酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「コン・ティキ・・・・・評価額1600円」
2013年07月06日 (土) | 編集 |
大洋の冒険者たち。

おそらく「コン・ティキ」というタイトルに胸の高鳴りを覚えるのは、私の世代くらいまでなのではないか。
今の子供たちは余り知らない様だが、昭和の頃には教科書にもその抜粋が載っていた「コン・チキ号漂流記」の映画化である。
ポリネシア人の祖先がアジアから島伝いにやって来たのが常識とされた時代、そうではなくユーラシアから北米大陸を通って、南米大陸へと到達した人々が、筏で海流に乗って大洋を航海したのだと主張したノルウェーの人類学者がいた。
マーベル映画で御馴染みの雷神の名を持つ、トール・ヘイエルダールは、古代の南米大陸で手に入った材料だけで、インカの太陽神の名を冠した大型の筏“コン・ティキ”を建造し、戦後間もない1947年に、5人のクルーと共にポリネシアを目指してペルーから出航するのである。
彼らの辿った遠大な航路は、実に102日間、8千キロ!

映画は、危険大好きなヘイエルダールの性格を端的に表す、少年時代のエピソードから幕をあけ、戦前のポリネシアで南米渡来説のヒントを得ると、前半1/3が資金集めに奔走する陸上編、後半の2/3が過酷な航海を描く海上編である。
漂流物というと「ライフ・オブ・パイ」が記憶に新しいが、あちらはある種の哲学的ファンタジーであり、物語論を描くフィクションなのに対して、こちらは実録物。
話を過剰に盛るわけにも行かないし、映画の大半はだんだんと薄汚くなってゆくおっさんたちが筏に乗っているだけの動きの無い話であって、物語的なダイナミズムには乏しい。
そこでこの映画の作り手たちは、リーダーであるヘイエルダールのぶれないキャラクターを軸にした、密室心理劇とする事で飽きさせずに物語を構築している。
未知の大洋は時には凪ぎ、時には荒れ狂う嵐に豹変してちっぽけな筏を翻弄し、巨大なサメは死の象徴となってクルーの心の体力を奪ってゆく。
やがて極限の恐怖に耐えられなくなり、隠し持っていたワイヤーで船体を補強して欲しいというクルーの願いを、ヘイエルダールは無情に却下しワイヤーを海に投げ捨てるのだ。

雷神の船長は、太陽神の筏と、同じ航路を旅したであろう太古の人々の英知を信じた。
実際、もしも進言を受け入れてワイヤーを使ったなら、柔らかなバルサ材の丸太は細い金属によって切り裂かれ、船体はばらばらなってしまった可能性が高いという。
現在、ヘイエルダールらが命がけで証明しようとしたポリネシア人の南米起源説は、DNA鑑定などで否定されてしまったが、彼らは単に一つの仮説を裏付けたのではない。
彼らが証明したのは確固たる信念を持ち、覚悟を決めた人間の可能性そのものだ。
映画は、コン・ティキ号の冒険を通し、文字通りに人間の距離と地球の距離の壮大な対比を見せてくれるが、隠し味的に効いてくるのが、さり気なく仕込まれた男と女の心の距離
ヘイエルダールが、この歴史的冒険の後に離婚していたのは初めて知った。
もしかしたら本に書いてあったかもしれないが、子供心にはそんな事はどうでもよかったのだろう。
しかし大人になってから観ると、男が冒険の野望と引き換えに、ささやかな幸せを犠牲にせざるを得なかったという事実に、物語に絵空事ではないビターな後味、そして浪漫に生きた男の人生の詩を感じるのである。

今回はコン・ティキ号で飲みたい、ノルウェービールの「ヌグネ IPA」をチョイス。
ヌグネ・オーはクラフトビールの世界では世界的に知られ、なぜか最近では日本酒の醸造をも手がけているという変り種のブリュワリー。
IPAはとにかく香りがパワフルで、フルーティで複雑な味わいと共に、一本でもじっくりと楽しむことが出来る。
こんなの、見渡す限り水平線しか見えない海の上で飲んだら最高だろうな。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い






スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
よかったですねー、この映画
見応え有りで。
ノルウェー映画はほんとに侮れないです
まぁこれは合作ですけど。。。

しかも主役のポールさんがライアンやティムロス系の好みのいいオトコでした 笑
2013/07/11(木) 00:48:06 | URL | mig #JTxNwRAU[ 編集]
こんばんは
>migさん
コレは昭和世代には胸躍るお話です。
コンチキ号漂流記を呼んでどれだけ冒険心を膨らませたことか。
映画は大人になったからこそ分かる悲哀の部分もあって、なかなか良かったです。
2013/07/13(土) 22:42:22 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ティキを信じて8000キロ海は障壁ではなく道である 公式サイト http://www.kontiki.jp実話の映画化米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作本作のヨアヒム・ローリングとエスペン・サ
2013/07/10(水) 12:48:05 | 風に吹かれて
ランキングクリックしてね ←please click 1947年に自説を証明すべく、古代ペルーの筏を再現して太平洋横断に挑戦した ノルウェーの人類学者で海洋生物学者、トール・ヘイエルダー...
2013/07/11(木) 00:41:26 | 我想一個人映画美的女人blog
トールさんととゆかいな仲間たちがいかだで太平洋航海に挑戦するお話です。ボリネシア島で、謎とされていたボリネシア住民の起源を調査していたノルウェーの学者トールさんは、島に...
2013/07/12(金) 21:44:48 | はるみのひとり言
トール・ヘイエルダールによる1947年のコンティキ号の航海を描いた『コン・ティキ』(Kon-Tiki)。監督はヨアヒム・ローニング(英語版)とエスペン・サンドベリ(ノルウェー語版)。第85回アカ
2013/07/16(火) 20:07:07 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
コン・ティキ@よみうりホール
2013/07/21(日) 17:06:43 | あーうぃ だにぇっと
実話に基づいています。1500年前と同じ筏で太平洋を東から西へ横断した事で知られるヘイエルダールの物語の映画化。 不勉強だったんですが、ヘイエルダールって、現代の人だし、コン...
2013/07/27(土) 22:04:34 | 勝手に映画評
ノルウェーの人類学者で海洋生物学者、トール・ヘイエルダールの実話を基に、太平洋の航海をダイナミックに描いた海洋アドベンチャー。南太平洋に浮かぶポリネシア諸島の人々の起源が南米にあることを立証すべく、ヘイエルダールが敢行したいかだ「コン・ティキ号」による...
2014/05/01(木) 13:17:53 | パピとママ映画のblog