酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ブルージャスミン・・・・・評価額1650円」
2014年05月23日 (金) | 編集 |
ジャスミンは夜、密かに咲く。

ここしばらくのヨーロッパ観光地巡りに飽きたのか、久々に母国へ戻ってきたウッディ・アレンの、ビターでアイロニカルなヒューマンドラマ。
今回アレン翁の俎上にあげられるのは、21世紀に入ってから加熱する一方のアメリカのセレブカルチャーだ。
主人公のジャスミンは、ニューヨークでの金満セレブ生活から転落、一文無しとなってサンフランシスコに住む妹ジンジャーのアパートへと転がり込む。
ところが、贅沢三昧が体に染み付いた彼女は、どうしても過去の栄光から逃れる事が出来ないのである。

この映画では、アレンの拠点でもあるニューヨークは、いわば虚飾を象徴する街として描かれる。
ジャスミンの夫のハルは大富豪だが、莫大な資産の中身はというと、投資詐欺を繰り返して得た他人の金。
巧みなマネーロンダリングによって司法の追及を免れてきたものの、要するに本来あるはずの無いあぶく銭に過ぎない。
その事には、ジャスミンもある程度気付いているのだが、彼女は夫の犯罪に見て見ぬふりをする事で自分を騙し、ニセモノの豊かさを享受する。
彼女にとっては、現実だろうが虚構だろうが、煌びやかなセレブ生活を送ることが出来ればそれで良いのだ。
何しろジャスミンという名前すら、本名のジャネットが“平凡すぎる”という理由で改名した程の、虚栄心の塊である。

対して大陸の反対側、妹たちの暮らすサンフランシスコは、人生の現実が見える街だ。
ジンジャーとその元夫や恋人たちも、決して裕福ではなく、それぞれに問題も抱えてはいるが、地に足をつけ堅実に歩んでいる。
この街にやって来たジャスミンも、最初は地道に生活を再建しようとするものの、やがて彼女は手っ取り早くセレブ生活に戻るために、またしてもウソにウソを重ねて他人の金を当てにし始めるのだ。
もちろん、懲りない女の下り坂にブレーキがかかるはずも無く、彼女の人生は完全破綻に向かって一直線。

ジャスミンの別名は、夜の女王
インドには、この花にまつわる悲しい伝説があるという。
古の王国の王女パーリジャータカは、太陽神の寵愛を受けていた。
だがしいつしか、太陽神は他の娘に心移りし、忘れ去られた王女は絶望のあまり自殺してしまう。
すると彼女のお墓からは、太陽神のいない夜の間だけ咲き、朝になると散ってしまうジャスミンが生えてきたのだとか。
まさしく、ジャスミンにとって望むものを何でも与えてくれる夫のハルは太陽であった。
そして伝説通り彼は浮気し、捨てられそうになった彼女は自ら全てを破壊してしまう。
しかし、ずっと虚構の人生を生きてきたジャスミンは、結局最後まで現実を見つめ、素の自分自身と向き合うことができなかった。
リアルな世界に居場所を見つけられない彼女が、全てを拒絶して最後に閉じこもるのは、自分の心の中しか無かったのである。

アレン作品には初出演のケイト・ブランシェットが、ネガティブオーラ全開でタイトルロールを演じ、圧巻の存在感。
いつもの優美さはセレブリティとしての取り繕った仮面に生かし、その実思い通りにならない現実への恨みのこもった目の演技は完全にイッちゃっててコワイ。
初のアカデミー主演女優賞という勲章も、納得の名演だ。

もの悲しくも少し可笑しいラストには、何となく既視感を覚える。
考えてみると、この映画の面白さとは、例えばワイドショーでスターや著名人のスキャンダルや転落人生を見るのに近いのではないか。
他人の不幸を消費して、楽しんでいる私たちにもまた、アレン翁の皮肉っぽい視線は注がれているのかも知れない。

今回は庶民でも飲めるロバート・モンダヴィ傘下の「ウッドブリッジ シャルドネ」を。
洋梨やリンゴ、オレンジ系のフルーティで爽やかな香り、味わいは口当たり良く、スッキリとしつつ余韻はしっかりと感じられる。
何よりもこのクオリティで1000円を切るコスパは、貧乏人の財布に優しい。
気取らない家飲みワインにピッタリだ。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
登場人物のほとんどが自分に自惚れてい(知性、お金、家柄、容姿、性格など)一時の幸福または策略におぼれ確認すべきことを怠って後に気付いて嘆くというなかで、妹の恋人は粗野で恐さも持っていますが真っ正直とも言える頼りがいのある人かもしれないと思いました。
おつむは少々弱くとも用心棒タイプの意義を再評価されたのかな、と(笑)。ジャスミンを新しい恋人に会うきっかけを作ってくれた女性などもディーセントな感じがします。
ですがそういう普通の人物がほとんど登場しない映画でした。みんなどこか虚栄心と欲望を秘めていておかしいです。

普通に生きるというのは今という時代はなかなか難しいのかもしれないと感じます。ノラネコさんがおっしゃられるような加速するセレブカルチャーがジャスミンだけでなく誰にでも影響を与えてしまっているからかもしれません。
ある種の乾いた諦観(監督が外部から眺めているからだとは思いますが)を感じた映画でした。我を失うというか自分を超えて背伸びしているというか、外部の価値観に染められているジャスミンタイプの人(ミニ・ジャスミン)は現実世界で普通にどこでも見かけるように思えてなりません。
2014/05/24(土) 08:22:07 | URL | さゆりん #mQop/nM.[ 編集]
笑えないけど可笑しい
ノラネコさん☆
なんとも笑うに笑えない、けどなんとも滑稽で可笑しい映画でした。
ジャスミンはある意味自分自身、それは男性でも女性でもある程度見に覚えがあったりするところでもありますね。
でも庶民代表のジンジャーが、身の丈にあった生活をして、自身が幸せと感じる暮らしが出来ていたら、それはもう勝ち組なのかもしれないですね。
2014/05/25(日) 00:39:18 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
女性の内部に・・・・
ウディ・アレンのシニカルで軽妙なタッチで描かれているこの作品、好きです。
ジャスミンの虚栄心や嫉妬心の塊は、程度の差こそあれ女性の内部にはあるのでは?
そしてそれだけを生きがいにしていると、失ったときに精神にも異常をきたすのでしょう。
白い香りの良いジャスミンにはノラネコさんが書かれたような伝説があるのですね。

テネシー・ウイリアムズの「欲望という名の電車」のブランチを想いながら観ました。
2014/05/26(月) 19:44:01 | URL | karinn #DadduFMg[ 編集]
こんばんは
>さゆりんさん
ぶちゃけ皆どうしょうもないんだけど、現状を受け入れないのはジャスミンだけなんですよね。
アタシはこんなはずじゃあない!って。オレはまだ本気出してないだけみたいな(笑
誰もがジャスミン的な部分は持ってるんだけど、彼女に可笑しさを感じてるうちはまだ大丈夫かな。

>ノルウェーまだ~むさん
自信なさ過ぎるのもダメですが、ありすぎるのも困ったものです。
理想の自分というのは誰もが持っているでしょうけど、普通はせいぜい妄想するだけ。
それを一度でも現実にしちゃったのが彼女の悲劇ですね。

>karinnさん
女性だけじゃなくて男性にもあると思いますよ。
程度の差はあれ誰の中にもジャスミンはいる。
おそらくアレンの中にもいて、彼一流の自虐視線であぶりだしているんでしょうね。
たぶん彼はこの伝説も知っていたんじゃないでしょうか。
全体の構図が似てますもん。
2014/05/27(火) 22:27:57 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
アレンの最高傑作だと思いました。
アレンが好きでたまらない私が気に入ったというのは、世間の評価とは全然違うんだなあ…というのが公開されてようやく気づいたのですが、
中には上から目線であるように感じる人が少なくないんですね。私には全くそうは思えなかったんですが…。
2014/06/05(木) 17:05:31 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
こんばんは
>とらねこさん
上から目線に感じる人がいるんですか?
相変わらず自虐的だなあとは思いましたけど(笑
むしろ自分の中のジャスミンに気付かされてしまうから、直感的に拒絶するのでは。
まあ私は元々それほどアレンに思いいれも無く、好きでも嫌いでもないのですが、彼の最近の作品の中では一番面白かったですね。
2014/06/07(土) 22:26:38 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画『ブルージャスミン』はウディ・アレン久々のクオリティーの高さ。最近のヨーロッ
2014/05/24(土) 00:05:15 | 大江戸時夫の東京温度
ブルージャスミン@一ツ橋ホール
2014/05/24(土) 21:11:43 | あーうぃ だにぇっと
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した作品。 他の作品の女優たちも、かなりいい演技だったからケイトが突出して素晴らしかったとは思えないけど、自然体でありながらも、人生に翻弄されて戸惑う心を表現した彼女の演技はやっぱり見事だった☆
2014/05/25(日) 00:20:47 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
上流階級から転落したヒロインが再起をかけて奮闘し、苦悩する姿を描いたドラマ。ニューヨークの資産家ハルと結婚し、セレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンは、ハ ...
2014/05/25(日) 22:08:42 | 気ままな映画生活
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しよ...
2014/05/26(月) 18:00:23 | パピとママ映画のblog
アメリカ・ニューヨークで、裕福な実業家の夫ハルとリッチな生活を送っていたエレガントな女性ジャスミンは、全てを失い今や酒と精神安定剤が手放せない。 庶民的なシングルマザーの妹ジンジャーの元に身を寄せるが、セレブ気分が抜けない彼女に周囲は呆れるばかり。 パーティーで知り合った独身のエリート外交官ドワイトと付き合い始めたジャスミンは、上流階級への返り咲きを夢見る…。 ヒューマンドラマ。
2014/05/26(月) 18:24:39 | 象のロケット
 『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を受賞したということで映画館に行ってきました。  本...
2014/05/26(月) 20:53:19 | 映画的・絵画的・音楽的
『ブルージャスミン』(Blue Jasmine)ウディ・アレン監督ケイト・ブランシェットが本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の主演女優賞を受賞した(他、各種映画賞多数)物語・ジャス
2014/06/01(日) 23:21:30 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。 今回の主演はケイト・ブランシェット。 彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞でオスカー獲得か?と騒がれている。 (The Aviatorでキャサリン...
2014/06/04(水) 01:05:51 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したウディ・アレン監督作です。 かなりブラックそうだけど、アカデミー賞だし…と気になっていたのでチャレンジしてみました。 さすがの演技とウディ・アレン監督の笑いにも通じるブラックさに、愛って怖い~と思いながら観ていました。
2014/06/07(土) 23:52:02 | とりあえず、コメントです
眼鏡をかけたスーツ姿のA×KAさんが逮捕された時は、おろろいた。某週刊誌の記事に掲載されていた薬物中毒疑惑は、たちまち確信にかわっていった。そもそも、今回の逮捕のきっかけは妻の通報によるという。どういう経緯があったのかわからないが、妻が夫を警察に通報し...
2014/06/08(日) 17:42:06 | 千の天使がバスケットボールする
 BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文に転落していた。血 の繋がらない妹で、シングルマザーのジンジャー(サリー・ホーキンス)の 元へ身を寄せ、心機一転を図るジャスミンだったが、華やかな生活が常に フラッシュバックし・・・。 ...
2014/06/12(木) 21:26:43 | 真紅のthinkingdays
ブルージャスミン '13:米 ◆原題:BLUE JASMINE ◆監督:ウディ・アレン「ローマでアモーレ」「恋のロンドン狂騒曲」 ◆主演:ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、ルイス C.K.、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ、サリー・ホーキンス...
2014/07/05(土) 20:50:37 | C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」 かつてセレブ界の華と謳われたジャスミンは、現在は無一文ながら纏うのはシャネルなどのブランド品ばかり。過去の栄光に浸り、ひたすらに堕ちて...
2014/11/18(火) 13:09:37 | いやいやえん
ウディアレンの作品って「知的」とか「サレオツ」とか冠がつくっつうかさ観る人が語りたがるものが多いんだけど それゆえにいやそれだからこそ 「なによ~~~~」って鼻白む部分も多くあって ま、わたくしが「英語が不得意」とか知的ではないとかなにより「ニューヨーカー…
2015/02/23(月) 11:36:47 | 映画に耽溺