酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「リアリティのダンス・・・・・評価額1650円」
2014年08月02日 (土) | 編集 |
ああ、幻の故郷よ!

鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー、実に23年ぶりの新作映画。
1990年の「The Rainbow Thief」以降資金的に恵まれず、もっぱらコミック原作者として活動していたホドロフスキーは、先日公開された、幻の映画「DUNE」の舞台裏を巡るドキュメンタリー、「ホドロフスキーのDUNE」の撮影でプロデューサーのミッシェル・セドゥと再会し、再びタッグを組む事が決まったという。
本当に久々の映像作品ではあるが、虚構と現実が入り混じる外連味たっぷりのホドロフスキー節は健在。
今回は冒頭でいきなり作者本人が登場し、これが自らの歴史に関する自伝的物語であることを強く印象付ける。
※ラストに触れています。

銀幕に映し出されるホドロフスキーの幻影の故郷は、細長いチリの北部に位置する海沿いの街トコピージャ。
軍事政権下の子供時代、彼はこの田舎街でウクライナ系ユダヤ人商人の父ハイメと母サラの元に育つ。
マイノリティの移民であるハイメは、名誉欲が強く、息子のアレハンドロにも英雄的な男に育つ様にと厳しくあたるのだが、麻酔なしで歯の治療をさせるなど、かなりサディスティックな人物に造形されている。
対照的に、なぜか全ての台詞がオペラ調の歌唱になっているサラは、息子を自分の父の生まれ変わりと信じ、父に似せるために金髪巻き毛のカツラを被らせ、溺愛する。
私の知る限り、総じてラテンアメリカの男はお母さんを聖母マリア並みに崇拝していて、超がつくほどのマザコンが多いが、ホドロフスキー作品の母親像も非常に特徴的。
本作と世界観やキャラクターに共通する要素の多い「サンタ・サングレ/聖なる血」は、サディストの父に両腕を斬り落とされた母に、主人公が操られて連続殺人を犯す物語だったが、息子と母の近親相姦すら思わせる強烈な絆の深さは本作のアレハンドロとサラも同様だ。

映画の前半は、トコピージャでのアレハンドロとエキセントリックな両親の関係を軸にした、奇妙ではあるが日常の風景。
しかし、少年にとってプチ独裁者だった父は、やがて妻子を捨てて摩訶不思議な大冒険へ旅立つのである。
共産党員であった彼は、クーデターでチリを掌握した本物の独裁者、イバニェス大統領を暗殺するために、首都サンティアゴを目指すのだ。
映画の後半の大部分を占めるハイメの奇妙な旅は、ある種の貴種流離譚の様でもあり、遠い故郷ではアレハンドロ少年と聖母サラが英雄の帰還を待っている。
前半部分はある程度ホドロフスキーの少年時代のリアリティをベースにしていそうだが、遠い過去はもはや、物語の進行と共に虚構とダンスを踊り、映画的神話と融合してゆく。

物語のラストで、アレハンドロ少年は船でトコピージャを離れる。
この後彼はサンティアゴからメキシコを経てパリへと移り、やがてカルトな演劇、映画で世界の注目を集める様になる訳だが、その全ての原点を今一度見つめ直し、少年時代から心の奥底に抱えてきた傷を、自らを癒したのが本作と言えるだろう。
作者のトラウマと家族の愛が入り混じり、記憶の中の懐かしい人々との束の間の邂逅は、今はもうこの世にはいない魂へのレクイエムの様だ。
しかし、映画の中での現実が全て色あせた過去へと姿を変え、この此岸の地から“あの頃”と“今”のホドロフスキーが去ってゆく哀愁に満ちたラストカットは、なんと言うか、私にはホドロフスキーからこの世への辞別の挨拶に思えてならなかった。

映画で世界を変えようとした鬼才も、もう85歳。
年齢的にいっても、これはやはり23年ぶりにして、集大成のつもりなのかも知れない。
まあクリント・イーストウッドとか大林宣彦とか、語りたい事が多過ぎるのか、遺作ぽい作品を何本も作ってる人もいるから、願わくばホドロフスキーもそうであって欲しいけど。

今回は、ホドロフスキーの故郷チリのビール、「ソット ネグラ スタウト」をチョイス。
世界有数のワインどころとして知られるチリだが、ビールの種類も結構豊富。
この銘柄も最近国内でも見かけるようになったが、炒った大麦と一緒に醸して造り、瓶内二次醗酵するダークな一杯。
非常に香ばしく、苦味と共に様々な風味が楽しめる。
さすが異色の才能を生んだ国だけあって、良い意味でクセはあるが、飲みやすいスタウトだ。

それにしても、嘗ては知る人ぞ知る存在だったはずのホドロフスキーがこれほど日本で持てはやされるとは、なんだか隔世の感がある。
23年もの間作品が無かったのだから、普通なら逆に忘れ去られてもおかしくないと思うのだが、一体この間に何が起こったのだろうね??
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いつも楽しくブログを拝見しています。
非常に「深い」映画でしたね。終演後、「なんて感想言ったらイイか、わからない!」と別の観客の方がおっしゃってたのを覚えています笑

ところで、ハイメが将軍暗殺に失敗したのち手の指が固まってしまう状態は、ホドロフスキーが考えたオリジナルの演出なのか、それとも宗教感を醸し出す彼の作品ゆえに何か神やキリスト教的な意味が込められたメッセージ(罪を犯した人間はああなるみたいな)なのか、博識なノラネコさんに質問します。よろしくお願いします。
2014/08/05(火) 12:30:19 | URL | わもやも #-[ 編集]
こんばんは
>わもやもさん
遅くなってごめんなさい。
そう、暗喩がちりばめられた映画でしたね。
ホドロフスキーの映画と言えば障害者が良く出てきますが、彼の宗教であるユダヤ教は、原理主義的に言えば障害者にキツイ宗教です。
旧約聖書に障害者は神職に就けないとはっきり書いてありますからね。
この映画の父親は、つまり宗教的には穢れを背負ってしまったわけですが、妻と息子はそんな父を情愛をもって迎えます。
私にはホドロフスキー映画に出てくる障害者や、正邪を併せ持つ母親象は、伝統的宗教に対するアンチテーゼであり、同時に切っても切れない精神的結びつきという彼の複雑な宗教観を示しているように思います。
2014/08/11(月) 23:23:33 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
面白かった!
いろんな意味で(笑)
あのママが最高でしたわ。

彼の作品本格的に見るのは初めてなんだけど、想像してたのよりもずっと庶民寄りなんですね。ヒューマニズムというか。
『サンタ・サングレ』をお勧めされたんで見てみたいと思います。
2014/08/16(土) 07:59:23 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
こんばんは
>rose_chocolatさん
ホドロフスキーは基本的にエンタメですよ。
どれもこれもぶっ飛んではいるけど、難解ではないです。
「サンタサングレ」は本作と比較すると興味深いです。
「エルトポ」とかも凄く面白いからおススメです。
2014/08/18(月) 21:01:32 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 LA DANZA DE LA REALIDAD    THE DANCE OF REALITY  1920年代、南米チリの町トコビージャ。ロシア系ユダヤ人少年、アレハンド ロ・ホドロフスキー(イェレミアス・ハースコヴィッツ)は、抑圧的な父ハイメ(ブ ロンティス・ホドロフスキー)と、息子を父の生まれ変わりだと言う信心深い母、 サラ(パメラ・フローレス)...
2014/08/05(火) 07:38:16 | 真紅のthinkingdays
アレハンドロ・ホドロフスキー監督、23年ぶりの新作は 自身の過去を描いた同名の自伝を原作に、 ホドロフスキーらしさ溢れるイマジネーションとシュールなマジックで ファンタジックな物語として紡ぎだした傑作 ホドロフスキーは語る 「人々を癒し、家族を映画...
2014/08/11(月) 11:25:46 | 我想一個人映画美的女人blog
 アレハンドロ・ホドロフスキーは頭がおかしい。  本人が云ってるのだから間違いない。  1970年公開の『エル・トポ』のワンシーン、ウサギの死骸が大地を埋め尽くす光景について、後年ホドロフスキーは「あの頃の私は頭がおかしかったんだ」と述懐している。1973年公開の『ホーリー・マウンテン』ではカエルたちを爆死させている。  しかし、頭がおかしいのは「あの頃」だけではなかった。  新...
2014/08/15(金) 18:39:47 | 映画のブログ
原題: La danza de la realidad 監督: アレハンドロ・ホドロフスキー 出演: ブロンティス・ホドロフスキー 、パメラ・フローレス 、イェレミアス・ハースコビッツ 、アレハンドロ・ホドロフスキー 、バスティアン・ボーデンホーファー 、クリストバル・ホドロ...
2014/08/16(土) 07:56:41 | Nice One!! @goo
【出演】  ブロンティス・ホドロフスキー  パメラ・フローレス  イェレミアス・ハースコヴィッツ 【ストーリー】 1920年代、軍事政権がはびこるチリの小さな村トコピージャ。アレハンドロは高圧的な父ハイメと、息子を自分の父親の生まれ変わりだと信じる母サラと一緒...
2015/01/21(水) 00:43:19 | 西京極 紫の館