酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「眠れる美女・・・・・評価額1600円」
2013年10月08日 (火) | 編集 |
三つの物語、三つの選択、三つの愛。

予備知識無しで観たので、てっきりマルコ・ベロッキオが川端康成を映画化したのかと思っていたら、ぜんぜん違った。
イタリアで国論を二分した、エルアーナ・エングラーロの尊厳死事件という実話を題材に、三人の「眠れる美女」を巡る、三つの愛の物語が描かれる。
事故で17年間植物状態にあったエルアーナの両親は、娘の尊厳を守るために延命措置の停止を求めたが、自殺を大罪とするカソリックの影響の強いイタリアにあって、彼らは長い裁判を闘わねばならなかった。
ようやく2008年になって最高裁が両親の訴えを認める判決を出したものの、実際に延命措置の停止を行う病院の前には賛成・反対両派のデモ隊が陣取り、国会では保守派のベルルスコーニ首相も、エルアーナの延命措置を続行させる法案の採決を目指していた。
映画は、彼女の生死を巡りイタリアが深く葛藤していた、2009年2月を舞台に展開する。

一つ目の物語は、保守政党に属するウリアーノ・ベルファッディ議員とその娘のマリアの物語。
ウリアーノは妻を尊厳死させた経験があり、自らの信念を曲げてまでエルアーナの延命措置を続行させる法案に賛成票を投じるか迷っている。
一方、マリアは母の死に際しての父の行動に不信感を抱き、逆に延命賛成のデモに参加を決めるのだ。
ここでは、姿なきエルアーナの存在が、父娘の間に横たわる過去の傷を浮かび上がらせるのである。

二つ目は、真面目な医師バリッドと、自殺未遂して昏睡状態に陥る薬物依存症の女ロッサの物語。
彼の務める病院では、同僚の医師たちが患者の治療そっちのけで、エルアーナがいつ死ぬかを賭けの対象にしている。
そんな殺伐とした職場で、バリッドは死に魅せられた一人の患者を救うために、ただ彼女に寄り添う。

最後は、植物状態の娘の看護のために、栄光のキャリアを捨てた伝説的大女優と俳優志望の息子フェデリコの物語。
彼女は娘と同じ境遇のエルアーナの報道に心をかき乱され、ひたすら奇蹟を神に祈り続ける日々を送っている。
女優としての母を崇拝し、彼女からの愛に渇望する息子は、母を振り向かせるためにある行動に出るのだ。

ベロッキオは、エルアーナ事件に対するイタリア社会のあまりに保守的な反応への憤りから、この映画を企画したそうだが、着想から実際に制作するまでに二年かけている。
おそらくは考えに考えて、事実をそのまま映画化するだけでは、描ききれないと判断したのだろう。
ある種のマクガフィンとしてエルアーナの存在が背景にあるものの、それぞれのエピソード間に直接的なつながりは無く、三つの物語が断続的に平行して描かれ、最後まで絡み合う事はない。
この挑戦的な作劇のスタイルは、キャラクターへの安易な感情移入を拒絶し、観客に物語からの一定の距離感をキープさせるのである。

もちろん尊厳死の問題は、宗教的な部分も含む個人の死生観が大きく影響してくるから、これが正しいという結論を出すのは難しい。
本作の三つの物語も、明確なオチがある話は一つもないのだ。
ベロッキオ自身が一番自身の感情に近く描いているのは、やはり議員のウリアーノだろうが、映画そのものは特定のイデオロギーの立場をとらない。
観客は三人の眠れる美女を巡る、人間たちの葛藤とそれぞれの選択を冷静に眺め、自らの心に生じた波紋に対して自問自答する事になるのである。
物語に対して、完全な答えやメッセージを求める人には物足りないかもしれないが、人間を真摯に見つめた重厚なドラマは見応え十分だ。

本筋とは関係ないが、ちょっと面白かったのが、イタリアの議会に精神科医が常駐していて、建物の中に(?)ローマ風呂があるという描写。
議員たちが浴場のモニターで政局を眺めている画は、「テルマエ」っぽくてなかなかシュールだったが、これは本当にあるのだろうか。

カソリックの文化が重要な背景となっている本作だが、キリスト教ではワインはキリストの血に例えられる。
今回は今回は、イタリアはトスカーナからテヌータ・ディ・トリノーロ「レ・クーポレ・ディ・トリノーロ」の2009をチョイス。
パワフルなボディの赤で、滑らかな舌触り、フルーティさと微妙なスパイシーさのバランスも良い。
味のレベルを考えれば、コストパフォーマンスも抜群だ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2009年、植物状態の女性エルアーナの尊厳死をめぐり、イタリアでは賛否両論の大論争やデモが巻き起こっている。 上院では彼女の延命措置を続行させるための暫定法案の強行採決が行われようとしており、保守系議員ウリアーノは頭を悩ませていた…。 勤務医パッリドの病院では、エルアーナの死期を賭ける職員まで出る始末…。 エルアーナと同じく植物状態の娘の看病に専念している大女優は、そんな報道を見て涙を流して...
2013/10/09(水) 17:16:01 | 象のロケット