酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「キャリー・・・・・評価額1500円」
2013年11月14日 (木) | 編集 |
ただ、普通でいたかっただけなのに。

スティーブン・キング原作、ブライアン・デ・パルマ監督によるSFスリラーの金字塔「キャリー」の、37年ぶりの劇場用映画としてのリメイク。
今回、シシー・スペイセクとパイパー・ローリーの代表作となった悲劇の母娘を演じるのは、クロエ・グレース・モレッツとジュリアン・ムーアだ。
元々デ・パルマ版からしてそうなのだが、本作も原作の流れに極めて忠実。
更にオリジナルへのリスペクトを公言するキンバリー・ピアース監督は、ビジュアルイメージも含めてデ・パルマへのオマージュを捧げる。
旧作を知る観客としては、次に何が起こるかを知っているからこそ、逆に切なさがこみ上げてくるのだ。
ただ、基本オリジナルのモダナイズという作りではあるものの、異なる点も幾つかある。

何よりも決定的に違うのが、タイトルロールを演じるクロエちゃんが、どこからどう見ても美少女以外の何者でもないという事である。
失礼ながら、容姿端麗とは言いがたいシシー・スペイセクが演じたキャリーは、見るからにネクラでパッとせず、いじめられっこ設定に圧倒的な説得力があった。
思いもよらずプロムに誘われて、うれしそうに自分でドレスを縫う姿は、それまでの強烈なネガティブオーラゆえに観る者の心を強烈に揺さぶるのだ。
一方のこちらは、クラスの全女子の中で明らかにキャリーが一番カワイイじゃないか(笑
いくらブス芝居をしても素材の良さは隠しようがなく、こんな娘がスクールカースト最下層というのはちょっと無理があった。
もっとも、そのあたりはピアース監督も心得ていて、本作ではキャリーへの心情的な寄り添い方のベクトルが少々異なっているのだ。

リメイク版の作劇上の最大の特徴は、キャリーの超能力に対するスタンスである。
最後に観たのはだいぶ前なので記憶がおぼろだが、オリジナルではキャリー自身も忌むべき力と認識していたはずの超能力を、本作ではむしろ積極的に調べ上げ、自らの力として習得してしまう。
ゆえに本作におけるキャリーの能力は、オリジナルにおける思春期のコンプレックスによって顕在化し、制御不能となった感情の大暴走とは意味づけが違うのだ。
むしろ先日公開された「クロニクル」の、現状の不条理に対する攻撃性、怒りのメタファーとしての超能力の方が近いかもしれない。
いわば力を手にした能動的マイノリティによる、マジョリティの抑圧に対するテロリズムと位置づければ分かりやすいだろう。
例えばプロムのパートナーとしてキャリーを誘うトミーや、親切な先生の位置づけなど、オリジナルとの微妙な差異も、そもそものキャリーのキャラクター変化の結果と思えばしっくり来るのである。

もちろん、この37年間の映像技術の進化は凄まじく、怒りと破壊の化身と化したキャリーが引き起こす、阿鼻叫喚のクライマックスのスペクタクル描写は迫力満点だ。
比較的低予算だったオリジナルでは手を出す事が出来なかった終盤のある部分も、今回はバッチリ描かれる。
本作をデ・パルマ版と比較して、作家性を前面に出した全く新しいイメージを期待するなら、やや拍子抜けだろう。
しかし、旧作を忠実にトレースした上である程度の現代的な改変を加え、最新の視覚効果でデコレーションしたバージョンとして観ればよく出来ている。
そもそも、デ・パルマ版を全く知らない世代も増えている現在、こういう方向性も十分アリだろうと思う。

今回は、大人っぽくなったクロエちゃんのイメージで、ピンクがかった赤色が印象的な「ルビーカシス」をチョイス。
氷を入れたタンブラーに、クレーム・ド・カシス30ml、ドライ・ベルモット20ml、適量のトニックウォーターを加えてステアする。
クレーム・ド・カシスの甘酸っぱさとドライ・ベルモットの香草の清涼感が、バランスしながら引き立てあい、とても飲みやすくスッキリとした味わいだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね

こちらもお願い




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私が言いたかったことがクロネコさんのところで的確にレビューされておりました。そうなんですよね、オリジナルとは寄り添い方が違うんですよね。

シシー版キャリーは気の毒で同情はするものの共感は出来ません。最後まで悲しいお話。対してクロエ版はいじめっ子たちへの復讐に爽快感みたいなものが得られて、クライマックスはイケイケゴーゴーで応援したくなっちゃうんですよね(笑)。

もちろんストーリーを知っていたからというのもありますけど、そもそもオリジナル越えはハードルが高いですし、これはこれでクロエちゃんが楽しめてヨカッタと思いました。
2013/11/15(金) 09:45:15 | URL | かのん #.2cgsHzE[ 編集]
こんにちは。
ツイッターでも呟いたのですが、
この映画はスティーヴン・キングの原作を、
今度はどのように料理したかで語るほうがいいと思いました。
デ・パルマは、リンチやクローネンバーグなどと並ぶ特異な映像作家で、
あまり比較の対象とするには向いていないような…。
デ・パルマ版を観ていない人たちの感想を聞きたいところですが、
そんなに聞こえてこないということは
そもそも企画の失敗なのかも…。

2013/11/17(日) 15:14:37 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>かのんさん
一見旧作と似てはいますが、これはやはり時代を経た別物と捉えるべきでしょうね。
そもそもキャリーがクロエちゃんの時点で同じになりようが無いもの(笑
暴走ではなく青春の痛みを持った明確な復讐劇としてなかなか楽しめました。

>えいさん
デ・パルマは個性が強すぎて比較できないですよね。
思うに今回の作品はいっそピアース監督がオリジナルリスペクトをはずしちゃった方が受け入れやすかったのかも。
もっとも本国ではこちらもそれなりの評価を受けているんですけどね。
日本の映画市場が特殊だと考えたほうが良いでしょう。
2013/11/19(火) 23:12:30 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんちは。

凄い暴論を吐いてしまうと、生理の下りは使えなくなるが、いっそキャリーを女性に憧れる男の子にしちゃった方が成立するのかもしれない。何だかそういうお伽話と言う気もする(社会からのスポイルのされ方が半端なくなる)。
2013/12/08(日) 08:24:44 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじき78さん
何気に男版キャリーは「クロニクル」だと思ってます。
逆に女子のほうもグループの超能力者にしたら面白いかも。
余計に凄惨な復讐しそうだけど(笑
2013/12/11(水) 20:23:07 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キャリー@新宿明治安田生命ホール
2013/11/14(木) 22:39:06 | あーうぃ だにぇっと
スティーヴン・キング原作を再映画化(1976年にブライアン・デ・パルマ監督により映画化)『キャリー(Carrie)』主演はクロエ・グレース・モレッツ、監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピ
2013/11/15(金) 01:07:34 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
1976年にブライアン・デ・パルマ監督がスティーブン・キングの同名小説を映画化し大ヒットさせた名作ホラー『キャリー』をクロエ・グレース・モレッツ主演にリメイクした作品です。 ...
2013/11/15(金) 09:34:21 | カノンな日々
学校でいじめをずっと受けているキャリーが卒業ダンスパーティーの場で一線を超えた仕打ちをきっかけに怒りを爆発させて、いじめっ子たちに復讐する。考えてみるとこのお話は、キリスト教的だ。キャリーに謝りたいと思った人間は助かって、謝りたくない人間が死んでいる。理
2013/11/15(金) 16:53:37 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
地味で内気な女子高生のキャリーは、学校では変わり者扱いされ、家では狂信的な母親に厳しく監視され、孤独で鬱屈とした日々を送っていた。 遅すぎる初潮を迎えた日、キャリーは自分に物体を動かす超能力が備わってことを知る。 娘が他人と交流を持つことを極端に嫌う母親の反対を押し切って、キャリーは女子の人気を集めるトミーとプロム(卒業ダンスパーティ)に参加するのだが…。 ホラー。 PG-12。
2013/11/16(土) 23:33:04 | 象のロケット
(原題:Prometheus) ----これって噂の『キャリー』リメイク版だよね。 ブライアン・デ・パルマのファンとしては ちょっと複雑ニャんじゃニャいの? 「さすがフォーン。 よく分ってらっしゃる(笑)。 ぼくの長い映画鑑賞歴の中でも あの映画のイメージはひときわ鮮やか。...
2013/11/17(日) 15:09:24 | ラムの大通り
映画『キャリー』は、ブライアン・デ・パルマの出世作をクロエ・グレース・モレッツ主
2013/11/18(月) 22:37:38 | 大江戸時夫の東京温度
映画「キャリー(2013」★★★ クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア出演 キンバリー・ピアーズ 監督 100分、2013年11月8日より公開 2013,アメリカ,SPE (原題/原作:CARRIE)
2013/11/19(火) 20:19:08 | soramove
 CARRIE  ハイスクールに通う内気な少女、キャリー・ホワイト(クロエ・グレース・モレッ ツ)は、性的な物事を忌み嫌う狂信的な母親(ジュリアン・ムーア)に育てられ、 周囲から 「変人」 の烙印を押されていた。プロムも近いある日、そんなキャ リーにある 「変化」 が訪れる。  原作はスティーブン・キングのデビュー作にして、ホラー映画の金...
2013/11/26(火) 07:43:27 | 真紅のthinkingdays
有名作品のリメイクだから、どう作っても何かしら文句を言われそうなものだが、それにしては、それほど悪くはなかったと思う。
2013/11/30(土) 20:20:32 | 或る日の出来事
五つ星評価で【★★★クロエちゃんが可愛いという罠】 大雑把にそんなに前作デ・パルマ版と変わってはいない。 変わったのはキャリー、キャリーの母ちゃんを除いて、 それ以外 ...
2013/12/09(月) 00:06:29 | ふじき78の死屍累々映画日記
ホラーと言う意味では、やっぱりオリジナルの「キャリー」のほうがあってるかな。クロエちゃんだと可愛すぎなところがあって、その点シシー・スペイセクさんの色素の薄いキャリーは脆さを感じさせてくれて、病的な脆さをもつキャリーがプロムの惨劇を引き起こした時の狂気がクロエちゃんだと少々弱く強引に感じられてしまうのですよね。 リメイクとしてみないほうが、成功するでしょう。 その家庭環境と内気ゆえ(...
2014/03/12(水) 09:13:30 | いやいやえん
CARRIE 2013年 アメリカ 100分 ホラー/学園 PG12 劇場公開(2013/11/08) 監督: キンバリー・ピアース 原作: スティーヴン・キング『キャリー』 出演: クロエ・グレース・モレッツ:キャリー・ホワイト ジュリアン・ムーア:マーガレット・ホワイト ジュデ...
2014/03/12(水) 15:39:22 | 銀幕大帝α
キャリー 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)(2014/03/12)クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア 他商品詳細を見る 【CARRIE】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では 周囲から疎外されている女子高生キャリー(クロエ・グレース ・モレッツ)。彼女は、激しい興奮状態に陥るとある能力を使う こと...
2014/11/24(月) 19:03:40 | miaのmovie★DIARY
キャリー 母親から敬虔に育てられた娘が 高校でイジメに遭い、これまでの怒りを 爆発させた時... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:CARRIE 1976年版のリメイク
2015/05/31(日) 15:47:48 | cinema-days 映画な日々