酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ハンガー・ゲーム2・・・・・評価額1700円」
2013年12月29日 (日) | 編集 |
燃え広がった炎は、もう消せない。

スーザン・コリンズの同名ベストセラー小説を原作とする、サバイバルSF第二弾。
前作「ハンガー・ゲーム」で死のゲームを生き残ったカットニスとピータは、その後の平穏無事な人生を約束されたはずだった。
だが、カットニスの見せた機転と、ゲームのルールを覆した結果は、抑圧された大衆の意識を変化させる。
勝者カットニスとマネシカケスのシンボルを旗印に、革命の炎が燃え上がるのだ。
独裁政権を率いるスノー大統領は、歴代のゲームで生き残ったチャンピオンたちを集めた記念大会の開催を発表し、大衆の希望を体現するカットニスと、過去のゲームの勝者たちの抹殺を画策するのである。

この映画、全世界で興業的にも批評的にも成功した前作が、なぜか日本でだけ大コケ&酷評の嵐となってしまった結果、公開規模は縮小され、シネコンの箱も小さめ。
日本市場での失敗は、観客サイドが勝手にバトロワ的なキワ物を期待したゆえのギャップがあったと思う。
先入観は捨ててジュブナイル色の強いディストピアな人間ドラマとして観れば、なかなかに見応えのある作品なのだが、監督がゲイリー・ロスからフランシス・ローレンスにバトンタッチされたに作目は、前作を遥かに上回る傑作である。
元々この種のシリーズ化前提の作品は、世界観やキャラクター紹介が終わった二作目以降の方が出来る事が多いが、本作もサイモン・ボーファイとマイケル・アーントという名手二人の手による脚色が、実に上手く出来ている。

前回のゲームで、独裁政権を出し抜く奇策を使い、一人しか生き残れないという絶対のルールを打ち砕いたカットニスは、世界は意思と行動によって変えられるという事を人々に示した。
その事によって、本来大衆のガス抜きのはずだったゲームが、反体制の象徴となってしまい、結果的にカットニスは、自らの意思とは無関係に、危険分子として当局によって目をつけられ、再びゲームに送り込まれてしまうのである。
必然的に彼女の葛藤は、あくまでも自分が生き残る事だった前作から意識がぐっと広がって社会性を帯びたものとなり、その分苦悩も深くなる。
もうゲームなどには関わりたくない、ただ平和に暮らしたいという一人の人間としての願いと、大切な人々を守りたいという願い、そして無数の抑圧された大衆の希望のアイコンとしてのもう一人の自分との折り合い。
これは何も知らない田舎娘が、世界の現実を見て、様々な人と出会い、極限状態の中で成長を遂げてゆく物語なのである。

彼女だけでなく、相方のピータはもちろん、カットニスがゲームに志願する切っ掛けとなった妹のプリムら脇のキャラクターの人間的な成長もさり気なく描かれている。
またハンガー・ゲームのシークエンスも、物語の構造的な“仕掛け”と組み合わせて工夫されており、二番煎じにはなっていない。
ゲームの最中に起こる幾つもの事件と、敵か味方か分からない各キャラクターのしばしば引っかかる矛盾した行動が、終盤最終章へと向かう怒涛の流れに収束する一瞬は、物語のカタルシスを感じさせ、次回作への期待は高まるばかり。

しかし、観終わって真っ先に思うのは「早く続きを観せてくれ!」だ。
まあ、これはクライマックスに繋げるための「帝国の逆襲」であり「二つの塔」である訳だが、潔いぶった切り方に、マーベル映画のサービス精神がいかにありがたいか改めてわかった(笑
せめてちょこっとで良いから、予告編を見せて欲しかったなあ。
次回作を気長に待つか、思い切って原作を全部読んでしまうか、迷いどころである。

今回は、マネシカケスの衣装を纏ったカットニスのイメージで「ブルー・レディ」をチョイス。
ブルー・キュラソー30ml、ドライ・ジン15ml、レモン・ジュース15mlに卵白一つ分を加え、シェイクしてグラスに注ぐ。
卵白は混ざりにくいので、入念に。
グレナデンシロップ を使うピンク・レディの色違い版で、名前の通り鮮やかな青いカクテル。
卵白を入れないバリエーションもある様だが、入れたほうがやわらかい味わいになるので、個人的にはこちらが好きだ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
なぜか誰もが皆がカットニスを守る。カットニスに好感を持ち協力していく。田舎の娘の行動が人々の何かを目覚めさせていくのを見るのは痛快な感じすらします。そこは映画の王道だと感じます。
カットニスに対抗するのは絶対権力の大統領とサデスティックな新任司令官。この二人はろくな最後にならない気がします(笑)。でもドナルド・サザーランドは目だけで演技できるのがすごいです。
ウッディハレルソンというひとは、少しおかしな役もよく似合と思いますが、今回くたびれた感じの中にも真実と力を宿したヒッピー風の中道左派のようで、それこそお似合いなんだ、と改めて彼の魅力に気がつきました。
スタンリー・トウッチも1作目より断然2作目が素敵でした。
俳優はそれほど気にならないのですが、今回は良い印象がたくさん残りました。
脚本、脚色がしっかりしているとのことなので次回はカットニスたち若者の愛もプロットにうまく絡めて描いてくれたらなあ、と期待が募ります。
第二部である本作は第一作とは別もののように奥行きのある仕上りだと感じられ、楽しめました。有楽町で鑑賞したのですがカットニスのブローチ(鳥)までもらえてハッピイな年末です。
ノラネコさんは「パシフィック・リム」を2回以上見に行かれたそうですが、私はこの「ハンガー・ゲーム2」はもう一回観てもいいかなと思っています。なんだかそれほど「1」より一回り以上良くなって帰ってきてくれた感じがうれしいです。
2013/12/30(月) 21:24:49 | URL | さゆりん #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは
>さゆりんさん
この種の異世界物やアメコミ物はやはり世界観やキャラクターの紹介に時間がかかるんですよね。
だから二作目のほうがドラマを作りこめる傾向はあると思います。
「スターウォーズ」も「ロード・オブ・ザ・リング」も「スパイダーマン」も二作目の方が出来が良かったですし。
仰るようにキャラクターも今回のほうがぐっと奥行きが出ました。
私なぞエリザベス・バンクスにまでちょっと感情移入してしまったくらい(笑
2013/12/30(月) 21:32:42 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんにちは。
いやあ、この映画、
コメントもTBも少なかったです。
やはり日本では受けなかったのかな。
実にもったいない。
映画がよくできているばかりでなく
キャスティングだって
他の大作に見劣りしないのに…。
続編が日本公開されないってことは
よもやないとは思いますが…。
2014/02/02(日) 18:31:49 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>えいさん
そもそも1作目がコケたんで観てる人の絶対数が少ないんでしょうね。
本作みたいな映画を楽しめるかどうかというのはある程度アメリカの若者文化というかサブカルチャーの素養を試されると思うのです。
これが全く受けないという事は、やはり日本人全般が海外の文化に興味を失って内向きになってる事と無関係ではないのかなと思います。
2014/02/06(木) 22:26:31 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前作「ハンガー・ゲーム」でカットニスは勝者となり、故郷の第12地区へ帰還し、平和
2013/12/29(日) 18:39:37 | はらやんの映画徒然草
独裁国家パネムが毎年開催する究極のサバイバル・ゲーム「ハンガー・ゲーム」で死闘の末に生き残った少女カットニス。 彼女の勇気ある行動をきっかけに、革命の動きが国中に広がろうとしている中、次回「ハンガー・ゲーム」の特別ルールが発表される。 それは独裁者スノー大統領がカットニスを抹殺すべく仕掛けた、歴代勝者たちを戦わせる絶体絶命のゲームだった…。 サバイバル・アクション第2弾。
2013/12/30(月) 00:28:33 | 象のロケット
スーザン・コリンズのヒット小説を原作にした、サバイバルスリラーのシリーズ第2弾。少年少女たちが殺し合う「ハンガー・ゲーム」で勝ち残ったカットニスとピータが、新たなゲームに挑む姿を活写する。前作に引き続き、ジェニファー・ローレンスやジョシュ・ハッチャーソ...
2013/12/31(火) 00:29:41 | パピとママ映画のblog
スーザン・コリンズ著の同名小説を映画化したシリーズ第2弾です。 原作が大きく動いていく展開なので、映画も楽しみにしていました。 希望の象徴とされていく少女の葛藤と純真な心がジェニファー・ローレンスと共に体現されているような作品でした。
2014/01/05(日) 09:01:26 | とりあえず、コメントです
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆ハンガー・ゲーム シリーズ    前作の続きだったのでちょっとは期待していましたが    前半の各地域への凱旋シーンは、ちょっと長過ぎで    バトルシーンが少なく、最後のシーンは余分だったと思いました。...
2014/01/05(日) 09:39:23 | こみち
あれ?前作より面白くなってる・・・。
2014/01/06(月) 23:49:28 | だらだら無気力ブログ!
注・内容に触れています。スーザン・コリンズ原作とした「ハンガー・ゲーム」の続編『ハンガー・ゲーム2(THE HUNGER GAMES:CATCHING FIRE)』出演は前作に引き続きヒロイン、カット
2014/01/09(木) 20:45:53 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
(原題:THE HUNGER GAMES:CATCHING FIRE) ----ずいぶん間があいちゃったね。 忙しいのは分るけど、 そろそろ喋ってくれなくちゃ、 忘れられちゃうよ。 「そうなんだよね。 分っちゃいるんだけど…。 う〜ん。どれから話そうかな。 そうだ『ハンガー・ゲーム2』」 ---...
2014/01/11(土) 13:57:12 | ラムの大通り
 「コンスタンティン」のフランシス・ローレンス監督。「世界にひとつのプレイブック」のジェニファー・ローレンス主演。スーザン・コリンズのSF小説「ハンガー・ゲーム2 燃え広がる炎」を原作とする、シリーズ二作目。 前作も既にうっすらとした記憶しかなく、しかもレ
2014/01/16(木) 19:26:27 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
とりあえずは、続きなので観る。
2014/01/22(水) 09:33:33 | 或る日の出来事
ジェニファー・ローレンス主演の2作目。 独裁国家パネムが毎年開催し、選ばれた少年少女が最後の1人になるまで戦い続ける「ハンガー・ゲーム」を生き延びたカットニス。 節目の記念大会となる第75回ハンガー・ゲームが開催されることとなり、カットニス抹殺を企む独裁者スノーは、歴代のゲーム勝者を戦わせるという特別ルールを設けます。 一方で彼女の勇気ある行動をきっかけに、国家に対する革命の動きが国中...
2014/04/18(金) 10:21:00 | いやいやえん
THE HUNGER GAMES: CATCHING FIRE 2013年 アメリカ 147分 アクション/アドベンチャー/SF 劇場公開(2013/12/27) 監督: フランシス・ローレンス 原作: スーザン・コリンズ『ハンガー・ゲーム2 燃え広がる炎』 出演: ジェニファー・ローレンス:カット...
2014/04/20(日) 02:28:06 | 銀幕大帝α
映画『ハンガーゲーム2』を観ました! 前作『ハンガーゲーム』を観ていたので、上映中も観たかったのですが、娘が産まれてからは、映画館に行くことはなかなかできません。GW中 ...
2014/05/12(月) 23:59:21 | 年収650万円のサラリーマンが10倍の年収6500万円を目指す
今年、8月〜9月にかけてのこと。 北九州市内で現在開かれてる美術展の図録を作っておりました。 仕事の内容を細かく書き込むことは憚られるので詳細は書きませんが、(すごく)有名なアートディレクターの方、同じく(すごく)有名な写真家の方、もちろん作家の方自体も...
2014/10/12(日) 22:33:32 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画