酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
アルゴ・・・・・評価額1700円
2012年10月25日 (木) | 編集 |
事実は映画よりも奇なり。

イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ込み、大使館員とその家族ら52人を人質に、444日間に渡って占拠したアメリカ大使館人質事件
全世界を震撼させた、この歴史的大事件の裏に、大使館の外で孤立した6人の外交官を脱出させた、知られざる歴史秘話があった事はあまり知られていない。
事件から18年後、クリントン政権下でようやく機密指定が解除され、世間に公表された脱出作戦とは、偽のSF映画「アルゴ」の制作をでっち上げ、6人をスタッフに偽装して出国させるという奇想天外なもの。
この驚きの顛末を映画化したのは、プロデューサーのジョージ・クルーニーと、自らの非凡な才能を証明した「ザ・タウン」に続いて、監督・主演を兼務するベン・アフレック

1979年11月4日、テヘランのアメリカ大使館が占拠される直前、6人の外交官が密かに大使館を脱出し、カナダ大使の私邸に身を寄せた。
彼らの救出を命じられたCIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、イラン当局の目を盗んで彼らを安全に脱出させるために、前代未聞の作戦を発案する。
それは架空の映画を隠れ蓑に、6人をロケハンのためにイランに入国したスタッフとして出国させるというものだった。
ハリウッドで特殊メイクの第一人者として活躍するジョン・チェンバース(ジョン・グッドマン)とプロデューサーのレスター・シーゲル(アラン・アーキン)の協力を得て、メンデスはマスコミ向けに大々的に映画「アルゴ」の制作を発表。
しかし、イランに潜入したメンデスが脱出作戦の最終段階に入った時、突然本国から作戦中止の指令が入る・・・


いやあ、これは文句無しに面白い!
冒頭のワーナーロゴから70年代テイストが画面から漂う。
なんでも当時のムードを出すために、撮影したフィルムを一度半分のサイズにし、再度拡大する事で粒子を強調し、ザラッとした質感を作り出していると言う。
美術やコスチューム、メイクアップはもちろん、カメラワークまで当時の映画を参考にするなど、綿密に作り込まれた時代感によって、観客は冷戦時代の1979年へとタイムスリップ。

今に続くイスラム革命下のイランでは、親米享楽主義の独裁体制を敷いたパーレヴィ朝が滅び、国民の間では国王の事実上の亡命先となったアメリカへの怒りが爆発。
国王のイランへの送還を求め、多くの民衆が連日大使館に抗議に押し寄せる事態となる。
言うまでもなく、大使館はその国にあってその国の法が及ばない治外法権の地であり、在外公館の地位を定めたウィーン条約によって厳重に守られている。
つい先日も中国の反日デモによって日本大使館が被害を受けた事が問題となったが、当時イランで起こった事は、あんな生易しいものではない。
何しろ過激派学生に扇動された数百人の群衆が大使館を占拠し、大使館員らを人質に籠城したのだ。
もちろん完全な違法行為なのだが、徹底的な反米を旗印とする革命政府は、学生たちを排除するどころかむしろ積極支援し、当然アメリカとの関係は最悪となり、解決の糸口は見えないまま。
そんな状況で大使館から脱出した6人が見つかれば、米大使館員はスパイだというイラン側の主張の格好の証明となってしまう。
鉄壁の警備を敷く当局の目を誤魔化し、如何にして籠の鳥である彼らを出国させるか?

時の映画界は、1977年の「スター・ウォーズ」の大ヒットによって、空前のSFブームの真っ最中。
ベン・アフレック演じるCIAの救出請負人、トニー・メンデスは、たまたまテレビで「最後の猿の惑星」を観ていてひらめいた。
SF映画は中東の様な砂漠や荒野が舞台となる事が多い。
ならば架空の映画をでっち上げ、6人をロケハンの為にイランを訪れた映画スタッフに偽装し、堂々と空港から出国させれば良いのだ!
この驚くべき作戦が、机上の空論でなく実際に行われたというのだから、さすが世界のエンタメ界をリードする劇場国家アメリカである。
特殊メイクのパイオニア、ジョン・チェンバースがCIAの協力者だったとは知らなかったが、ハリウッドのサポートを得たメンデスは、大真面目にSFアクション映画「アルゴ」のプリプロダクションをスタートし、大々的にマスコミ発表までしてしまう。
プロデューサーが、組合の弱みにつけ込んで偽映画の脚本を安値で買い叩いたり、作戦準備のプロセスはコメディタッチで、ハリウッドの内幕物としてもなかなか面白い。

そして、いよいよメンデスがイランに乗り込み、脱出作戦決行までの72時間になると、映画は息もできないほどの濃密なサスペンスへガラリと姿を変える。
いきなり偽映画のスタッフになれと言われた6人は困惑。
当たり前だが、彼らには演技経験など無く、大使館から逃げた挙句に偽造旅券で出国しようとした事がバレれば確実にスパイとして処刑されるので、それも当然だ。
恐れおののく彼らに、メンデスは本来機密である本名を明かした上で、自分に命を預けることを迫るのである。
ところが、やっとの事で全員を説得したと思ったら、今度は軍事力によって大使館からの人質救出を決定した本国からの横槍が入り、メンデスは作戦の中止を命じられてしまう。
だがそれは、大使館外にいる6人を見捨てる事を意味する。
国家の駒であるメンデスは、国益と個人の命の間で葛藤し、遂に命令を無視して作戦を実行する事を決断するのである。(因みに軍事作戦は結局失敗に終っている)
史実をベースにした物語とは言っても、イラン側の詳細な情報は知り様が無いので、ここからのメンデスたちと迫り来る追っ手との騙し合いのサスペンスは、実際には限りなくフィクションのはずだ。
しかし、この映画は虚実の配合が絶妙で、ライブ感を強調した映像も合間って実にスリリング。
空港での何段階もの危機また危機の連続には、誰もが思わず手に汗を握るだろう。

面白いのは、見事に空港を警備する革命防衛隊を欺き、作戦が成功裏に終わったにも関わらず、物語の後味がどこかビターなテイストを帯びている事だ。
ラストの字幕や、エンドクレジット中のカーター元大統領の言葉などに示唆される様に、アフレックもアメリカ的価値観の尊さを強調しようとしたフシはある。
しかし、イラン革命とソ連軍によるアフガニスタン侵攻が始まった1979年は、今に続く欧米vsイスラム原理主義という対立構図の原点とも言える年であり、今だ世界はその余波の中にいる。
振り返って、長年独裁者パーレヴィを支援し、イラン国民の怒りを買う遠因を作ったのは、誰あろうアメリカという国家、そしてその尖兵となったCIA自身なのだ。
個人としてのメンデスは、人質の命を救うという素晴らしい仕事を成し遂げたものの、それは国家のレベルで考えれば、自分の尻拭いを自分でやったに過ぎず、だからアメリカは事件を無かった事にし、メンデスに対しても栄光無き名誉を与える事しか出来ないのである。
物語の最後で、ある人物が向かう先が、CIAの次なる“投資先”となるイラクであることも興味深い。
「アルゴ」は純粋なエンターテイメントとして観ても実に良く出来た作品だが、おそらくは作者の思惑を超えた史実のアイロニカルな側面によって、更なる深みを獲得したのだと思う。
本年屈指の傑作サスペンスである。

イスラム革命後のイランでは、もちろん公にはアルコール類禁止。
今回はイラン領空を出たら飲みたい、中東はレバノンのイクシール レバノンの「アルティテュード・ホワイト」をチョイス。
上品な花の様な柔らかいアロマと、マスカット系の甘みと酸味がバランスし、スッキリとまとまりの良い白だ。
映画の張り詰めた緊張感を優しく解きほぐしてくれるだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは
実話だから結末がわかってるはずなのに、
本当に本気でハラハラして、特に空港の場面などは駆け出してしまいそうなくらい、焦ってしまいました。
ベン・アフレックの演出やセンス、いいですねぇ。
前評判が高かっただけに期待も大きかったんですが、
これだけやってくれると大満足です。
アラン・アーキン&ジョン・グッドマンのコンビも最高でした。
2012/10/27(土) 00:28:30 | URL | 悠雅 #-[ 編集]
こんばんわ
脱出当日の緊張感は凄かったですね。
CAがアルコール解禁をアナウンスするまで緊張するとは思いもしませんでしたよ。

いやはや、ベン・アフレック監督作品はこれからも要チェックですね。
2012/10/27(土) 20:57:29 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
こんばんは
>悠雅さん
そうですね。脱出成功はわかってるのにハラハラドキドキ。
ベン・アフレックは映画の面白さをよくわかっている人ですね。
スリルと笑の塩梅もちょうど良く、実に充実した二時間でした。

>にゃむばななさん
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」でデビュー以来、着実に上手くなってますね。
今回は脚本の良さもあって殆ど文句の付けようのない見事な出来。
あとは彼独自の世界が開花するかですね。
2012/10/28(日) 01:04:14 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ノラネコさんおはようございます。

この映画、電話でないとかチケットとれないとか、作戦中止とか、ハラハラどきどき演出もお約束ながら
うまかったのはベンの手腕ですね、

大使館でお酒飲んで気を紛らわしたり、
ラスト飛行機でアルコール解禁になった瞬間とか
ポイントでお酒が地味に使われてました
これは今年のベストに入り決定、オススメ作品ですね。
2012/10/28(日) 10:31:17 | URL | mig #JTxNwRAU[ 編集]
ノルウェーまだ~む
ノラネコさん☆
70年代のかんじを出すためにフィルムにもそのような加工がされていたとは知りませんでした。
確かに70年代な色合いでした。

最後までハラハラさせられましたが、史実と虚実のバランスが絶妙でしたね。
ベンは腕を上げました!
2012/10/28(日) 11:12:00 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
見終えて満足感があるものの、70年代の演出(イランの激動、当時の服装、組織の内幕)が面白かったのか、脚本が面白かったのか、私の中でははっきりしませんでした。また見に行こうと思います。はらはらどきどき、のシーンは音はともかく知的な感じでした。
ザタウンの時も思いましたが、ベンアフレックという人は思いっきりどちらかに映画を振らない人なんですね。手堅くまとめるというか。
くだらないことですが、最後のテロップは自画自賛過ぎて、すこし気になります。カナダがあの後払った犠牲はきっとあるでしょうしね。イランが一方的に悪者でかわいそう。。
エンタテイメントとしては面白かったです。
2012/10/28(日) 23:21:53 | URL | さゆりん #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>migさん
まああの辺りのサスペンスはほぼフィクションでしょうが、史実とのシームレス感が見事でした。
そう、イスラム原理主義でお酒が禁じられた社会という事で、酒が小道具として効果的に使われていたのも酒飲みとしてはポイント高いです(笑

>ノルウェーまだ〜むさん
非常に細かい所まで拘ってるのが時代感になって効いてます。
冒頭の懐かしいワーナーロゴでまずは心を掴まれました。
アフレックは一本撮るごとに着実に上手くなってますね。

>さゆりんさん
脚本、演出、勿論両方でしょう。
仰る様にバランスの良い映画で、それがアフレックの上手さであり、同時に現時点での限界かもしれません。いずれブレイクスルーすると思いますが。
ラストの字幕はアイロニカルな現実へのせめてもの抵抗かと。
2012/10/30(火) 22:25:14 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは
ノラネコさん、こんばんは!

イランの人質事件は、もともとイランに親米政権を打ち立てたことから発しているのですよね。
確かにメンデスが行っているのは自国の尻拭いなんですよね。
国家の陰謀的な話にフォーカスするかと思いきや、メンデスと脱出する6人の信頼関係の話に焦点があたっていて等身大の物語になっていたのがよかったなあと。
それがあるから最後のハラハラ感がしっかりと出ていたかなと思いました。
2012/11/07(水) 18:30:30 | URL | はらやん #-[ 編集]
こんばんは
>はらやんさん
そう、この映画は背景が背景だけにヒロイックには描きようがないんですよね。
それだけに、パーソナルな価値観に寄り添うしかなかったと思います。
結果的にそれが作品に深みを与えてましたね。
2012/11/09(金) 20:10:27 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは。
メンデスが作戦を思いついたきっかけが
『猿の惑星』でなく『最後の猿の惑星』というのが、
なんともリアル、かつB級ぽくって好きです。
作戦が成功してからの後日譚の見せ方など、
映画としての仕上げも完璧だったと思いました。
2012/11/09(金) 23:42:49 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
ドラマティック
作戦中止、バザール視察、3つ目の関門から離陸までのエピなど、これらは全て原作にありません。
ベンが違和感ないように脚色してますけど、見事ですね。本も映画も異なる緊迫感があるようにするのは大変難しいのですが、これは最高でした。
2012/11/11(日) 06:35:47 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
こんばんは
>えいさん
全てが娯楽映画のお手本の様で、とにかく完成度の高い映画でしたね。
「最後の猿の惑星」で思いついたのは本当なでしょうか(笑
ジョン・チェンバースが関わってたのは事実な様ですが。

>rose_chocolatさん
まあそうでしょうね。
史実とフィクションのシームレスな脚色こそこの映画の白眉です。
たっぷり楽しませた上でのテーマ性の盛り込み方も見事でした。
2012/11/11(日) 21:50:39 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
アルゴ@よみうりホール
2012/10/25(木) 23:00:41 | あーうぃ だにぇっと
1979年11月4日。 イラン革命が激しさを増すテヘランで、革命防衛隊がアメリカ大使館を占拠し52人が人質になってしまう。 一方、6人の大使館員がカナダ大使の私邸へ逃げ込み、身を隠
2012/10/26(金) 10:23:39 | 象のロケット
地味だけど面白い。  
2012/10/26(金) 16:58:32 | Akira's VOICE
ランキングクリックしてね ←please click イランで起きたアメリカ大使館人質事件を社会派ドラマとして、映画化 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」「ザ・タウン」に続き 3作目と
2012/10/26(金) 22:28:00 | 我想一個人映画美的女人blog
人質奪還。絶体絶命。真剣勝負の作り話。
2012/10/27(土) 00:26:01 | 悠雅的生活
アメリカでも公開されたばかり(8/31)のこの映画が日本でもさっそく。 1979年革命真っ最中のイラン。アメリカ大使館が乗っ取られ、52人のアメリカ人外交官が人質に。 その直前に脱出
2012/10/27(土) 03:19:38 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
映画製作のロケハンを口実に人質を奪還する。 1979年のイラン革命時に、カナダ大使私邸に逃げ込んだ6人のアメリカ人を架空のSF映画『アルゴ』のロケハンスタッフに偽装させて脱出 ...
2012/10/27(土) 22:02:40 | こねたみっくす
【ARGO】 2012/10/26公開 アメリカ 120分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、スクート・マクネイリー、ク
2012/10/27(土) 23:38:12 | 新・映画鑑賞★日記・・・
☆女の子ってのは面白い。 「ポイントを溜めたタダ券が二人分あるから、一緒に行くぞ!」と私が言うと、「そりゃ得したね、やったあ!」と叫ぶのだが、  そもそも、私は、女の子
2012/10/28(日) 00:16:00 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
映画「アルゴ」観に行ってきました。1979年に勃発したイランのアメリカ大使館人質事件で実際にあった話を題材とした、映画「ザ・タウン」のベン・アフレックが監督&制作&主演...
2012/10/28(日) 03:06:10 | タナウツネット雑記ブログ
1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件の裏で敢行されたCIAによる救出作戦を描いた作品です。
2012/10/28(日) 09:23:48 | 水曜日のシネマ日記
飛行機に乗る際のパスポートチェックは、こちらが何も悪い事してないのに、ただでさえ緊張するものである。 言葉が通じない上に、きちんと伝えないと奥の部屋に連れて行かれてしま
2012/10/28(日) 11:08:50 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
原題:Argo監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェベン・アフレック、Good Job
2012/10/28(日) 15:59:35 | ハリウッド映画 LOVE
CIAが18年間隠し続けたイランからの外交官救出作戦と言う事実を下にした映画です。 1979年11月4日に発生したイランアメリカ大使館人質事件の裏に、こんな物語が隠れているとはねぇ。カ
2012/10/28(日) 16:54:30 | 勝手に映画評
(原題:Argo) ----『アルゴ』って ベン・アフレックが監督・主演した作品だよね。 実話に基づいていると聞いたけど…。 「うん。 この映画は、 1979年のテヘランで起きたアメリカ大使
2012/10/28(日) 17:04:06 | ラムの大通り
映画『アルゴ』は、思った以上に上出来のサスペンス。俳優兼監督として、ベン・アフレ
2012/10/29(月) 23:55:56 | 大江戸時夫の東京温度
それは、最悪の中の最高の作戦。     アルゴ(2012年 アメリカ映画)     90/100点  見てきました、見てきましたよ、期待のベン・アフレック3作目「アル
2012/10/30(火) 11:08:49 | 素人目線の映画感想ブログ
この《実話》は、フィクションよりも大胆 製作年度 2012年 原題 ARGO 上映時間 120分 脚本 クリス・テリオ 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック/ブライアン・クランストン/アラン
2012/10/31(水) 12:39:04 | to Heart
wsws.org ダン・ブレナン 2012年10月24日 監督 ベン・アフレック、脚本 クリス・テリオ ベン・アフレックが主演、監督の政治スリラー映画アルゴは、批評家の称賛を得、興行成績が二週間
2012/10/31(水) 15:11:10 | マスコミに載らない海外記事
1979年に発生し、18年間機密扱いにされていたイランアメリカ大使館人質事件の真相を映画化。CIAは、人質を映画クルーに仕立てて出国させようとするが……。監督・主演は、「ザ・タウン...
2012/10/31(水) 20:45:37 | パピとママ映画のblog
 ARGO  "Argo fuck yourself! "  1979年。革命下のイランで、アメリカ大使館が占拠された。多くの館員たち が人質となる中、6人の男女が秘かに脱出、カナダ大使私邸に匿われる。見 ...
2012/10/31(水) 20:53:39 | 真紅のthinkingdays
宗教も慣習も全く違う異国の地、イランでの恐怖は淡々と冷徹に描かれる。 人質たちが自分たちだけが殺されるだけでなく、他の大勢の同僚の命も危険にさらす可能性のある作戦への
2012/10/31(水) 22:49:41 | センタのダイアリー
役者の顔で観ない映画を決めてしまいがちなそーれです。 ベン・アフレックのむさ苦しい顔が嫌で観ないでおこうかと思っていた『アルゴ』を観てきました。 ★★★★★ 食わず嫌いせ
2012/11/01(木) 00:56:35 | そーれりぽーと
アルゴ~ ARGO ~     監督: ベン・アフレック    出演: ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ、カイル・チャ
2012/11/01(木) 02:52:13 | 映画@見取り八段
Data 原題 ARGO 監督 ベン・アフレック 製作 ジョージ・クルーニー 出演 ベン・アフレック  アラン・アーキン  ブライアン・クランストン 公開 2012年 10月
2012/11/04(日) 18:06:18 | 映画 K'z films 2
事実は映画よりも奇なり。イラン革命の混乱の中、治外法権のはずの大使館に怒れる過激派学生たちが雪崩れ
2012/11/04(日) 23:15:37 | まっとめBLOG速報
アルゴArgo/監督:ベン・アフレック/2012年/アメリカ 例えそれが偽物だったとしても。 どれだけつまらない映画でも、それを作るためにさまざまな人が関与し、裏では大変なことがた...
2012/11/05(月) 12:06:54 | 映画感想 * FRAGILE
 『アルゴ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。 (1)本作は、イランのホメイニ革命の際に起きたアメリカ大使館員救出作戦(1979年)を描いたものです。  ホメイニ革命の
2012/11/05(月) 20:13:28 | 映画的・絵画的・音楽的
原題: ARGO 監督: ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック 、アラン・アーキン 、ジョン・グッドマン 、ブライアン・クランストン 、スクート・マクネイリー 、クレア・デュ...
2012/11/11(日) 06:29:31 | Nice One!! @goo
ベン・アフレック監督&主演の実話を基にしたサスペンスです。 面白そうな作品だなあと公開前から楽しみにしていました。 激動のイランを舞台にした物語は期待通りの手に汗握るよう
2012/11/11(日) 10:35:33 | とりあえず、コメントです
6名のアメリカ人をイランから脱出させよ! 1980年。その作戦は奇想天外だった。
2012/11/11(日) 17:02:35 | 或る日の出来事
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2012年 アメリカ映画 120分 サスペンス 採点★★★★ 映画とか小説って、フィクションではあるけどあんまりにも現実からかけ離
2012/11/12(月) 09:00:32 | Subterranean サブタレイニアン
ベン・アフレック監督作品。1979年に実際に起こった、イランでのアメリカ大使館占拠事件の際に、大使館を脱出した6名のアメリカ人の、その最終的なアメリカ本国への逃走劇を、CIAの人
2012/11/21(水) 15:44:59 | ここなつ映画レビュー
映画「アルゴ」★★★★ ベン・アフレック、アラン・アーキン、 ブライアン・クライストン、ジョン・グッドマン出演 ベン・アフレック 監督、 120分、2012年10月26日より全国にて公開 2...
2012/11/29(木) 07:40:34 | soramove
29日のことですが、映画「アルゴ」を鑑賞しました。 イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く サスペンス ドラマ いや〜 面白かった! 映画製作を装って スタ
2012/12/03(月) 18:42:21 | 笑う社会人の生活
 ベン・アフレック監督作品。昨年のザ・タウンがイマイチだったのでスルーしようか迷っていたのですが、ザ・タウンと違ってアクション映画ではなくノンフィクションを映画化。しか...
2013/02/12(火) 02:15:31 | よしなしごと
【=42 -6-】 昨日は関東に来て初めての試写会鑑賞、有楽町の読売ホールにて。 荷物のチェックはありーの、金属探知機によるボディチェックありーの、と、もの凄く厳戒態勢、東京の人
2013/03/05(火) 15:01:49 | 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜
□作品オフィシャルサイト 「アルゴ」□監督 ベン・アフレック □脚本 クリス・テリオ □キャスト ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グ
2013/03/07(木) 12:14:07 | 京の昼寝〜♪
本年度アカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレック主演・監督作『アルゴ』物語・1979年、テヘランでアメリカ大使館人質事件が起きる。混乱の中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出
2013/03/11(月) 11:04:45 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
大使公邸に匿われたアメリカ人を架空の映画製作のロケハンで、堂々とテヘラン空港から民間の飛行機で脱出させる。実際に自分もいっしょにイランを脱出できるかと入り込んでしまった...
2013/03/12(火) 14:14:41 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
ARGO 2012年 アメリカ 120分 サスペンス 劇場公開(2012/10/26) 監督:ベン・アフレック『ザ・タウン』 製作: ベン・アフレック ジョージ・クルーニー 出演: ベン・アフレック
2013/03/16(土) 01:02:59 | 銀幕大帝α
鑑賞映画館:MOVIXココエあまがさき シアター2 鑑賞日時:3月7日 評価:A 原題:Argo 製作:2012年 アメリカ 監督:ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック ブライアン・クランスト...
2013/03/18(月) 20:20:05 | 零細投資家映画記録
【あらすじ】 1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、ア
2013/03/25(月) 20:23:07 | タケヤと愉快な仲間達
ベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描く。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリ ...
2013/04/21(日) 22:10:57 | 気ままな映画生活
実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。 イラン革命で占拠されたテヘランの米国大使館。6人の米国人がひそかに脱出し、カナダ大使私邸に身を隠す。
2013/05/01(水) 10:12:51 | いやいやえん