酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「銀の匙 Silver Spoon・・・・・評価額1650円」
2014年03月18日 (火) | 編集 |
逃げた先に、希望はあるか。

ひょんな事から、北海道の農業高校に入学した都会育ちの主人公が、全く新しい環境に戸惑い葛藤しながらも、力強く成長してゆく姿を描く青春ストーリー。
原作コミックは未読だが、作者は「鋼の錬金術師」で知られる荒川弘。
ずいぶん違ったジャンルを描いてるなとは思っていたが、何でも彼女のご実家は北海道の酪農農家で、自身も農業高校を出ているらしい。
なるほど、これは自らの経験に裏打ちされた物語という事か。
ソフトなパッケージとは裏腹な、社会派映画も真っ青なリアリズムとハードなテーマも納得だ。
既に11巻まで出ている原作を、二時間の映画に纏めるにあたっては相当な取捨選択が行われているはずだが、吉田恵輔と高田亮による脚色は、お手本にしたくなるくらい上々の仕上がり。
全体が極めてロジカルに構成され、遊び心の部分まで含めて、要素が的確に物語に配されている。

映画は、主人公である八軒勇吾の高校生活最初の一年をフィーチャーする。
生徒の大半が地元の農家出身の中で、八軒は遠く札幌からやって来たよそ者だ。
実は彼は、エリート進学校からのドロップアウト組。
特に酪農に興味があったわけではなく、厳格な父親の期待の大きさに耐えかね、敷かれたレールを脱線して全寮制の農業高校へと逃げるように飛び込んだのだ。
しかし、葛藤から逃げてきた八軒は、直ぐに別種の葛藤と直面する事になる。
なにしろそこは、美味しく頂くための命を扱う所。
酪農科が扱う動物たちは、ペットではなく産業動物なのである。

入学して直ぐに、生まれたばかりの子豚の世話をすることになった八軒は、その子豚が数ヵ月後には食肉として出荷されると聞かされてショックを受ける。
動物を育て、殺さねばならない宿命。
商品として整然と並べられた食肉しか目にしない都会の消費者が、本当は知りたくない、目を背けておきたいこの世界の本当の姿だ。
農家育ちの同級生たちにバカにされつつも、自分なりに精一杯苦悶した八軒は、自ら育てた豚を自ら食すという事で、葛藤にけじめをつける。
屠畜のシーンなども、逃げずに描いてるのは真摯だ。

ところが、自分なりに酪農に向き合う決意を固めた八軒の前に、高校生の身ではどうする事も出来ない、日本の農業の置かれた厳しい現実が立ちはだかる。
いがみ合いながらも背中を押してくれていた同級生の実家農場が、経営破綻してしまうのだ。
ここで八軒は、常識に縛られない部外者だからこその発想で、周囲を強引に巻き込みながら、今困難な時を過ごす仲間たちへと力強いエールを贈る。
夢が無くたって、夢を失ったって、その時から新しい夢を探せば良い。
幾多の困難を乗り越えてきた開拓史の血を受け継ぎ、大地に根付いて生きる人々は、七転びしても八度起き上がるのだ。

主人公の八軒を、中島健人が好演。
吉田恵輔監督は、「ばしゃ馬さんとビッグマウス」でも関ジャニ∞の安田章大の個性を上手く生かしていたが、今回もジャニーズの若手を見事に化けさせた。
はじめは頼りなげだった八軒が、一年を経過した最後には逞しく見えてくる。
学園祭のクライマックス、ばんえい競馬の映像的なカタルシス、キラキラした青春映画としての熱気も十分だ。
これでもうちょっと広瀬アリスとの恋愛部分も、生っぽく突っ込んで描いてくれたら文句なしだったが、まあ若手アイドル俳優主演の少年漫画原作では難しいか。
それにしても広瀬アリスの家族の強面過ぎるキャスティングは、三池監督あたりへのオマージュなのだろうか(笑

今回は、明治9年に北海道に設立された開拓使麦種醸造所がルーツの、サッポロビールの北海道限定ブランド「サッポロ クラッシック」をチョイス。
既に30年近い歴史をもつ地域限定ビールの草分けで、ジャーマンスタイルの麦芽100%ビールは爽やかな喉越しと適度なコクをもつ。
地域限定と言ってもこの種のビールの中では生産量は多く、各地の北海道物産店やネット通販で購入する事ができる。
美味しいベーコンをおつまみに、アウトドアで飲みたい。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
五つ星評価で【★★★壊していなさが見事】    原作マンガは単行本を読んでて、アニメは未鑑賞。 原作マンガから、正しくエッセンスを抽出して組み立てたお手本みたいな映画 ...
2014/03/18(火) 22:07:04 | ふじき78の死屍累々映画日記
出演 中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木華、吹石一恵、哀川翔、竹内力、中村獅童他 池袋シネマ・ロサ 座席位置 2列目中央 評点・・・☆☆☆★★★ 上出来の部類 以下、facebookより転載 吉田恵輔監督「銀の匙 silver spoon」観ました。なんだかやたら吉田恵輔作品観
2014/03/19(水) 11:48:28 | タニプロダクション
受験に失敗し、寮があるからという理由だけで逃げるように大蝦夷農業高校(通称:エゾノー)に入学した八軒勇吾。 酪農科学科では、家畜の世話はもちろんの事、さまざまな実習があり、サラリーマン家庭で育った彼は驚きを隠せない。 更に、入部した馬術部の起床時間はなんと朝4時! 八軒は、将来の目標や夢を持っている同級生のアキや駒場たちに劣等感を感じ始める…。 青春ドラマ。
2014/03/21(金) 00:46:45 | 象のロケット
週刊少年サンデーで連載中の荒川弘原作コミックを『さんかく』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『麦子さんと』などの吉田恵輔監督が実写映画化した『銀の匙 Silver Spoon』主演はSexy Zoneの中
2014/03/21(金) 01:31:43 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
週刊少年サンデーで連載され人気を博しテレビアニメ化もされた荒川弘のコミックを、『麦子さんと』などの吉田恵輔監督が実写映画化した青春ドラマ。北海道の農業高校に入学した主人公が、酪農実習や部活に苦悩しながらも仲間たちと絆を深め、農業をめぐる理想と現実のはざ...
2014/03/23(日) 19:37:54 | パピとママ映画のblog
富士先生の再現度がスゲェ!
2014/03/24(月) 00:20:31 | だらだら無気力ブログ!
 『銀の匙 Silver Spoon』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)漫画が原作の映画ながら(注1)、このところ矢継ぎ早に映画が公開されている吉田恵輔監督の作品とのことで、映画館に行ってきました。  本作の舞台は、北海道にある大蝦夷農業高校・酪農科学科の1年生の...
2014/03/25(火) 21:22:40 | 映画的・絵画的・音楽的
「銀の匙 Silver Spoon」は進学校で挫折した少年が逃げるようにして全寮制の農業高校に入学してそこで夢もないまま過ごしていたが、次第にやりたい事を見つけて行くストーリーである。 ...
2014/03/27(木) 08:03:46 | オールマイティにコメンテート
 行方不明者がまだいるのに、犬の心配してる場合じゃない。  3.11のあと、そういう声があった。  たしかに行方不明者の捜索は重要だ。そこに異存はないけれど、だからといって犬や猫を保護するのがおかしいわけではない。  人間は助けるべきだが、犬や猫は後回しで良い、と主張する人にとって、人間と犬や猫のあいだには境界線があるのだろう。  一方、被災した犬や猫を助ける人たちの境界線は、必ずし...
2014/03/29(土) 08:30:22 | 映画のブログ
銀の匙 Silver Spoon '13:日本 ◆監督:吉田恵輔「さんかく」「麦子さんと」 ◆主演:中島健人、広瀬アリス、市川知宏、黒木華、上島竜兵、吹石一恵、西田尚美、吹越満、哀川翔、竹内力、石橋蓮司、中村獅童 ◆STORY◆受験失敗をきっかけに、北海道の大蝦夷農業高校へ...
2014/04/19(土) 23:35:51 | C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
映画「銀の匙 Silver Spoon」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 銀の匙 Silver Spoon 2014 ...
2014/12/24(水) 21:08:44 | 翼のインサイト競馬予想
【概略】 受験に失敗した八軒勇吾は、寮があるという理由で農業高校に入学。実習や部活に悪戦苦闘の日々を送る。 青春 酪農を扱う青春映画、農業高校の生活の中で成長していく人間模様を描く。 原作もアニメもみたことがありません。 「農業ってつらいよ。でもいいこともあるよ」の、いいこともあるよの部分の表現がちょっと薄いかなあ。 シビアな現実が次々と目の前に訪れる中、主人公・八...
2015/02/23(月) 09:37:13 | いやいやえん
タマコが最高w 演じた安田カナさんを思わず調べちゃったw 人気漫画の映像化。 豚丼育てて、肉になって、ピザ作って、御影の家でバイトして、失敗して、ばんえい競馬見て、駒場が ...
2015/04/21(火) 15:13:04 | ドラマでポン