酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「危険なプロット・・・・・評価額1700円」
2013年11月05日 (火) | 編集 |
「続く」の先にあるものは?

フランソワ・オゾンが描く物語の迷宮。
小説家崩れの国語教師ジェルマンは、新学期早々に出した“週末の出来事”を書く作文の宿題で、クロードという生徒の提出した作品に目を留める。
それは彼が類型的な郊外の中流家庭である友人の家族を皮肉りながら、友人の母に魅せられてゆく様を描いた私小説の様な作品だった。
独特の文体と人間観察の鋭さに、自らは恵まれなかった才能を感じとったジェルマンは、彼に“続き”を書かせるための個別指導にのめり込むが、やがてその小説はフィクションを越えて現実を侵食してゆく。

短編作家として知られたオゾンのはじめての長編作品となったのは、1998年の「ホームドラマ」である。
この作品はまるで舞台劇のようにスクリーン上の緞帳が開き、郊外の豪華な一軒の前に車が止まり、父親が帰って来るところから始まる。
家の中から聞こえる楽しげな「ハッピーバースデー」の歌声は、すぐにただならぬ叫び声へと変わり、銃声が響き渡ると静寂へ。
一体この家で何が起こったのか?
観客の心をつかみ、続きを期待させる秀逸なオープニング。
本作の主人公ジェルマンも、そんな物語のマジックに捕まってしまった一人だ。
「ホームドラマ」の場合は、父親が一匹のネズミを買ってきた事から、それまで隠されていた家族が次々と本性をさらけ出し、平和な家族が崩壊してゆくが、本作において “郊外の家族”はクロードの書く小説の中へと閉じ込められる。
ジェルマンは、危険な官能の香りを漂わせる小説の魔力に魅せられ、その続きが知りたくて、いやその続きを書きたくてたまらない。

昔本を一冊出したものの、小説家としては成功できなかったジェルマンは、若く才能にあふれるクロードの指導を通して、自らの暗い欲望を満たすチャンスを見出すのだ。
教師という立場でクロードを思いのままに操る事で、嘗て果たせなかった物語の支配を達成しようとしているのである。
しかし、いつしか映画の中で語られる物語という入れ子構造の複雑性の中で、その関係は逆転してゆく。
客観的な読者であり、論評する立場であったはずのジェルマンは、美青年エルンスト・ウンハウアー演じるクロードの物語に自ら立ち入り、その帰趨する先をコントロールしようとするが、実は現実の方が小説の影響を受け始めている事に気づかない。
同様にクロードもまたジェルマンとの共同作業に混乱し、書き手としての客観性を失ってゆくのである。
マリオネットの様に操られているのは、クロードかジェルマンか、それとも人間か小説か。

二人の主人公の創造を巡る葛藤は、もちろんオゾン自身の投影であり、それゆえに本作の結末はビターでありながらも、「ホームドラマ」のはじまりにも似た、実に映画的なワクワクする情感に満ちている。
本作はミステリアスな心理劇であるのと同時に、ある種の物語論であり作家論ともなっており、オゾンの過去の作品を紐解く上でも興味深い作品と言えるだろう。
面白いのは、主人公のジェルマンを演じるファブリス・ルキーニが、独特のせっかちな喋り方、自虐的なキャラクターだけでなく、ウッディ・アレンに見えてしょうがない事である。
劇中には「マッチポイント」のポスターも出てきたし、オゾンはアレンに何か思い入れがあるのだろうか。
まあ考えてみると、作家性という点ではなんとなく通じる所がある気もするけど。

いつの間にか現実とフィクションの関係性が入れ替わる、悪夢的構造を持つ本作には「ドリーム」をチョイス。
ブランデー40mlとキュラソー20ml、それにペルノ1dashをシェイクしてグラスに注ぐ。
やわらかそうなオレンジの色合の甘味なカクテルだが、当然かなり強く、ペルノが香り付けとしていいアクセントになっている。
ほどほどに飲めば、映画とは違って良い夢を見られそうだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ルキーニさん
どうも私の中で彼のイメージって、ちょいエロおやじっぽい役なんですよね。そういうのが多い俳優さんです。
アレンっぽいっていうのは同感。ルキーニさんもお齢を召したなとこの映画でも思いました。なので似て来たのかもしれません。
外見だけじゃなくて、内容も言葉遊びっぽい雰囲気で、この軽妙さもアレンっぽいなと思いました。
2013/11/08(金) 07:29:15 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
虚実が入り混じる作文とというのは分かっていながらも、やっぱりはらはらさせられました。舞台向けの内容なのかな、とも感じました。ちくりと痛い気がするそんなクライマックスからラストでした。
クリスティン・スコット・トーマスがこんな役で出ていて本人も楽しまれたのではないでしょうか。「Salmon fishing in Yemen」でも政府の広報責任者として怪演してましたが、ここでもコメディアンヌのようでそれもうれしいおまけでした。
2013/11/09(土) 19:46:01 | URL | さゆりん #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>rose_chocolatさん
確かにちょっとエロっぽい。
小説もちょっと官能的な方向へ行きそうで、その続きも読みたそうだったし(笑
アレンっぽいのは意識してるのかなあと。
劇中にポスター出してるのもオマージュなのかも。

>さゆりんさん
物語と現実が絡み合うという構造は昔からありますが、やはり上手い人が撮るとスリリングです。
役者たちもそれぞれがピタッとはまっていて、視覚的にも物語的にも実に密度の濃い作品でしたね。
複雑な味わいのカクテルみたいな映画でした。
2013/11/11(月) 22:57:31 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
おお、ノラネコさんのレビューがおもろい。
誰が主導権を握っているのかが混乱していくってのは確かにそうかもしれない。
仮にこの物語が推理小説で、出来事の全てを誰かが制御しているとして、それをもっとも意外性のある人物に割り当てるなら・・・・・・双子だな(笑)。実は経済力で全てを支配してる。
2014/03/21(金) 09:35:07 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじきさん
これ映像でもそれっぽく作ってあるけど、正に物語の迷宮。
最後のカットなんて建物が作家の脳みそみたいに見えてくるでしょう。
2014/03/25(火) 23:05:29 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いや〜面白かった。 宣伝文句にあった「息詰まる心理戦」ってのとは何かちょっと違う感じがするけど、各登場人物の心理描写はゾクゾク来る。 教師の指導によって生徒が作文の才能 ...
2013/11/06(水) 00:57:22 | 時間の無駄と言わないで
 『危険なプロット』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)予告編を見て面白いと思い映画館に行ってきました(注1)。  高校の国語の教師・ジェルマン(ファブリス・ルキーニ)が主人公。  彼は家で、生徒が課題(「週末のこと」)で書いた作文を読みますが、出来が悪...
2013/11/06(水) 06:40:11 | 映画的・絵画的・音楽的
かつて作家を志していた高校の国語教師ジェルマンは、画廊で働く妻ジャンヌと二人暮らし。 彼は、クロードという男子生徒の作文に心を掴まれる。 それは同級生ラファ宅の“平凡”な家庭の様子を皮肉たっぷりに綴ったもので、内容は不適切ながら文章力は傑出していた。 クロードの才能に惚れ込んだジェルマンは、彼に個人指導を申し出る。 ラファ宅を訪れては「続き」を書くクロードに協力するため、ジェルマンは教師とし...
2013/11/06(水) 08:08:49 | 象のロケット
危険なプロットDans la maison/In the House/監督:フランソワ・オゾン/2012年/フランス ピザと携帯で出来た生活の中にも、きっとなにかが潜んでいるのだ ヒューマントラストシネマ有楽町F列で鑑賞。予告を1回見て、鑑賞リストに入れました。最初はね、ファブリス・ルキーニが出ているので、おじいちゃん映画だ! うふ! って思ってましたが、エルンスト・ウンハウワーの得体の...
2013/11/06(水) 10:34:07 | 映画感想 * FRAGILE
原題: Dans la maison / In The House 監督: フランソワ・オゾン 出演: ファブリス・ルキーニ 、クリスティン・スコット・トーマス 、エマニュエル・セニエ 、ドゥニ・メノーシェ 、エルンスト・ウンハウワー 、バスティアン・ウゲット 【フランス映画祭...
2013/11/08(金) 07:26:11 | Nice One!! @goo
結構引き込まれて面白かった。
2013/11/11(月) 00:19:36 | だらだら無気力ブログ!
ランキングクリックしてね ←please click 昔のは殆ど観てたけど、ここ近年の2本は観てなくて2009年の「Rickyリッキー」以来で鑑賞となる フランソワ・オゾン監督作。  生徒と先生、男同士、、、禁断の ..... という話では ない  かつ...
2013/11/13(水) 00:52:42 | 我想一個人映画美的女人blog
フランソワ・オゾン監督が、文才あふれる少年と彼に翻弄される国語教師が繰り広げる心理戦を描いた作品。かつて作家を目指していた高校教師ジェルマンは、生徒たちの作文を採点している最中、男子生徒クロードが書いた文章に目を留める。それは、あるクラスメイトとその家...
2014/01/03(金) 23:29:18 | パピとママ映画のblog
スペイン作家の戯曲を原作にフランソワ・オゾン監督が描いたサスペンスです。 昨年の劇場公開時に見逃していたのですけど、中年の教師と男子生徒が向かい合っている予告編を観て、 どんな物語なのだろうと気になっていました。 次第に教師と生徒のパワーバランスが傾いていく展開に、最後まで目が離せませんでした。
2014/02/19(水) 23:16:20 | とりあえず、コメントです
五つ星評価で【★★★★なんて、うめーんだオゾン】 元は演劇作品(戯曲)らしい。 だから、これが面白いのはシナリオの力による所が大きいのかもしれないが、 まあ、そうは言 ...
2014/03/22(土) 00:06:13 | ふじき78の死屍累々映画日記
いやあ 堪能!! フランソワオゾン監督の「危険なプロット」  見事な!!!ほんとに見事としか言いようなし!の作品ざんした。 わたくしの映画的「ツボ」刺激しまくりで 今年に入って観た作品の中で一番の収穫かもしれない。 たださこれ「コメディ」っつうんだけど …
2014/06/19(木) 16:13:29 | 映画に耽溺
【概略】 作家になる夢を諦めた高校の国語教師・ジェルマンは、生徒のひとりであるクロードが書いた作文に才能を感じ取り、彼に小説の書き方を個人指導していくのだが…。 サスペンス 文才にあふれる青年に翻弄される国語教師ですね。退屈な日々を送る国語教師のジェルマンは、生徒のクロードが書いた作文に惹かれ、彼に小説の書き方を手ほどきします。才能を開花させたクロードは、クラスメイトの母...
2014/12/14(日) 09:20:59 | いやいやえん
そーゆー指導しちゃって、まー、先生ったら!
2014/12/20(土) 15:56:04 | 或る日の出来事