酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「クロニクル・・・・・評価額1600円」
2013年10月05日 (土) | 編集 |
ワンダーランドの少年たち。

製作費1200万ドルの低予算映画ながら、2012年2月に米国で公開されるやランキングトップに躍り出て、全世界で製作費の十倍以上の興行収入を叩き出したヒット作。
にも関わらず日本公開がなかなか決まらなかったので、私は痺れを切らして海外版Blu-rayを買ってしまった。
今回ようやく劇場公開されたので、改めて鑑賞。
結果的に日の目を見た事は良かったが、ある意味日本の映画市場のガラパゴス化を象徴する作品であり、外国映画興行の先行きを不安視せざるを得ない。

監督のジョシュ・トランクと脚本のマックス・ランディスが作り上げたのは、三人の多感な思春期の少年たちを巡る兎穴の寓話だ。
同時にこれは、巨大な力を持ってしまった人間の悲劇を描いた、もう一つの「AKIRA」であり、男子版の「キャリー」でもある。
トランク監督もこれら作品の影響を受けたと語っているが、モキュメンタリー的な手法を取り込んだり、図らずも超能力を持ってしまった三者三様の反応を対比させる事で、単なる模倣に留まらないフレッシュなSi-Fi青春映画の佳作として昇華させている。

奇妙な洞窟に入った事によって超人となるのは、天真爛漫な学園の人気者スティーブ、複雑な家庭に育った孤独な少年アンドリュー、そして彼の従兄弟でもある平凡な高校生マットだ。
最初は念力でスカートめくりしたり、子供のオモチャを動かして驚かせたり、馬鹿馬鹿しい悪戯を楽しんでいたものの、彼らの能力は急激に成長し、危険なほど強大なものになってゆく。
もしかしたら自分たちの能力を使って何か偉大な事が出来るかもしれない、しかしその力を晒せば、おそらく人々から恐れられ拒絶されるだろうという、スーパーマンはじめあまたのスーパーヒーローがぶつかった超人のジレンマに、彼らも陥ってしまうのである。

無邪気な悪戯からはじまって、三人が遊び方を見つける感覚でどんどんと力を“開発”してゆくプロセスは、モキュメンタリー手法のおかげで観客も彼らの仲間になった様な臨場感を味わえる。
通常この種の映画は、劇中の登場人物の手持ちカメラや街中の監視カメラの映像を使っているという縛りがあるので、どうしてもカメラワークに制約が出るが、何しろ彼らは超能力者だ。
カメラポジションだって空中に浮かせて自分撮りも出来るし、移動撮影も思いのまま。
映画の設定と手法をうまく組み合わせて、新しい感覚の映像を見せてくれる。

そして、不治の病に苦しむ母と飲んだくれの父の元で育ち、この世界の不条理に複雑な思いを抱くアンドリューは、本気で望めば何でも出来るという超人としての自分と、無力な十代の若者としての自分との間で葛藤し、次第に自らの心の均衡を失ってゆく。
アンドリューが内面の怒りに支配され、暴走してゆくプロセスは心理ドラマとしてもなかなかの出来栄え。
遂に自分を人類に対する“捕食者”と位置付けたアンドリューと、彼を阻止しようとするマットという二人の超人による、シアトルのダウンタウンを舞台とした都市破壊と空中戦は、低予算を感じさせないスペクタクルだ。
改めて観ると、このシークエンスは似たシチュエーションの「マン・オブ・スティール」のクライマックスに明らかな影響を与えている事が分かる。
何しろアンドリューの暴走を止めるために、マットが直面する苦渋の決断すらほぼ同じ流れなのだから。

ところでタイトルの「クロニクル」とは単純に“記録する”という意味もあるが、本来は“年代記”の事である。
ジョシュ・トランク監督は本作のヒットを受けて抜擢され、マーベルの「ファンタスティック・フォー」を制作中だが、「クロニクル2」にも前向きだという。
果たしてバットマンよろしくある土地へと消えた登場人物がこれからどうなるのか、新たなる“超人年代記”の実現を期待したい。

こちらには、学生のパーティにはつきもののアメリカン・ビールの代表「ミラー ドラフト」をチョイス。
バドワイザーなどと同様、水の様に薄いのでガバガバ飲めてしまうが、私はどちらかと言えばミラー派。
念力で空を飛びながら飲んだら気持ち良いだろうな。
酔っ払って意識を失ったら落ちて死ぬだろうけど(笑
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
そうそう、そうなんです。最近映画館へ行くと『キャリー』の予告をよく目にするのですが、どことなくこの『クロニクル』と重なってくるんですよね。どちらもイジメられっ子が超能力を手にしてそして惨劇へ。青春ストーリーとしても繊細な心に機微をとらえた作品でした。
2013/10/05(土) 23:30:33 | URL | かのん #.2cgsHzE[ 編集]
こんばんは♪
>「クロニクル2」にも前向きだという
ほんとでしょうか?!
期待値が低かっただけではない、思いがけず「アタリ」籤をひいたような(笑)中盤からラストまで。
「マン・オブ・スティール」ではやりすぎだわよ、だった私が、
この作品では二人とともに泣いていました。
ぜひとも、少しばかり成長したあの少年の「2」を描いて欲しいものです。
2013/10/06(日) 01:15:41 | URL | kira #klq26XPE[ 編集]
あっという間に引き込まれました。羽目をはずしつつ抑制もある、そんなぶつかりあいがティーンという人たちを素材に上手に描かれていることに感心しました。
普段飛行機に乗ってもリアルタイムで進行方向の空模様を見せてはもらえませんし、宇宙飛行士ではないため地上を俯瞰することもまたかないませんが、その両方を同時に経験した気分になれたのでとっても得をした感じです。
どんどん教祖になって暴走していくアンドリューにも彼に対峙する従兄弟のマットにも、それぞれの理由が見える観客としてははらはらして涙が出てしまいます。
苦渋の決断はそれでも救いなのか、いまでもわかりませんし、背負うものが大きすぎる、というのはこういう身近な若者を描いた時によりよくわかるような気がします。
2013/10/07(月) 20:08:07 | URL | さゆりん #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>かのんさん
両作に共通するのは、SFやホラーというジャンル以外にも、優れた青春映画であって、心理ドラマだという事でしょうね。
クロエちゃん版の「キャリー」ももうすぐ公開。
楽しみです。

>kiraさん
去年だったかな、監督が続編は考えていると言ってましたよ。
まあ今は「ファンタスティック・フォー」を制作中だし、その後も別の作品のオファー受けてるらしいので、実際に作るのはもう少し先になるんでしょうけど。

>さゆりんさん
ジャンルとしては決して新しいものではないのですが、見せ方は実に新鮮でしたよね。
飛行シーンだって、あんなのは見たことがない。
だんだんと壊れてゆくアンドリューと、日常に留めようとするマットのドラマも見応えがありました。
2013/10/08(火) 23:04:28 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
超能力を手にした高校生たちが思いもよらぬ事態を引き起こす様子をファウンドフッテージ・スタイル(第三者が未編集素材を発見したというていのいわゆるモキュメンタリー)で描いた ...
2013/10/05(土) 23:23:25 | カノンな日々
原題 CHRONICLE 製作年度 2012年 上映時間 84分 映倫 PG12 脚本マックス・ランディス 監督ジョシュ・トランク 出演 デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン/マイケル・ケリー/アシュリー・ヒンショウ 新人監督による低予算映画にもかかわらず...
2013/10/06(日) 00:59:40 | to Heart
五つ星評価で【★★★★前評判通り】 3人の高校生がサイコキネシスいわゆる念動力を手に入れ、 はしゃいだ末に身を滅ぼすまで。 クロニクルとは「記録」。 能力獲得前から後ま ...
2013/10/06(日) 06:15:05 | ふじき78の死屍累々映画日記
もしも超能力が使えたら 公式サイト http://www.foxmovies.jp/chronicle中古のビデオカメラだけが話し相手の孤独な高校生アンドリュー(デイン・デハーン)。父親は酒びたりで暴
2013/10/06(日) 12:00:31 | 風に吹かれて
 アメリカ  SF&アクション&青春  監督:ジョシュ・トランク  出演:デイン・デハーン      アレックス・ラッセル      マイケル・B・ジョーダン      マイ ...
2013/10/06(日) 17:36:04 | 風情♪の不安多事な冒険 Part.5
「力」は使う人しだい。(なんにでも言えることだが。)
2013/10/10(木) 23:09:32 | 或る日の出来事
評価:★★★★★【5点】(10) 全米初登場1位のときから楽しみにしていた作品。
2013/10/12(土) 21:10:41 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
やっべー、超オモシレー!
2013/10/15(火) 21:20:13 | だらだら無気力ブログ!
 『クロニクル』を新宿のシネマカリテで見てきました。 (1)アメリカで大ヒットしたSF作品(2012年、84分)で、日本でも見た人の評判が高いようなので映画館に行ってきました。  高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)が主人公。  友達がいなくて一人で過ごす生活を...
2013/10/16(水) 20:50:39 | 映画的・絵画的・音楽的
ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「キル・ポイント」シリーズの新鋭ジョシュ・トランク。キャストには、『欲望のバージニア』のデイン・デハーン、『...
2013/10/19(土) 21:36:46 | パピとママ映画のblog
クロニクル 原題:Chronicle 監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、マイケル・ケリー、他 2012/アメリカ 公式ウェブサイト クロニクル=記録映像ということらしい。 特殊能力を手にした高校生の《クロニクル》 新しい才能の出現である。 映画の全てにおいて《どこか危うい》 物語、登場人物の若者たち、...
2013/10/24(木) 19:24:45 | gala
CHRONICLE 2012年 アメリカ 84分 SF/アクション/青春 PG12 劇場公開(2013/09/27) 監督:ジョシュ・トランク 原案:ジョシュ・トランク 出演: デイン・デハーン:アンドリュー アレックス・ラッセル:マット マイケル・B・ジョーダン:スティーブ マイケ...
2013/12/07(土) 03:53:47 | 銀幕大帝α
超能力を手にした少年達の行く果てとは…。面白かったです! 本来手で持つカメラを、力を手に入れたことによってそれを操り自由自在に撮る事が出来るというところが新しい。そういう設定の演出をいれたことで、カメラに関しても面白くなっている。 また、力を手にした少年たちが、かならずしもヒーローだとは限らない。 最初はあくまでも「遊び」の範疇で能力を使っていた彼らが、次第にその絶大な力に翻弄され、強...
2013/12/09(月) 09:00:22 | いやいやえん
監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン 【解説】 ごく普通の生活を送っていた高校生たちが、突如として超能力者として覚醒したことから思わぬ事態に身を投じていくSF作。メガホンを取るのは、テレビドラマ「...
2013/12/23(月) 07:47:55 | タケヤと愉快な仲間達
 2013年マイベストテンで9位はクロニクル 作品情報 2013年米国映画 監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、 マイケル・B・ジョーダン 上映時間:84分 評価★★★★(五段階) 鑑賞場所(イオンシネマネット配信) …
2014/01/06(月) 08:06:51 | 映画好きパパの鑑賞日記
映画「クロニクル」★★★☆DVD鑑賞 デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、 マイケル・B・ジョーダン出演 ジョシュ・トランク 監督 84分、2013年9月27日公開 2011,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:CHRONICLE)
2014/02/03(月) 16:17:37 | soramove