酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
パシフィック・リム・・・・・評価額1700円
2013年08月11日 (日) | 編集 |
鋼鉄のルチャドール。

こんなにも中二魂を刺激される映画があっただろうか。
未知の深海から出現する巨大怪獣!迎え撃つのは人型戦闘兵器!
オタクを自認するメキシコの鬼才、ギレルモ・デル・トロが作り上げたのは、嘗ての日本製怪獣映画やロボットアニメのエッセンスを抽出し、全く新しい次元で結実させた、壮大な“特撮映画”だ。
少なくとも「ゴジラ」と「ウルトラマン」と「マジンガーZ」と「ガンダム」で育った大人気ない大きなお友達たちは、これら偉大な作品のDNAを受け継ぎ、ハリウッド超大作となって蘇った「パシフィック・リム」に馳せ参じなければなるまい。
アラスカ、香港、そして太平洋の深海へと展開する巨兵たちの死闘は、最新のテクノロジーを駆使し細密かつダイナミックに描写され、ルチャリブレの国からやって来た素晴らしきファット・オタク野郎によって、血湧き肉踊る二十一世紀の怪獣プロレスとして昇華されるのである。

西暦2020年。
太平洋の海底に突如として次元断層が開き、そこから現れるカイジュウと呼ばれる巨大生物と人類の戦いが始まって7年。
人型戦闘ロボット、イェーガーを開発した人類は、カイジュウとの戦いを優勢に進めている。
しかし、アメリカのイェーガー、ジプシー・デンジャーのパイロット、ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)はアラスカに出現した今までよりも巨大なカテゴリー3のカイジュウ、ナイフヘッドとの戦いで、パートナーだった兄を失う。
5年後、次々に出現する強力なカテゴリー3のカイジュウたちによって、各国のイェーガーは倒され、今や僅かに四機が残るのみ。
次元断層を閉じるため、最後の戦いを決意した環太平洋防衛軍のペントコスト司令官(イドリス・エルバ)は、残るイェーガーを香港のシャッタードーム基地に集結させ、アラスカの戦い以降、イェーガーを降りていたローリーを呼び戻す。
ローリーは、イェーガーの改良を担当していた日本人女性の森マコ(菊池凜子)を、新たなパートナーとして選び、再びジプシー・デンジャーに登場するが、二人のパイロットの精神リンクが暴走し、起動テストに失敗してしまう。
そして作戦決行直前のある夜、香港沖にカテゴリー4のカイジュウが同時に二体出現、人類の運命は風前の灯となる・・・


日本のお家芸でもあった怪獣と人間が操縦する巨大ロボットだが、両者が戦う映画は意外と少ない。
実写映画では、平成ゴジラシリーズの「ゴジラvsメカゴジラ」と、その後の所謂「機龍二部作」で、メカゴジラが対ゴジラ用の兵器として設定されていたのが記憶に新しいくらいだ。
本作と設定が最も似通っているのは、“使徒”を怪獣の一種と見なせば、やはり「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズだろう。
単に異形の侵略者vs人型兵器というだけでなく、映画のはじまりの時点で既に戦いが現在進行形であったり、世界規模の防衛組織によってロボットが管理されていたり、何かと類似点が多い。
ロボットと操縦者が精神リンクによって繋がるという設定もエヴァ的で、本作では更に操縦するのに二人のパイロットのシンクロが必要という設定が目新しく、演出上のポイントにもなっている。

ロボットのデザインは、日本製ロボットアニメの影響は顕著だが、「トランスフォーマー」の様に変形を前提としたゴチャゴチャしたディテールは無く、いかにも兵器然とした無骨なもの。
しかも、それぞれに開発国のお国柄が出ているのが面白い。
チェルノ・アルファという名前が既にやばいロシア製は、ただひたすら巨大な拳で怪獣をぶん殴るというシンプルかつ男らしいマシン。
中国のクリムゾン・タイフーンは、ド派手な赤い躯体に、丸ノコ付の三本腕で怪獣相手に功夫やらかしてくれる。
回想シーンの東京の戦いのみに、ちらっと登場する日本製第一世代イェーガー、コヨーテ・タンゴのシルエットは明らかにガンキャノンだ(笑

もっとも、これら外連味の強いマシンは、登場したときから死亡フラグの付いた脇役。
主役級はやはり、カウボーイのイメージでデザインされたというアメリカのロートルマシン、ジプシー・デンジャーと、パイロットを含めて主人公のライバル役となる、オーストラリアの最新型ストライカー・エウレカの二機種だ。
これらカッコ良いイェーガーが、いかにも凶悪そうな大怪獣たちと、がっぷり四つになって戦うのだからたまらない。
しかも技を出す時、ロボットアニメの様に、いちいち「エルボー・ロケット!」とか「エア・ミサイル!」とか叫ぶのである。
怪獣も怪獣で、イェーガーと対決する時に、「俺のほうが強い」とばかりに咆哮し、見栄まで切ってくれるのだから、もう嬉しくて泣けてくるではないか。

しかし、日本の影響は目立つものの、まんまという訳ではない。
例えば、異次元の知的生命体によって、兵器として創造されたクローン生命という怪獣の設定は、その存在そのものが地震や台風の様な怒れる自然のメタファーであり、ある種の荒ぶる神と捉える日本の、なかでも日本型怪獣のイメージを決定付けた、全盛期の東宝怪獣のあり方とは異なっている。
怪獣のデザインテイスト、特にその皮膚感覚はレイ・ハリーハウゼンのモンスター映画の影響を強く感じるし、本作における怪獣は、やはり漢字の“怪獣”そのものではなく、デル・トロの中で消化されて生み出された“カイジュウ”なのだろう。
またギミック満載のイェーガーの発進基地は、世界中の男の子を熱狂させたジェリー・アンダーソンの名作シリーズ「サンダー・バード」の秘密基地の趣もある。
実際映画のラストの献辞で、デル・トロは本作を日米の“モンスター・マスター”、本多猪四郎レイ・ハリーハウゼンの二人に捧げており、これは言わば少年時代のデル・トロが夢中になり、イマジネーションの源泉となった要素を全て詰め込んだ、夢のオモチャ箱なのである。

物語的には、面倒臭い背景の部分は、主人公ローリーのモノローグでサクッと説明してしまい、いきなりアラスカ沖でのジプシー・デンジャーvsナイフヘッドの大バトルへ。
以降、この戦いで心に深い傷を負ったローリーの敗者復活の物語を、ヒロインにしてパートナーとなるマコや、「AKIRA」の“大佐”を元にキャラクター造形されたというペントコスト司令官との関係を絡ませながら、香港での戦い、太平洋の海底でのクライマックスと展開させる。
以前から感じていたが、菊池凜子は日本映画よりも西洋人の監督が撮った時の方が、確実に美しく見えるのは気のせいか。
今回も名前の通り凜とした雰囲気で、戦闘美少女(という年齢でもないけど)の系譜に連なるキャラクターを好演している。
また、出番は回想シーンのみで台詞も殆ど無いのだが、マコの子供時代を演じる芦田愛菜が強い印象を残す。
古今東西の怪獣映画を思い出しても、巨大生物に襲われた演技で、本作の彼女以上のものは観たことが無い。
未知の存在への自然な恐怖が観客へと伝わり、デル・トロの絶賛も決して単なるお世辞ではないだろう。

ローリーの再生と戦いが物語の縦軸だとすれば、横軸的なサブストーリーの主役が、コミックリリーフでもある怪獣学者のマッドサイエンティスト二人組みだ。
彼らは怪獣の秘密を探るため、イェーガーの操縦システムを応用し、なんと怪獣の脳と自分の脳をリンクしようとしており、そのためにフレッシュな怪獣の脳を探し回る。
今までの怪獣映画では、倒された巨体がどうなるかは殆ど描かれる事が無かったが、本作では怪獣の体が、漢方薬の原料としてブラックマーケットで高く売れるという設定がユニークだ。
なるほど、ここで舞台が漢方の本場、香港である事も生きてくるのである。
怪獣の体の切り売りという怪しげな商売を仕切る、“怪獣マフィア”として暗躍するのが、デル・トロ映画には欠かせないロン・“ヘルボーイ”・パールマンなのも嬉しい。
この怪獣の脳みそを巡るサブストーリーは、後半縦軸の話とも絡み合って機能しており、パールマンも登場シーンは少ないながらも、実に美味しいところをさらってゆく。

もちろん、多くの大きなお友達が夢見たであろう、陸海空を又にかけた怪獣vsロボットのバトルシークエンスは、さすがこのジャンルを知り尽くしたデル・トロが素晴らしい仕事を見せる。
徹底的なリアリズムというよりも、映像的なカッコ良さを突き詰め、格闘のショットは適度な高さでカメラを動かす。
3D効果もあって、CGでありながら若干のミニチュア感があるのだけど、本作においては、それが観客の記憶に刷り込まれた懐かしい興奮を呼び起こすのだ。
ハリーハウゼンのモンスター映画の軽快さと、本多猪四郎の怪獣映画の重量感、更に二十一世紀ならではのデジタル映像の臨場感を得た怪獣プロレスは、正に手に汗握る名場面の連続だ。
だが、冒頭、中盤、終盤と三回にわたる大掛かりなバトルシークエンスが、全て夜とか海の底とか暗い場所の設定なのはちょっともったいない。
テレビニュースとして映し出されるシドニーの戦いや、回想シーンの東京の戦いなどを見ると、別に怪獣が出現するのは夜とは限らないはずで、一回くらいは明るい太陽の下でのどつき合いを観たかった。
またクライマックスとなる、太平洋海底での戦いは、怪獣との戦いと、次元断層を爆破するという二つのスリルが分離してしまっているのが残念。
せっかくカテゴリー5の無茶苦茶強そうな奴が登場したのに、扱いは他の怪獣とあまり変わらず。
思ったよりあっさり殺られてしまい、続く次元断層の爆破シークエンスは、ぶっちゃけ設定も展開も既視感がいっぱいで、次に何が起こるのか全て読めてしまう。
これはやはり怪獣との戦いを最後まで絡ませ、今まで観た事の無いものを見せて欲しかったところだ。

「パシフィック・リム」はメイド・イン・ジャパンの怪獣映画やロボットアニメのムーブメントが、タイトル通りに環太平洋へと広がって行き、海の向こうで大輪の花を咲かせた、創作の連鎖の幸福な象徴だ。
映画では対怪獣戦争は12年の長きにわたって続いている設定なので、ここから例えば2013年から2025年までの年代記の様な形でスピンオフのテレビシリーズを作ったりしても面白いのではないだろうか。
ジプシー・デンジャーの戦い、チェルノ・アルファの戦いという風に、イェーガーごとに描いても面白いだろうし、若きペントコスト司令官がガンキャノンを操って、日本を舞台に奮戦する話も観てみたい。
まあしかし、それは「ゴジラ」や「ガンダム」に対する大いなるアンサームービーを受け取った日本人が、デル・トロへの返礼としてやるべき仕事なのかもしれないけれど。
いずれにしても、本作のインパクトは、やがて新たなる創作の連鎖に繋がってゆく事は間違いないだろう。

今回は、献辞を捧げられた日本の怪獣マスター・本多猪四郎監督の出身地、山形は鶴岡のお酒、加藤嘉八郎酒造 の「大山 純米吟醸」をチョイス。
柔らかな芳醇さと優しい口当たりが特徴で、バランスが良く合わせる料理を選ばない。
今の季節なら、太平洋の怪獣ならぬ日本海の海の幸を肴に、冷でスッキリと飲みたい一本だ。
ちなみに本作もクレジット途中に意外なオチがあるから、席を立っちゃダメよ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
でも監督は「エヴァンゲリオン」全然知らないそうです。
2013/08/12(月) 01:36:17 | URL | タニプロ #VaWCGGOo[ 編集]
こんばんは
>タニプロさん
それあり得ないでしょ。
北米でも絶大な人気を誇る作品を超オタクが知らないなんて(笑
何かの冗談で言ったんでしょうね。
2013/08/12(月) 01:55:13 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは
たしかに怪獣と人間が操縦する巨大ロボットの戦いは、テレビ番組ではたくさんあるものの、映画だと意外に少ないですね。
実写映画だと『ジャンボーグA&ジャイアント』、あるいは東映の『スパイダーマン』の劇場版が嚆矢となるでしょうか。
最近はスーパー戦隊の劇場版があるので、コンスタントに発表されていますが。

日米ともに原作付きや続編企画が多い中、オリジナル作品を世に問うた本作は賞賛に値すると思います。
2013/08/12(月) 04:23:53 | URL | ナドレック #cxq3sgh.[ 編集]
とっても面白かったです。お国柄が出ている乗り手とイェーガー。そこで既に漫画的ですが、それがこの映画のノリなので一貫しているように受け止めました。
芦田愛菜の怖がる演技、抑制が利いたなかにも残り火のように燃え続ける感情をもつマコ。ピシッと物語を支えているのが素敵でした。
私のお気に入りはロン・パールマンと二人のマッドサイエンティスト。いわれてみればそう漢方薬向きですね、この素材は。

あれだけやられてしまうとkaijyuにも同情してしまいましたし、おっしゃられるようにkaijyuたちが太陽の下で戦うのを見せていただきたかったです。
いろんなキャラクター造形が楽しめるこの映画は誰がみても楽しめる暑い暑い夏の一押しの作品ですね。

2013/08/12(月) 10:12:28 | URL | さゆりん #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは
>ナドレックさん
ああ、戦隊シリーズの映画もありましたね。
しかし私にはアレがどうしても“怪獣”の類とは思えなくて(苦笑
今回の作品で怪獣とロボットが改めてフォーカスされた事は間違いないと思うので、ここからまた新しい創作が生まれてくると思います。
本作のシリーズは、世界興収がもうちょっと行かないと厳しいかな。

>さゆりんさん
正しい夏休み映画とはこういうのでしょう。
マッドサイエンティストとロン・パールマンの漫才は良いアクセントでした。
絶対あのまま終わりじゃないと思ってたから、最後は嬉しくなっちゃいましたよ。
2013/08/12(月) 14:18:51 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちわ
「特撮映画」が帰ってきましたね!
これが日本でなくハリウッドというのが少し淋しいものですが、でもヲタク魂は世界共通であることを見事に映像化してましたよ!
2013/08/12(月) 16:12:24 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
「エヴァンゲリオンはあまり詳しくないんだ。デザインは知ってるけど、アニメーションを観たことがないんだ。今回イェーガーをリアルに表現するにあたっては機動警察パトレイバーの影響が大きかった」と言ってました。
2013/08/12(月) 21:30:55 | URL | タニプロ #VaWCGGOo[ 編集]
あのロボットの雰囲気から言えば「鉄人28号」(それも昔の湯たんぽ型の)の影響も受けていそうな気がしましたが、どうなんでしょう。あえて洗練していないデザインがレトロフューチャーな感覚でグッドでした。

そういえば、私もKAIJUを観ていて何となく使徒をイメージするところがありましたけど、エヴァに影響されてたわけではないんですね?
2013/08/13(火) 09:31:01 | URL | かのん #.2cgsHzE[ 編集]
こんばんは
ノラネコさん、こんばんは!

大きなお友達的にはこの作品は観ないわけにはいきません!
ということで言ってきましたが、やはりデル・トロの作品はシンパシー感じちゃいますね。
パイルダー・オン!、ロケット・パンチ!
これを実写でやってくれるとは・・・。
空飛ぶ怪獣が出てきた時は、ジプシー・デンジャーもジェットスクランダーつけて飛ぶかと思ってしまいましたよ。
次回作やるなら是非飛んでほしいです。
2013/08/13(火) 22:47:04 | URL | はらやん #-[ 編集]
こんばんは
>にゃむばななさん
そうですね。
私も作り手の端くれとしては、嬉しいのと同時にどうしてこれがアメリカ映画なんだと悔しさも感じます。
とりあえずもう一回観て吸収しなくては!

>タニプロさん
パトレイバー・・・なるほど。
しかしビジュアルブックの未採用デザインを見るとエヴァ知らないと言うのはますます信じられなくなりました。
まああちらの人は、本当に設定や内容がかぶってると、訴訟対策で知ってても知らないと言い張りますからね。わかりませんよ(笑
2013/08/13(火) 23:46:54 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは
>かのんさん
ジプシー・デンジャーのデザインは鉄人28号をモダンにした感じですね。
デル・トロは鉄人の大ファンだそうですから、カラーリングを含めて鉄人のイメージを投影したのかもしれません。
エヴァに実際に影響されてるかはわかりませんが、似てるのは間違いないですよね。

>はらやんさん
世代的にも近いんで、世界共通のシンパシーを感じますね。
今回空中戦の弱点が出てましたからもしも次あるなら飛ばすかも(笑
マジンガーZもジェットスクランダーは途中からじゃなかったでしたっけ?
2013/08/14(水) 00:00:28 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
大好物が2つ
ノラネコさんこんばんわ♪

特撮もロボットも大好物なので、その2つが合体したような本作にはもう興奮し過ぎで自分も鼻息荒くなっちゃいましたね^^;
それに今現在も特撮観てる者の視点としまして、主人公やその他の人物背景だけじゃなく、イェーガーの操作方法、怪獣が攻めてくる理由、地球での怪獣の使い道となんか妙に凝ってて、丸投げみたいな大雑把さがあんまり見受けられなかったような気もするんですよねェ?そういった細かい設定なんかにも、ギレルモ監督の力の入れようを感じちゃった次第です。

ちなみに自分、今本作のゲーム版を遊んでいるのですが、そのゲームではジプシー・デンジャーはちょっと弱いです(笑
2013/08/14(水) 21:48:25 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>メビウスさん
とにかくやりたい事を全部詰め込んだ、怪獣・ロボット全部入りですね。
デル・トロの美意識が全体を貫いていて、世界観は完全に消化されていたと思います。
ゲーム版も面白そう。XBOX無いから出来ないけど。
2013/08/16(金) 18:44:04 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
あら、シネマトゥデイの情報に2013年と有ったから
今年の出来事なんだ!って書いてしまった。
間違っているんでしょうか?
2013/08/17(土) 01:50:28 | URL | 谷 #-[ 編集]
こんばんは
>谷さん
海底の次元断層が開き、怪獣戦争が始まったのが2013年の設定です。
主人公が兄を失うのがそれから7年後の2020年、次元断層を閉じる最後の戦いは2025年の出来事です。
2013/08/17(土) 02:03:06 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
さすがのリアリティでした
戦闘シーンは予想以上にたっぷりと観せてくれて、純粋に楽しめました。
ウルトラマンとちがってカイジュウがなかなかにしぶとい(笑)
日本が作り出してきた怪獣モノやロボットモノをあらゆる面でハリウッド的な表現に置き換えるとこうなるんだと、さすがのリアリティを見せ付けられた感じで、カイジュウはディズニーランドのエレクトリカルパレードさながらに、対する操縦室のパイロットもディズニーのトロン的な華やかさを感じたのが印象的でした。
2013/08/18(日) 12:56:11 | URL | ぐーすく #q7EjBrqg[ 編集]
こんばんは
>ぐーすくさん
私の世代にとっては、幼い頃に観た作品が、21世紀のテクノロジーで、ハリウッド超大作になって戻ってきた!という感じです。
全てが懐かしく、同時に全てが新鮮で、めちゃめちゃ楽しめましたよ。
2013/08/18(日) 22:11:24 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは。
なるほど「中二魂」ですか…。
でもぼくにとっては「中一魂」かな。
「ウルトラQ」が始まり、
『フランケンシュタイン対地底怪獣』『怪獣大戦争』を
映画館の暗闇の中でドキドキ胸を震わせて…。
それで思ったのですが
KAIJYUにキングギドラ・クラスの
ウルトラモンスターがいてもよかったような…。
2013/08/22(木) 22:20:00 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>えいさん
暗闇の怪獣というのは狙ってるんでしょうけど、やはりもっと見たいなあと思ってしまうのです。
多分、自分の中の記憶と重なる部分が多い分、あれも見たい、これも見たい、あそこはこうして欲しかったなど、大いに楽しみつつ贅沢な不満を抱いた方も多いんじゃないでしょうか。
まあそれも全てデル・トロがやりたかった事なんで、仕方が無いんですけどね。
ワールドマーケットでがんばって、続編につなげて欲しいなあ。
2013/08/23(金) 22:52:50 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
> まあしかし、それは「ゴジラ」や「ガンダム」に対する大いなるアンサームービーを受け取った日本人が、デル・トロへの返礼としてやるべき仕事なのかもしれないけれど。

油断してると「アニマトリックス」みたいにアニメでやりそうだとか思ってしまった。とりあえず日本で作るには特撮でもアニメでもお金がないのが問題だ。
2013/08/25(日) 09:25:28 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじき78さん
いやそりゃ当然でしょう。
まんまで無いとしても、今後これに影響された作品が世界中からでてくるだろうし、もちろんアニメ企画を考えている人は多いでしょう。
私もその一人だったりして(笑
2013/08/29(木) 23:21:57 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 【ネタバレ注意】  ジャンボーグA対大悪獣ギロン!  『パシフィック・リム』には冒頭から度肝を抜かれた。全編がこんな夢の対決で溢れているのだ。  映画『風立ちぬ』はそ
2013/08/12(月) 02:21:54 | 映画のブログ
パシフィック・リム@よみうりホール
2013/08/12(月) 14:17:49 | あーうぃ だにぇっと
 アメリカ  アクション&SF&ロボット  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:チャーリー・ハナム      イドリス・エルバ      菊地凛子      クリフトン・コ ...
2013/08/12(月) 16:07:15 | 風情♪の不安多事な冒険 Part.5
熱いぜ!この中二病的ヲタク魂! 「ウルトラマン」を始めとする怪獣モノで熱くなった魂が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を始めとする人型巨大兵器で燃えた魂が、『マトリックス ...
2013/08/12(月) 16:11:25 | こねたみっくす
ツッコミ満載で興奮度は低い・・・。  
2013/08/12(月) 17:04:36 | Akira's VOICE
2013年8月、太平洋の深海から出現した、謎の巨大生命体“KAIJU(カイジュウ)”によって、3つの都市が瞬く間に壊滅。 環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は、PPDC(パン・パシフィ...
2013/08/12(月) 18:29:33 | 象のロケット
(原題:Pacific Rim) ----おっ、いよいよ再開だニャ。 そういえば、今日、来てくれたんだよね。 「うん。いわゆる初七日だしね。 四十九日まで待つのは フォーンの性格からしてもイヤ
2013/08/12(月) 19:42:01 | ラムの大通り
人形巨大兵器「JAEGER(イエーガー)」  VS 怪獣「KAIJU(カイジュー)」のド突き合い 公
2013/08/12(月) 21:42:10 | ヤジャの奇妙な独り言
初めて劇場予告編を観たときに、コレは絶対に日本の影響を受けた作品でしょと思ったのですが、やっぱりそのようで劇中に登場する巨大生物は日本でお馴染みの怪獣そのままに“KAIJU ...
2013/08/12(月) 22:09:42 | カノンな日々
「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、謎の巨大生命体と人類が開発した人型兵器との壮絶な戦いを描いたVFX超大作。2013年8月11日、太平洋の深海の裂け
2013/08/12(月) 23:33:46 | パピとママ映画のblog
【PACIFIC RIM】 2013/08/09公開 アメリカ 131分監督:ギレルモ・デル・トロ出演:  チャーリー・ハナム/ローリー・ベケット(杉田智和)  イドリス・エルバ/スタッカー・ペントコスト(
2013/08/13(火) 00:01:46 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
何たって、監督が ギデルモ・デル・トロ! 前作「パンズ・ラビリンス」の文学的なキモ怪しさは勿論、ユーモラス満載で超キモい悪役たちを最高峰に面白く演出した「ヘルボーイ」が素
2013/08/13(火) 06:12:46 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
パシフィック・リムPacific Rim/監督:ギレルモ・デル・トロ/2012年/アメリカ ロボットと怪獣がどがんどがん戦ってるのっていいよね! 丸の内ピカデリー3、2D字幕で鑑賞。なぜIMAXじゃ
2013/08/13(火) 11:29:07 | 映画感想 * FRAGILE
巨大ロボットVS怪獣、それは男の子ならば観てみたいと一度は思うもの・・・。 それ
2013/08/13(火) 20:43:25 | はらやんの映画徒然草
中露のイェーガーの噛ませ犬っぷりにはワロタ。
2013/08/13(火) 21:59:23 | だらだら無気力ブログ!
『パンズ・ラビリンス』『ヘルボーイ』シリーズなどのギレルモ・デル・トロ監督による怪獣巨大ロボット映画『パシフィック・リム』。出演はチャーリー・ハナム、菊地凛子、ロン・パ...
2013/08/14(水) 00:48:00 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
ジャパニメーション独自の文化の一つとして進化してきた巨大ロボと、東宝東映円谷プロの特撮映画に出てきそうな怪獣が世界の危機を背景に対決するハリウッド映画。『パシフィック・...
2013/08/14(水) 01:47:46 | そーれりぽーと
ロボットとメッセージ 【Story】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われ、世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。...
2013/08/14(水) 07:01:38 | Memoirs_of_dai
監督の日本愛公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim監督: ギレルモ・デル・トロある日突然、未知の巨大生命体が、太平洋の深海の裂け目を通って異次元から
2013/08/14(水) 13:47:08 | 風に吹かれて
2013年・米/ワーナー=レジェンダリー・ピクチャーズ 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Pacific Rim 監督:ギレルモ・デル・トロ原案:トラビス・ビーチャム脚本:トラビス・ビーチ...
2013/08/14(水) 20:56:58 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
【監督】ギレルモ・デル・トロ 【出演】チャーリー・ハナム/イドリス・エルバ/菊地凛子/チャーリー・デイ/ロブ・カジンスキー/マックス・マーティーニ/ロン・パールマン 【公開日】
2013/08/14(水) 21:44:39 | シネマをぶった斬りっ!!
バトル・シーンが暗くて、動きがよくわからない。 そのほかの点では、ものすごく楽しい!
2013/08/15(木) 09:14:51 | 或る日の出来事
☆待望の『パシフィック・リム』、甥っ子を連れて朝一で観に行きましたよ。  とてもキチッと作られた作品だったので、荒削りな作品の持つ異常なテンションはなかったのですが、素
2013/08/16(金) 15:33:10 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
【出演】  チャーリー・ハナム  イドリス・エルバ  菊地 凛子 【ストーリー】 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回
2013/08/16(金) 19:37:29 | 西京極 紫の館
パシフィック・リム ユナイテッドシネマ浦和 8/9公開 IMAX3D(字幕)にて鑑賞 2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。 それは世界各国の都市を次々と破壊して回り
2013/08/17(土) 01:51:28 | 単館系
映画「パシフィック・リム」★★★★IMAX・3D チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、 菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜出演 ギレルモ・デル・トロ監督、 131分、2013年8月9日よ
2013/08/17(土) 20:11:28 | soramove
2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡を ...
2013/08/17(土) 21:31:02 | 気ままな映画生活
「パシフィック・リム」は太平洋の底から突如怪獣が出現した事により人類は絶滅の危機に瀕する。怪獣に対抗するために人類は2人がシンクロして操縦する巨大兵器を開発して対抗する ...
2013/08/18(日) 22:35:52 | オールマイティにコメンテート
「俺、こういうのが大好きなんだよぉ!!」という監督の叫びがビンビンに伝わってくる怪獣映画。 監督の特撮趣味全開。 この映画を楽しむために大事なのは主人公に感情移入出来るか ...
2013/08/19(月) 12:09:25 | 時間の無駄と言わないで
 「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督最新作。近未来、突如として太平洋海溝に発生した次元の裂け目から、謎の巨大生物「カイジュウ(怪獣)」が出現...
2013/08/21(水) 19:15:35 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
(2013年8月16日・ユナイテッドシネマ長崎・会員サービスデー・2D字幕版・11時20分~) 2013年8月、太平洋の深海の裂け目から突如KAIJUが現れ、3つの都市を破壊した。人類はKAIJUに対抗す
2013/08/21(水) 20:22:16 | 大吉!
五つ星評価で【★★★★近親憎悪のようなものかもしれんが】 IMAX3D吹替で鑑賞。 とりあえず評判を聞いて物凄くテンションがあがった。 そして、単なる「怪獣プロレス」 ...
2013/08/25(日) 09:39:09 | ふじき78の死屍累々映画日記
3D試写会で鑑賞。こんなに面白いとは!監督のギレルモ・デルトロは、日本の特撮物に敬意を表して作ったというけれど、こちらこそ監督に敬意を表したい。 考えてみれば、異形物
2013/08/30(金) 12:29:29 | ここなつ映画レビュー
こんにちは(*´-`*)ノ映画を観てきましたー大注目のSF映画『パシフィック・リム』怪獣とロボットが戦う映画ですねーとても迫力のある映画でした(*´-`*)ノロボットの重量感がすごか
2013/09/01(日) 15:15:45 | 嶋津球太の映画主体のレビュー日記.。.:*・゚☆.。.:*・゚
 【ストーリー】 かつて人々は地球外生命との接触は宇宙からもたらされると考えてい
2013/09/02(月) 22:16:57 | 無限回廊幻想記譚
映画『パシフィック・リム』は「怪獣+ロボットもの」を原題のVFX技術&ビッグ・バ
2013/09/07(土) 23:43:02 | 大江戸時夫の東京温度
15日のことですが、映画「パシフィック・リム」を鑑賞しました。 IMAX 3Dにて 世界各国を襲撃する謎の巨大生命体 kaijuを倒すべく 人型巨大兵器イェーガーを操縦するパイロットたちの戦
2013/09/09(月) 20:52:02 | 笑う社会人の生活
 『パシフィック・リム』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判がよさそうなので、随分と遅ればせながらも見に行ってきました。  本作は、深海にできた時空を越える通路を通って他の天体(「異世界アンティヴァース」)から次々と送られてくる巨大な怪獣(“kaiju”)に...
2013/09/23(月) 06:05:49 | 映画的・絵画的・音楽的
パシフィック・リム '13:米 ◆原題:Pacific Rim ◆監督:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「パンズ・ラビリンス」 ◆主演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、ロン・パールマン、クリ...
2013/10/20(日) 22:02:10 | C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
(基本的にネタバレありですのでご注意ください。) ●パシフィック・リム  2013年、太平洋グアム沖の深海に異世界とつながる割れ目が生じ、そこから怪獣が現れ、サンフランシスコを襲撃する。米軍は陸海空軍総攻撃をかけ、その怪獣を倒すことに成功する。しかし喜ぶのもつかの間、次々と怪獣が出現する。関係各国は協力して環太平洋防衛軍、通称PPDCを設立し、対怪獣用巨人兵器イェーガーを開発する。イェー...
2013/11/16(土) 11:56:22 | よしなしごと
かかか、KAIJU! ギレルモ・デル・トロ監督作品。巨大モンスターを「KAIJU」とよぶ事からも分かるとおり、かなり日本の特撮映画をリスペクトしています。どうやら昔日本の特撮をみてたようですよ(放送してたの?)。 対KAIJU兵器「イェーガー」には精神的負担の軽減からパイロットは二人、そのシンクロ率は作品の中でも重視されていて、二人の記憶を共有してしまうなどの面も。 特撮の設定を実...
2013/12/13(金) 12:13:10 | いやいやえん
PACIFIC RIM 2013年 アメリカ 131分 アクション/SF/ロボット 劇場公開(2013/08/09) 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:ギレルモ・デル・トロ 脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演: チャーリー・ハナム:ローリー・ベケット イドリス・エルバ:スタッカー・...
2013/12/16(月) 23:35:00 | 銀幕大帝α
映画「パシフィック・リム」のブルーレイを見たのでレビュー記事を書いてみたいと思います。(ス
2013/12/17(火) 13:38:23 | 翼のインサイト競馬予想
13-67.パシフィック・リム 3D■原題:Pacific Rim■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:132分■料金:2、100円■観賞日:8月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ□脚本:トラヴィス・ビーチャム◆チャーリー・...
2014/02/01(土) 18:59:37 | kintyre's Diary 新館
1 : 名無シネマ@上映中 : 2013/08/09(金) 15:37:35.89 ID:Sqa5NQBz人類最後の望みは、この巨兵。米公開 2013年7月12日 日本公開 2013年8月9日【監督】 ギレルモ・デル・トロ【出演】 イドリス・エ ...
2014/08/09(土) 22:09:20 | 映画大好きだった^^まとめ
パシフィック・リム / PACIFIC RIM 2013年 アメリカ映画 ワーナー製作 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:トーマス・タル ␣ ジョン・ジャシュニ ␣ ギレルモ・デル・トロ ␣ メアリー・ペアレント 製作総指揮: カラム・グリーン 原案:トラヴィス・ビーチャム 脚本:トラヴィス・ビーチャム ␣ ギレルモ・デル・トロ 撮影:ギレル...
2016/03/17(木) 00:45:11 | RISING STEEL