酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ばしゃ馬さんとビッグマウス・・・・・評価額1600円」
2013年11月11日 (月) | 編集 |
人生は、シナリオどおりに進まない。

今やってる仕事の制作が佳境を迎え、生みの苦しみから一時逃れるために映画に行ったら、ものすごくリアルな創作の葛藤の物語を見せられて、余計に苦しくなったというオチ(笑
まあ私の悩みはともかく、映画自体はすばらしい仕上がり。
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」はシナリオライターを目指す二人の主人公を通して、夢を目指すこと、夢を手放すことの意味を問う、青春映画の佳作である。
原稿に綴られる言葉一つ一つが、そのままシームレスに映像へと繋がる秀逸なオープニングに心をつかまれる。

麻生久美子演じるばしゃ馬さんこと馬渕みち代は、シナリオの道を志して十数年、ただの一度もコンテストに通った事がない。
自分の才能の無さを自覚しつつも、ただひたすらストイックに寝る間も惜しんで原稿を書き続ける。
そんなみち代が、もう一度初心に戻るために受講したビギナー向けのシナリオ講座で出会うのが、ビッグマウスこと天童義美だ。
安田章大が不思議な存在感で演じるこのキャラクターは、自分はまだ一行もシナリオを書いた事が無いくせに、誰に対しても偉そうな上から目線でダメ出しをする。
所謂「オレはまだ本気出してないだけ」な自称天才ダメ男だ。

正に水と油の二人は当然の様に反発しあうのだけど、実は創作の仕事をしている人は、本物の大天才でない限り、誰でも自分の中にばしゃ馬さんとビッグマウスを両方宿していると思う。
正確に言えば、ほとんどの人はビッグマウスを経てばしゃ馬さんになるのだ。
劇中、義美がいかに尊大でバカかを元彼に語るみち代に、昔の彼女を知る元彼は「みち代も昔はそうだったじゃないか」と言う。
挫折を知らない若い頃は、本気で世界は自分のもの、自分が頑張れば何でも出来る、何でも叶うと思っている。
しかし、大きな夢を抱いて実社会に打って出て、何時しかそんな考えは打ち砕かれ、やがて人は選択する。
夢破れて身の程を知り、全く別の道に転進するか、どんなに惨めでも、報われなくても夢にしがみついて生きるか。
本作はそんな人生の岐路に立ったばしゃ馬さんと、ようやく夢への第一歩を歩みだしたばかりのビッグマウスの、青春の始まりと終わりのコントラストが生み出すビターな光と影の物語。

みち代と義美のそれぞれの家族のエピソードや、同じシナリオ講座の生徒で、一握りの成功者となるマツキヨさんのエピソードなど、サブストーリーも本筋と絡み合いうまく機能している。
多分に吉田恵輔監督の実体験が反映されていそうなこの作品、特に物作りを生業にしている人で、全く感情移入できないという人はまずいないのではないだろうか。
思うに、創作の世界で生き残っているのは、ばしゃ馬さんになりつつも、根拠の無い自信とか、どこかビッグマウス的な部分を残している人が多い気がするな。
クリエイターは「Stay hungry, Stay foolish」であれという事か。

今回はばしゃ馬さんと飲みたい日本酒、演じる麻生久美子の地元、千葉県は田中酒造店の「旭鶴 勘三郎 大吟醸酒」をチョイス。
千葉は水源が豊富で、田舎町の小さな蔵元が多い。
殆どが地産地消されてしまうので、他地域にはあまり出回らない銘柄が多いが、こちらはパワフルなボディのコクのあるやや辛口。
このエリアを訪れる事があったらお土産にもお勧めだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ばしゃ馬さんが戻って来る続編「ばしゃ馬さんとばしゃ馬くん」が出来たらもっときついだろうなあ。

麻生久美子さんは千葉なのですか? なんとなく東北美人っぽいイメージを思ってましたが。あ、でも、『カンゾー先生』は南国風だったし、役者やねえ。
2013/12/13(金) 10:08:46 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじき78さん
いや、ばしゃ馬さんはもう農耕馬くらいに脱皮してる気がします(笑
麻生久美子は言われてみればなんとなく東北っぽいイメージありますね。
実際は千葉県民だけど。
2013/12/15(日) 22:46:12 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
□作品オフィシャルサイト 「ばしゃ馬さんとビッグマウス」□監督 吉田恵輔 □脚本 吉田恵輔、仁志原 了□キャスト 麻生久美子、安田章大、岡田義徳、山田真歩、       清水 優、秋野暢子、松金よね子、井上 順■鑑賞日 11月4日(月)■劇場 横浜ブルグ13...
2013/11/12(火) 00:11:06 | 京の昼寝〜♪
 『ばしゃ馬さんとビッグマウス』を渋谷のシネクイントで見ました。 (1)久しぶりに麻生久美子が出演する映画だというので映画館に出向きました(注1)。  主人公は、プロの脚本家を目指し、“ばしゃ馬”のようにせっせと脚本書きに精を出す34歳の馬渕みち代(麻生久美子...
2013/11/12(火) 07:37:37 | 映画的・絵画的・音楽的
映画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』は、『純喫茶磯辺』『さんかく』の吉田恵輔監督だ
2013/11/12(火) 14:08:58 | 大江戸時夫の東京温度
『純喫茶磯辺』『さんかく』などの吉田恵輔による青春ラブコメディ。一心不乱にシナリオ執筆に励むものの芽が出ない女と、あまりシナリオを書いたことがないのに他者の批評ばかりする男が、シナリオスクールで出会ったことから巻き起こる騒動と恋の行方を、笑いと涙を交え...
2013/11/14(木) 17:58:25 | パピとママ映画のblog
脚本家志望の超ストイックな“ばしゃ馬さん”こと馬淵みち代・34歳と、自称もうすぐ天才脚本家の超自信過剰な“ビッグマウス野郎”こと天童義美・28歳は、同じシナリオスクールに通う生徒。 馬淵は、学生の頃からコンクールに応募しているが、一次選考にさえ残ったことがない。 天童は、他人の作品に毒舌を吐き講釈を垂れるものの、実はまだ一度も作品を書いたことがないのだった…。 コメディ。
2013/11/15(金) 13:50:16 | 象のロケット
『机のなかみ』『純喫茶磯辺』や『さんかく』の吉田恵輔監督3年ぶりの新作にして劇場映画4作目となる『ばしゃ馬さんとビッグマウス』盟友仁志原了と共同脚本。出演は麻生久美子、関ジャニ∞の安田章大、岡田義徳、
2013/11/25(月) 09:07:28 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
五つ星評価で【★★★素晴らしい事は重々承知】 いい映画だ。 そして、あざとい。 世の中のほとんどの誰もが人生の中で「ばしゃ馬さん」の時期を通り越した末に、今を生きてい ...
2013/12/14(土) 00:06:17 | ふじき78の死屍累々映画日記