酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
エンディングノート・・・・・評価額1700円
2011年10月17日 (月) | 編集 |
娘の声で綴られる、亡き父の最期の旅立ち。
「エンディングノート」とは、遺言状ほど肩肘張らない、自らの死を如何に迎えるかに関する覚書の様な物。
戦後日本を支え、世界有数の豊かな国に育て上げた、所謂団塊の世代が老齢に差し掛かるにつれて、新しい死の準備の手段として急速に注目を集めているのだという。
この映画は、定年退職後に癌に倒れた元敏腕営業マン、砂田知昭さんの癌告知から亡くなるまでの半年間を、愛娘である砂田麻美監督が感謝と愛情たっぷりの視線で追ったドキュメンタリー。
死というシリアスな題材を扱っていても、ユーモラスな語り口のために、全体のムードはとても穏やかだ。

外資系企業の営業マンとして活躍し、役員にまで出世した主人公は、自称会社人間。
ようやくリタイアして、これからゆったりとした老後を過ごそうとしていた矢先、癌の告知を受ける。
そこから彼が行ったことは、自分が死を迎えるまでの間に、クリアしなければいけない課題を、エンディングノートに書き出すこと。
「アメリカに暮らす孫に会うこと」
「家族旅行に行くこと」
「葬儀の準備をすること」
「クリスチャンの洗礼を受けること」

そして、「妻に愛していると(初めて)言うこと」も。
サラリーマン時代の仕事の仕方そのままに、綿密に計画を立て、実行してゆく知昭さんと、そんな父の姿を、カメラを通して永遠に刻み付ける娘。
突然ではないが、少しずつ、しかし確実にやってくる死という現実。
人生でやり残した事がなければ、人は安らかな死を迎えられるのだろうか?
残された家族の悲しみも和らぐのだろうか?

その答えはYESであり、NOだ。
どんなに覚悟を決めて、準備をしてきたとしても、やはり愛する人との永遠の別れは悲しみ以外の何物でもない。
ドキュメンタリスト出身の是枝裕和監督の門下生でもある砂田麻美監督は、単に父の最期の半年間をカメラに収めただけでなく、彼の人生そのものを、懐かしい8ミリフィルムや家族写真を使って紐解きながら描写する。
砂田知昭さんとはどんな人物だったのか。
どの様な人生を送り、どの様な人柄で、どれほど家族を愛していたのか。
彼は戦争の時期に生まれた団塊の少し前の世代で、戦後に育ち、高度成長期の60年代初頭に青春を謳歌し、やがて生涯のパートナーと出会い大切な家族を育んだ。
丹念に描かれる彼の人生が、決して特別でないからこそ、観客は彼にどっぷりと感情移入する。
知昭さんは、観客にとって自分自身であり、父であり、夫なのだ。
だから映画の最後にやってくる彼との別れは、まるで自分の家族を亡くした様でとても悲しく、映画館ではすすり泣きの声があちこちから聞こえる。

同時に、彼の人生はとても幸せで、その幸せは死の瞬間までも続いていたのも事実だと思う。
エンディングノートのクライマックスは、最後の入院から亡くなるまでの五日間。
アメリカに暮らす長男は、予定を変更して家族で帰国、最愛の孫たちとも再び会えた。
念願のクリスチャンの洗礼は、ちょっとイメージとは違ったものの、本作の監督でもある次女の麻美さんによって授けられ、「パウロ」という洗礼名ももらった。
全ての計画を成し遂げた知昭さんは、病室で妻と二人きりになると、いよいよ残された最後の“課題”である「妻に愛していると言うこと」を実行する。
40年以上に渡って一緒に人生を歩んできた妻は、その言葉を聞いて涙ぐみ「一緒に行きたい」と答えるのだ。
なんとも男冥利に尽きるではないか。

映画を観ながら、そう言えば砂田知昭さんは自分の父と同い年なのだと思い至った。
そうか、父もこんなに歳をとっていたのか。
幸い彼は今もとても元気だけど、もしもの時のエンディングノートをもう頭に描いたりしているのだろうか。
いや、死は別に年齢に限らずやって来るのは先の震災でも思い知った通り。
自分にも、もしもの事があったらと思えば、果たしてエンディングノートはどうしよう?
先ずは愛猫の行き先を決めて、残すデータと残さないデータを決めて、財産なんて無いけど、遺品の一部はどこかへ寄付して・・・と、爽やかな涙に浸りながらも、色々な事を考えさせてくれる一本だった。
砂田監督は、知昭さんの死後しばらくは悲しみに暮れていたが、彼が生きていたころの楽しかった時間の自分に戻りたいという思いで、ようやく三ヵ月後から残された映像の編集作業を始めたのだと言う。
うん、天国のお父さんも納得の、最高のレクイエムになっていると思う。
やはり彼は幸せ者だ。

昭和のサラリーマンの酒と言えばやはり、ビールだろう。
飲み会の“とりあえずビール”という日本独特の風習も、一説には団塊の世代が発祥だとか。
旧財閥系グループの結束が強かった次代は、三菱系はキリン、三井系はサッポロとかの縛りもあった様だが、今ではかなりゆるくなっていると聞く。
今回は、昭和を代表するビールの一つ、「キリンクラッシックラガー」をチョイス。
キリンビールがキリンラガービールとなり、熱処理しない生ビールになった今、この昔ながらの熱処理ビールの味わいを残すクラッシックラガーは貴重な存在だ。
そう言えば、私が子供ながらに初めてビールの味を知ったのも、こんな味わいの頃のキリンビールだったと思う。
昭和の父さんたちの人生に乾杯。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
砂田さんは特別な存在じゃないんですよね。まあ会社役員までやったとはいえ、基本的に一般人。だからこそ見る人それぞれにストレートに訴えかけるものがあります。

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFCN0035628/index.html

この記事を読んで砂田監督のこの作品に対する気持ち、考え方が良く解り、思わずまた涙してしまいました。
2011/10/17(月) 23:19:33 | URL | KLY #5spKqTaY[ 編集]
こんばんは
>KLYさん
私もその記事読みました。
監督がこの作品に込めた想いがひしひしと伝わってきますね。
お父さんも天国で喜んでいるとおもいますよ。
いや、逆にこの映画がお父さんから愛娘への最後のプレゼントなのかも。
2011/10/18(火) 20:30:41 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは
こちらにもお邪魔します。

「死にゆく父親を撮影するなんて不謹慎」なんて思いながらも、普通に観てしまいました。あまり悲観的にならず、明るい内容になっていたのが良かったですね。

この映画を観ると、どうしても「自分の最後はどうしよう」と考えてしまいますね。砂田さんのようなエンディングノートをかくマメさはありませんが、自分の生きた証をどんな形でも残したいですね。
2011/10/23(日) 07:32:48 | URL | えめきん #-[ 編集]
こんばんは
>えめきんさん
映画を観た後に本屋にいったら、本当にエンディングノートや遺言の書き方の本が沢山出ているんですね。
やはりあの震災の後、自分や家族の死という物を、皆否応なしに考えざるをえなかったんでしょうね。
自分ならどうするかな・・・まあ砂田さんみたいにキッチリは出来ないだろうなあ。
2011/10/24(月) 21:38:06 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
遅れ馳せながら、今年もよろしくお願いします
寒中お見舞い申し上げます。今年は、年末年始のご挨拶もいい加減なことで失礼しました。
暫く自宅を留守にしていましたが、先日帰宅。
またぼちぼち相変わらずの生活と映画鑑賞の再開です。

わが町では新春に公開になったこの作品。
何か、新春早々、「死」というのもなぁ、と正直思っていたのですが、
とっても身近な人の死を扱いながら、感じさせるものは「幸福」で、
とても良い作品に出会った、という気持ちでいっぱいになりました。
個人的には、2人めの孫が生まれた直後でもあり、
それはやはり、何としても孫の顔を見て抱っこして話したいよぅ・・・
何だかんだ言っても、やっぱり夫が先に逝く時、一緒に連れてってと言うかもしれないなぁ・・・と
自分のことに置き換えて観てしまいました。
2012/01/11(水) 16:43:08 | URL | 悠雅 #-[ 編集]
こんばんは
>悠雅さん
なるほど、これは全国順次公開だから今年公開のところもあるんですね。
そう、これは死を扱ってはいるけども、監督の中ではお父さんとの幸せな記憶の再生でもあるので、とても柔らかで温かい。
それでいて自分や家族に置き換えて色々考えさせられる作品でもありました。
私は半分砂田さんで半分監督の視点で見ていたかな。
2012/01/14(土) 18:55:09 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『エンディングノート(映画)』9月7日@シネマート六本木。 東京新聞の試写で長女を除く4人で鑑賞。 応募はがきに“3人の娘の父親です”と書いたら電話がかかってきた。 取材依頼だったのでいいですよと答え4人で行くことになった。 取材といっても、映画みてア...
2011/10/17(月) 21:14:38 | あーうぃ だにぇっと
是枝裕和監督の弟子である砂田麻美監督が、ガン宣告を受けた自身の父と遺される家族との最期の日々をカメラに収めたドキュメンタリーだ。熱血営業マンとしてならした砂田知昭さんは、自らの死までの段取りをエンディングノートの形で書き記そうと決めるのだった…。死を目...
2011/10/17(月) 22:53:08 | LOVE Cinemas 調布
ガンを告知された父の姿を見守る、笑って泣けるドキュメンタリーの秀作。ユーモアの中に浮かび上がるのは家族の強い絆だ。大企業の熱血営業マンだった砂田知昭氏は、退職してまも ...
2011/10/17(月) 23:47:13 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
http://www.1101.com/ending-note/index.html ↑これは、ほぼ日刊イトイ新聞のリンク。 この映画をサポートしたプロデューサー是枝監督と糸井重里の 対談がはじまったばかりなんで、しばらく追いかけようと思います。 映画『エンディングノート』予告篇 この予告編だけ...
2011/10/18(火) 00:34:11 | ペパーミントの魔術師
砂田知昭さんは定年退職したばかりの元熱血サラリーマン。これからのスローライフを満喫しようとした矢先、末期ガンが見つかり余命幾ばくも無いと宣告されてしまいます。砂田さん ...
2011/10/23(日) 07:26:24 | 5125年映画の旅
 日本の高度成長期を支え、「会社大好き」 「段取り命」 の熱血サラリーマン だった父・砂田知昭。67歳で退職した直後、進行性の胃ガンを宣告される。余命 半年。彼は自分の「死」 さえも段取ろうと、...
2011/11/21(月) 10:37:41 | 真紅のthinkingdays
□作品オフィシャルサイト 「エンディングノート」□監督 砂田麻美 □キャスト 砂田知昭■鑑賞日 11月19日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画は所詮作られたものだ。  こういう映像を見?...
2011/11/29(火) 12:43:05 | 京の昼寝~♪
わたくし終活に大忙し いきなり関係ないけど Google日本語入力、しゅうかつが変換できるんですね・・・・ がんの宣告を受けた監督の父を追ったドキュメンタリーだそうです。 公開時期ではエンディングノ...
2011/12/13(火) 21:44:48 | 単館系
自分らしく自分を完結するための‘段取り’。
2012/01/11(水) 16:35:44 | 悠雅的生活
遅れながらも劇場で観ることができた作品 この映画はブログやツイッターでもかなり評判になった映画 解説 熱血営業マンとして働き続け67歳で退職したサラリーマンが、 第二の人生を歩み始めた矢先にガン宣告を受け、残された家族 と自分の人生を総括するた?...
2012/02/05(日) 21:22:10 | A Day In The Life