフ、、というより友を求める吉右衛門の心情にも胸がつぶれました。
演出、役者、音楽、全てが良かったです!
2010/12/31(金) 08:42:15 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
こんばんは
>kiraさん
非常にクオリティの高いプロフェッショナルな仕事を堪能できる一本でした。
行間を読む物語は、観る物にも脳みそを使わせますが、得られる充実感はそれに見合ったものですね。
秀作でした。
2011/01/01(土) 22:05:12 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは
こちらの紹介文にひかれて、見てきました。
期待通り、役者の演技が特によかったです。
ありがとうございます。
最後、孫左衛門は可音やゆうが好きだからこそ死んだのではないでしょうか。現在でも、生きている人より内蔵助の思い出が何より大事なら、誰に何を言われても微妙に不幸な感じで生きていけると思うのです。そうではないからこそ、死んで忠義があること(武士であること)を自らに証明しなければならなかったのかな、と思います。
2011/01/04(火) 16:56:55 | URL | kai #TKMhVlFs[ 編集]
観ました。
こんばんは。

年末ベストにおけるノラネコさんの評価が高かったので、
観に行ってきました。
なるほど、孫左衛門と可音の関係が危うかった理由は、
ノラネコさんの解釈によって少し分かった気がします。
あの“関係”は原作にはなかった部分とか…。
脚本が田中陽造ということを考えれば、
そのひねり(意図)も十分に考えられますね。
ただ、監督がそこまで受け入れていたかどうか?
あの行列のシーンでのふたりの表情を確認したくなりました。

話変わりますが、
増村保造の『曽根崎心中』。
大傑作と思うのですが、
意外と話題にならないのが不思議です。
2011/01/05(水) 01:29:59 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>kaiさん
役者は素晴らしいかったですね。
ハイレベルな演技を堪能しました。
孫左衛門の選択は、彼の中の様々な葛藤の交じり合ったものに対する答えだと思います。
奥深い物語です。

>えいさん
>あの“関係”は原作にはなかった部分とか…。
そうなんですか!?
原作は未読なんですけど、だとすると「曽根崎心中」との絡みもオリジナルでしょうか。
恐らくあの部分が無いと、孫左衛門の選択は単純に武士の忠義になってしまうところを、近松と絡めた事で、さまざまな対立する価値観が融合する非常に深いラストとなったと思うのです。
監督ももちろん受けていたと思いますよ。
舞台の心中にいたるシーンで、竹林に孫左衛門がたたずむところは、彼の心の中で心中を決めたイメージでしょう。
田中陽造恐るべしですね。
>増村保造の『曽根崎心中』。
増村保造という映画作家自体が過小評価されてるんじゃないかと思います。
2011/01/05(水) 20:49:08 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
有名な赤穂四十七士の生き残りと、討ち入り前夜に逐電して生き残った2人の侍がいた。討ち入りから十六年、二人の忠臣蔵はいまだ続いていたのだった…。『四十七人の刺客』の池宮彰一郎の同名小説を映画化。監督は『北の国から』の杉田成道。生き残った2人の武士を役所広...
2010/12/29(水) 05:11:29 | LOVE Cinemas 調布
  □作品オフィシャルサイト 「最後の忠臣蔵」□監督 杉田成道□脚本 田中陽造□原作 池宮彰一郎□キャスト 役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、安田成美、笈田ヨシ、山本耕史、伊武雅刀、風吹ジュン、田中邦衛、片岡仁左衛門■鑑賞日 12月11日(土)■劇場...
2010/12/29(水) 08:27:59 | 京の昼寝~♪
不器用ですから・・・  
2010/12/29(水) 10:16:35 | Akira's VOICE
映画会社5社による共同企画「サムライシネマ キャンペーン」のとりを飾るのは冬の風物詩とも言える「忠臣蔵」を題材にした池宮彰一郎の同名小説を『北の国から』の杉田成道さんが ...
2010/12/29(水) 10:48:09 | カノンな日々
 【ネタバレ注意】  12月14日は元禄赤穂事件(いわゆる忠臣蔵)の討ち入りの日として知られるが、1985年の12月14日は映画『サンタクロース』が封切られた日だ。  サンタクロースが登場する映画は少なくな...
2010/12/29(水) 13:54:56 | 映画のブログ
想いを押し殺す。無二の親友を失いかけようとも、かつての仲間から卑怯者と罵られようとも、大石内蔵助の忘れ形見・可音が幸せに嫁がれるまではどんな想いとて押し殺す。それが瀬 ...
2010/12/29(水) 15:16:52 | こねたみっくす
  赤穂浪士の討ち入りから16年。 大石内蔵助(片岡仁左衛門)から、生き証人として討ち入りの真実を後世に伝え、浪士の遺族を援助せよとの使命を受けていた寺坂吉右衛門(佐藤浩市)は、全国を渡り歩き...
2010/12/29(水) 16:19:30 | 心のままに映画の風景
日本人の心に今も残る赤穂浪士の討ち入り事件の後日談という着眼点がすばらしい。討ち入り前夜に大石内蔵助から密命を帯びて逐電した瀬尾孫左衛門(役所広司)と、討ち入りとしても切腹を免れた寺坂吉右衛門(佐藤浩市)の物語がいい。脚本がすばらしいので、是非映画館で見
2010/12/30(木) 07:57:58 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
『四十七人の刺客』などで知られる池宮彰一郎の同名小説を、テレビドラマ「北の国から」シリーズの演出を手掛けた杉田成道が映画化。物語:赤穂四十七士の最後の生き残り・寺坂吉 ...
2010/12/30(木) 16:29:04 | パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
 『生き尽くす。 その使命を、その大切な人を、守るために。』  コチラの「最後の忠臣蔵」は、池宮彰一郎の同名小説を映画化した12/18公開のセンチメンタル時代劇です。監督は、 ...
2010/12/30(木) 18:14:27 | ☆彡映画鑑賞日記☆彡
大石内蔵助ら四十七士が吉良屋敷に討ち入った事件から十六年。四十七士唯一の生き残り吉右衛門は、四十七士の遺族を尋ねる旅を続けていた。旅の途中、吉右衛門は討ち入り前夜に逃 ...
2010/12/30(木) 20:41:27 | 5125年映画の旅
          
2010/12/30(木) 21:49:53 | to Heart
ターゲットを中年男性に絞っているためか、少し観客が少なかった。今回私の評価は低いが、娘がいる男が見たならば、もう少し評価も変わるのかもしれない。監督杉田成道出演役所広司...
2010/12/31(金) 00:56:54 | 再出発日記
最後の忠臣蔵'10:日本◆監督:杉田成道「北の国から」(TVシリーズ)「ラストソング」「優駿 ORACION」◆主演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、安田成美 ...
2011/01/04(火) 11:37:28 | C'est joli~ここちいい毎日を~
----昨日は、三が日の最後ということで、 三社詣りの後、フォーンも一緒に映画館へ。 でも、まさか正月からこんな映画を観るとは…。 討ち入り切腹なんて、あまりにも年始にふさわしくないよね。 フォーンはあきれちゃった。
2011/01/05(水) 00:54:09 | ラムの大通り
 『最後の忠臣蔵』を有楽町の丸の内ピカデリーで見てきました(ネタバレあり)。 (1)この映画はどうしても『十三人の刺客』と比べたくなってし...
2011/01/09(日) 18:13:42 | 映画的・絵画的・音楽的
【=51 -14-】 先週末同様、今週末も仕事、次の休みは23日の祝日だ、海に浸かりたいよ~(ノд-。)クスン しかし、役所広司さん、どんな役回りであっても、あかん、やっぱ「だいわはうちゅ~」がちらついてしまう、俺。  赤穂浪士...
2011/01/11(火) 09:12:34 | 労組書記長社労士のブログ
近年、主に藤沢周平の小説を原作とした正統派時代劇が積極的に映画化されていますが、それらにほぼ共通するのは封建制が成熟しきった江戸時代における「武士の生き様」を描いている点で、本作のテーマは、たとえば『必死剣 鳥刺し』のそれとほとんど差異はないでしょう。?...
2011/01/17(月) 17:46:51 | WEBLOG:e97h0017
本作のテーマ表現のもうひとつの核となる武士の生き様についての描写もまた「美しさ」を伴って表現されていたということになると思います。『必死剣 鳥刺し』における「武士の生き様」は、そのレビューでも書いたとおり、ラストシーンの壮絶な殺陣に代表される剣によって?...
2011/01/17(月) 17:48:04 | WEBLOG:e97h0017
DVDにて観賞 解説 『四十七人の刺客』などで知られる池宮彰一郎の同名小説を、テレビドラマ 「北の国から」シリーズの演出を手掛けた杉田成道が映画化。 赤穂浪士の吉良邸討ち入り事件で大石内蔵助率いる四十六士が切腹して主君 に殉じた中、ひそかに生き残っ?...
2011/09/25(日) 22:06:55 | A Day In The Life