酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ザ・マスター・・・・・評価額1650円」
2013年04月15日 (月) | 編集 |
激突する魂。

ポール・トーマス・アンダーソンの作品を、面白いかと聞かれれば、どれを観ても特別に面白くはない。
ただ、毎回グッタリとした疲労感と共に、「何だか凄いモノを観た」という独特の感覚を味わうのである。
スクリーンの登場人物から怒涛の勢いで迸る葛藤の大波が、ダイレクトな圧力となって観客に映画を体感させる、とでも表現出来ようか。
特に本作のホアキン・フェニックスフィリップ・シーモア・ホフマンという組み合わせは、濃厚過ぎる二種類のスープを同時に飲む様だ。

舞台となるのは第二次世界大戦直後のアメリカ。
フェニックス演じる帰還兵の青年フレディは、社会生活に順応出来ず、季節労働者として各地を渡り歩き、密造酒を自作しては酔いつぶれるという孤独で刹那的生き方をしている。
そんなある日、偶然に新興カルト“ザ・コーズ”と言う大きな家族を束ね、人々から"マスター"と呼ばれるランカスター・ドッドと出会ったフレディは、彼を人生の拠り所として身を委ねようとするのだ。
ランカスターのモデルとなっているのは、ハリウッドスターにも信者が多いことでも知られるサイエントロジーの教祖、ラファイエット・ロナルド・ハバードだと言われているが、人間的でありながら静かなカリスマ性を持つキャラクターを、ホフマンがさすがの貫禄で味わい深く造形している。
彼とフレディの間柄は、話の取っ掛かりの部分では擬似的な父と息子と言えるだろう。
帰還船に乗って戦争から戻ったフレディは、肉体は陸地に足をつけているものの、魂は漂流したままだ。
そして、密航した船で再び海へ出て、新たな人生の指針であり導き手となるランカスターと出会うのである。

ここからアンダーソンは、徹底してこの二人の関係に寄り添い、彼らの内面の葛藤を描く。
全ての映像が二人をフォーカスし、物語性すら希薄化させ、最終的には彼ら以外の要素は殆ど印象に残らない程だ。
人は皆、何かを求めて、何かを心の拠り所として生きてゆく。
“マスター”と呼ばれ崇拝されるランカスターさえも、本質は己の作り上げてきた物、これから作ろうとする物によって支配されている。
当初はランカスターへの信仰に目覚めるかに見えたフレディは、すぐにそこに答えは無い事を知ってしまう。
なぜなら彼とランカスターは、やがて教祖と信徒という擬似親子から、お互いの中にお互いを見る関係へと変化するからだ。
フレディはランカスターの瞳の中に自分の可能性の未来を見て、逆にランカスターは迷える若者に嘗ての自分を見る。
カルトという閉じた殻の中で、両者が共存する事は不可能なのだ。

過去のアンダーソン作品と同じく、登場人物の誰にも感情移入は出来ない。
しかし決してスクリーンから目を離せず、作品の余韻は不協和音となって心の中に長く響き続ける。
それは我々が彼らを理解不能だからではなく、むしろ映画が抉り出す彼らの内面に、自分自身の心の奥底にもあるが一度掘り出してしまうと無視する事が難しい部分を感じ取るからだろう。
観客は無意識のうちに、スクリーンの内側の彼らと精神的な三角関係を形作らされており、共感を拒否しているのは、フレディやランカスターではなく我々自身なのである。

船と海が重要なモチーフとなる本作には錨のラベルのサンフランシスコの地ビール「アンカースチーム」をチョイス。
スッキリした味わいと適度なコクを持つ琥珀色の液体は、ジリジリと火花を散らす演技合戦でカラカラとなった喉を優しく潤してくれるだろう。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
この映画に関してはショートではないレビューを読みたかったです。
残念。
2013/04/16(火) 20:18:47 | URL | 竜扉 #-[ 編集]
こんばんは
>竜扉さん
ここのところ忙しいのと未レビュー作品が溜まっちゃったので・・・
でもまあこの映画に関してはPTAのフィルモグラフィでは結構単純な方なので、それほど長く語る事も無いんですけどね。
後は解釈の解説になっちゃうんで。
2013/04/16(火) 22:12:57 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは
ショートレビュー始めたんですね。ノラネコさんほどのボリュームと内容の濃厚な記事を毎回書くのはさぞかし大変だろうなあと思います。
でも実際それほど短くないですねw。結構長いような…。ショートレビューという形でも、こんな風にノラネコさんの知れるのはとても興味深かったで
す。
2013/04/17(水) 17:33:37 | URL | とらねこ #sWkHkw7g[ 編集]
こんばんは
>とらねこさん
このところ忙しいのと、レビューしておきたい作品が溜まってしまったので、何本かはショートでも書いちゃいとこうと。
何時もの記事のだいたい半分の文量です。
来週あたりからは元に戻りますよん。
2013/04/17(水) 22:46:52 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ポスタ- A4 パターンA ザ・マスター 光沢プリント新興宗教団体を舞台に人間の心の闇をえぐる「ザ・マスター」。PTAの作品は見る側にも力を要求する。第二次世界対戦後の1950年代のアメ ...
2013/04/16(火) 00:00:28 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
救われなかった男公式サイト http://themastermovie.jp監督: ポール・トーマス・アンダーソン  「マグノリア」 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」第二次大戦終結し、出征先から帰還し
2013/04/16(火) 10:27:02 | 風に吹かれて
 THE MASTER  第二次大戦に水兵として従軍していたフレディ(ホアキン・フェニックス)は、 退役後もアルコール依存から抜け出せずにいた。職を転々としながら放浪して いた彼は、...
2013/04/16(火) 21:58:54 | 真紅のthinkingdays
第二次世界大戦後のアメリカ。 元海軍の軍人フレディ・クエルは、帰還後もアルコール依存から抜け出せずトラブルを繰り返していた。 酔って出航前の船に密かに乗り込んだフレディ...
2013/04/17(水) 00:30:55 | 象のロケット
映画「ザ・マスター 」★★★☆ フィリップ・シーモア・ホフマン、ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス、ローラ・ダーン 出演 ポール・トーマス・アンダーソン監督、 138分、...
2013/04/17(水) 19:55:38 | soramove
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソンがメガホンを取り、新興宗教サイエントロジー創始者をモデルに人間の深層心理に鋭く迫る問題作。第2次世界大戦
2013/05/11(土) 18:24:43 | パピとママ映画のblog
 太平洋戦争の帰還兵、粗野でアルコールとセックス中毒、社会に適応できずにいるフレディ・クエル。実在のものを下敷きにしたと言われている「ザ・コーズ」という新興宗教団体の指...
2013/06/08(土) 08:06:07 | ■■たんたんたぬきの映画箱
12-29.ザ・マスター■原題:The Master■上映時間:138分■製作年、国:2012年、アメリカ■観賞日:3月31日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円 □監督・脚
2013/08/04(日) 22:10:05 | kintyre's Diary 新館
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソンがメガホンを取り
2013/09/12(木) 00:04:55 | ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て
「ザ・マスター」(原題:TheMaster)は、2012年公開のアメリカ映画です。ポール・トーマス・アンダーソン監督による人間ドラマで、第2次大戦後の混沌としたアメリカで、圧倒的な力で人...
2015/08/03(月) 00:48:37 | 楽天売れ筋お買い物ランキング