酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
猿の惑星:新世紀(ライジング)・・・・・評価額1750円
2014年09月16日 (火) | 編集 |
“星を継ぐもの”は誰だ?

2011年に公開されたリブート版「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の、10年後の世界を描く新シリーズ第二弾、「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は驚くべき映画だ。
ルパート・ワイアットから監督を引き継いだマット・リーヴスは、絶滅に瀕した人類と進化した猿たちの予期せぬ出会いから始まる壮大な叙事詩を構築し、あっさりと前作を凌駕してみせた。
二つの種族10年ぶりの邂逅は、寛容と不寛容、愛と憎しみの連鎖を生み出し、大いなる葛藤に駆られた彼らは、いつしか破滅的な戦いへとなだれ込む。
前作でジェームズ・フランコが演じたウィル・ロッドマンは登場せず、物語の主役は完全にカリスマ的リーダーとなったシーザーに。
シェイクスピアもかくや、と思わされるほどにドラマチックに盛り上がる傑作である。
※ラストに触れています。

致死性ウィルスによって、人類の大半が死滅し、世界が崩壊してから10年。
僅かに生き残った人類は、都市の廃墟に小さなコミュニティを作って細々と暮らしていたが、文明の火を繋ぎとめていた備蓄燃料も間もなく底をつく。
リーダーの一人、マルコム(ジェイソン・クラーク)は水力発電所を稼動させるために、仲間と共に北部の森の中にあるダムへと向かう。
しかし、そこで彼らが出会ったのは、シーザー(アンディ・サーキス)に率いられた進化した猿たちだった。
10年前、森に消えた彼らは、自然と共生する独自の文化を築いていた。
突然の人間との再会に戸惑いつつも、シーザーはダムで作業したいというマルコムの申し出を受け入れるが、嘗て実験動物として切り刻まれ、人間に深い恨みを抱くコバ(トビー・ケベル)は、密かに人間を滅ぼすための最終戦争を画策する・・・


期待を遥かに上回る、素晴らしい仕上がりだ。
前作でウィル・ロッドマンが開発したアルツハイマー治療薬、ALZ-112を投与され、驚異的な知能を得たシーザーは、同じ薬によって進化した猿たちと共に、人類の支配から逃れ、人里離れた森の奥深くに独自の哲学を持った文化を開花させつつある。
一方の人間は、猿インフルエンザウィルスと化したALZ-113のパンデミックによって、人口の90%は死滅。
文明は崩壊し、ウィルスへの免疫を持った僅かな生存者が、都市の廃墟に留まって人類の再興を目指している。
10年の間に片方は増え、もう片方は大幅に減った。
この数的均衡状態にある二つの知的生物が出会ったとき、“星を継ぐもの”の地位を巡る新たな戦いが始まるというのが本作の骨子である。

映画の世界観は、完全に現代社会の縮図として機能する。
人間と猿の対立の要因となる水力発電所は、即ちエネルギー資源だ。
それは猿たちの暮らす森の真っただ中にあり、電気を必要としない彼らには何の意味も持たないが、人間たちにとっては文明を維持する最後の希望である。
発電所を金や石油などに置き換えれば、これが世界中で有史以来繰り返されてきた資源を巡る争いのメタファーとして描写されているのは明らかだ。
他人のテリトリーの中にある“どうしても欲しい何か”という分かりやすいトリガーによって、二つの種族の葛藤に火がつく。

もっとも、人も猿も一枚岩ではない。
絶滅寸前に追いやられた人間たちは、誰もが猿インフルエンザによって大切な人を亡くしている。
別に猿たちが意図的に広めた訳ではないものの、災いを媒介した存在として猿は忌み嫌われている様なのだ。
また前作の事件の直後にパンデミックが始まったせいか、猿たちが知性を持った顛末については知られておらず、突如として現れた言葉を話す類人猿は、人間たちにとっては未知のモンスターなのである。
それ故に猿たちを単なる動物として駆除を主張する者もいれば、新たな知性であることを認めて交渉しようとするマルコムの様な者もいる。

同時に、人間のキャラクターよりもむしろ個性が描き分けられている猿たちも、嘗ての支配者との再会に、複雑な反応を見せる。
最終的には袂を別ったものの、ウィルとの幸せな幼少期の記憶を持つシーザーは、人間にも様々なタイプがいて、皆が悪人でない事を理解している。
だから彼はマルコムの申し出を受け入れるのだが、研究所の実験動物として残酷な仕打ちを受けてきたコバの様に、人間への不信感を拭い去れない者もいる。
銃を持った人間の出現は、嘗ての恐怖を呼び起こし、同時に文明を失いつつある人間に対する復讐心と野心を覚醒させてしまうのだ。
コバは人間との歴史を知らない、シーザーの息子のブルーアイズら若い猿たちを抱き込み、やがて謀略によってシーザーを葬り、恐怖によって猿たちを支配すると、人間と猿との最終戦争を画策する。

ここにあるのは、王に対する謀略と裏切りであり、父と子の対立であり、異民族との遭遇と軋轢、仇敵への復讐、平和への渇望と戦争への欲求、絶望からの救済と予期せぬ破壊、これら全て絡み合う壮大かつ神話的な物語だ。
例えばこの映画を構成する要素を、ジョルジュ・ポルティが定義した36の劇的局面に当てはめてみると、25局面くらいは当てはまるだろうか。
これほど重層的なプロットを2時間10分という比較的コンパクトな上映時間にまとめ上げた脚本チームの仕事は称賛に値する。
前作の出来事を巧みに伏線として利用しながら、一見さんであってもちゃんと理解できるように、本当に必要な部分は物語に組み込んでさりげなく説明するあたりもセンス良い。
視覚的な見せ場も前作以上に凝って作りこまれており、SFアクションとしても見応えは十分だ。

廃墟の都市に砦を作り、守りを固める人間たちに対して、馬に乗った猿の軍団が襲い掛かるシークエンスは、明らかに西部劇の白人入植者vs先住民をイメージしているのだが、この戦いに人間側、猿側どちらにも感情移入キャラクターが加わっていないのがミソ。
客観的に見られるので、激しければ激しいほどに戦いの愚かしさが強調されるという訳だ。
「猿は猿を殺さない」というセリフに象徴される様に、嘗ての支配者である人類とは異なる存在を目指していたはずの猿たちが、物語が進むにつれてどんどん人間化するのも皮肉かつ面白く、それ故に最後のシーザーの選択は心に突き刺さる。
自分たちが人間と変わらないという事実を身をもって知った彼には、もはや他の道は存在しない。
ラストの重厚なシーザーの姿が、「ゴッドファーザー」で生き方の覚悟を決めたマイケル・コルレオーネに重なって見えたのは私だけだろうか。

それにしても、フィルモグラフィに続編やリメイクが多いからか、あまりその作家性が話題にならないが、「モールス」といい本作といい、名作レベルのオリジナルをさらっと超えてくるマット・リーヴスの演出力は全く侮れない。
地味に斬新な「クローバーフィールド/HAKAISHA」もそうだが、さりげなくすごい物見せるのはこの人の特徴かも知れない。

そして本作の成功に決定的な役割を果たした人物がもう一人。
遂にファーストロールにクレジットされた、シーザーを演じるアンディ・サーキスだ。
この人はゴラムとキングコングとゴジラとシーザーの中の人という、映画史上類のないとんでもない俳優なのだが、特に今回のカリスマリーダーはCGのスキンの向こうに圧巻の存在感を見せる。
伝え聞くところによると最近監督業への転身を図っている様だが、ハリウッドはそろそろこの希代の表現者の奮闘に応えるべきだろう。
アカデミー主演男優賞が難しいなら、パフォーマンスキャプチャに対する新たな部門を創設したらどうか。
この映画はサーキスの存在なくしては成立せず、俳優とCGアーティストのコラボレーションによって生み出された“演技”は、もはや映画表現の中核と言っても過言ではないのだから。

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」はエキサイティングかつエモーショナルで、最後には猿たちを鏡に自らについて深く考えさせる社会派SFの傑作だ。
間違いなく、今年を代表する作品の一つとして映画史に名を留めるだろう。
惑星の支配権をかけた戦争が始まり、おそらくシーザーが究極の決断を迫られるであろう次回作は、既に2016年の公開がアナウンスされている。
果たして物語は、最終的に1968年の伝説的な第一作に繋がるのか否か、2年後が待ち遠しい!

今回は、猿の暴動ならぬ“ホップの暴動”をチョイス。
映画でシーザーたちが暮らす森からもほど近い、サンフランシスコ・ベイエリアのチコにある若い醸造所、ハイウォーター・ブリューイングの「ホップ ライオット IPA」は、変わった名の通り圧倒的なホップ感が売り物だ。
苦味を前面に押し出したビター&フルーティな味わいはバランスに優れ、とても美味。
パワフルな映画で心地よく疲れた脳を、刺激的に癒してくれるだろう。
ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
アンディー・サーキス
ノラネコさん☆
ようやっと観てきました~
アンディー・サーキスって、そんな凄い「中の人」だったのですね!
これは何か賞をあげたいものです。
人間っぽいコバが猿っぽくなるのも凄かったです。この「中の人」は誰なのかしら?
2014/10/22(水) 11:29:25 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
アンディはもはや生けるレジェンドと言っても過言ではないかと。
私的今年の主演男優賞はダントツで彼です。
コバ役のトビー・ケベルは「コントロール」のロブ役や「ザ・イースト」のドク役で知られる若手の演技派ですね。
2014/10/22(水) 22:21:27 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは。
いやいや、
この映画、ノラネコさんのレビューを拝見すると、
改めて、多くのテーマを内包した
とんでもない作品だったことに気づかされます。
しかし、次回作で、旧シリーズにつなげるなんて荒技、
ほんとうに可能なんでしょうか?
ぼくには、まったく想像つきません。
やはり凡人だわ。w
2014/11/22(土) 19:54:36 | URL | えい #yO3oTUJs[ 編集]
こんばんは
>えいさん
人類と猿との戦争で、猿たちが完全勝利したら一作目につなげることは出来ると思うんですけど、その場合映画としてのテーマやカタルシスはどこになるんだろうという疑問が。
まあパラレルワールドという手もあるんですけどね。
最近多すぎですけど。
2014/12/02(火) 22:09:56 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
名作SF『猿の惑星』の前日譚(たん)『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。ウイルスによって滅亡状態に陥った人類と、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たちとの対峙(たいじ)が思わぬ事態を引き起こしていく。前作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリ...
2014/09/18(木) 11:16:20 | パピとママ映画のblog
天性のリーダーシップで2000頭の猿を統率するシーザーは、サンフランシスコ郊外の森の奥深くに、巨大なコミュニティを築き上げていた。 一方、10年前に世界的に拡散したウイルスの影響で人類の大半は死滅しており、免疫を持つわずかな生存者たちが、荒廃したサンフランシスコ都市部で共同生活を送っていた。 互いの存在を忘れつつあった人間と猿は森で遭遇し、互いにパニックに陥ってしまう…。 SFスリラー。
2014/09/19(金) 10:07:49 | 象のロケット
猿の英雄シーザーを中心に山の中で文明的な生活を構築しているのに対して、人間は絶滅の危機に陥っている。二つの集団が共存できるのか敵対するしかないのか、猿社会と人間社会それぞれの葛藤が繰り広げられる。猿も人間も同じように苦悩するのが物語に深みを与えている。見
2014/09/21(日) 07:10:51 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
前作、猿の惑星:創世記(ジェネシス)を、当ブログは以下のように褒めている。 <「老い」とは 
<「親子の絆」とは 
<「人格」とは 
<「愛情」とは 
<「人権」とは
 <「尊厳」とは

 <な...
2014/09/22(月) 14:25:56 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
猿の惑星:新世紀(ライジング)Dawn of the Planet of the Apes/監督:マット・リーヴス/2014年/アメリカ 今度は戦争だ! 次もたぶん戦争だ! そういえば前回も戦争だった! ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン5、F13で鑑賞。2D字幕です。 前作が「Rise of the Planet of the Apes」で今作の邦題が「猿の惑星:新世紀(ライ...
2014/09/23(火) 21:54:43 | 映画感想 * FRAGILE
2011年に公開された「猿の惑星」シリーズの前日譚、 「猿の惑星 創世記ジェネシス」の続編。 これまでのが全部好きなので先行にて鑑賞 前作から10年後の世界を舞台に、猿の英雄シーザーに率いられ独自の文明を築き始めた猿の集団と、 存亡の危機に陥った人類が...
2014/09/24(水) 23:30:19 | 我想一個人映画美的女人blog
猿の惑星:新世紀(ライジング)~ DAWN OF THE PLANET OF THE APES ~     監督: マット・リーヴス    キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カーク…
2014/09/25(木) 03:53:25 | 映画@見取り八段
恐れや憎しみは戦争を生む 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-r 監督: マット・リーヴス  「クローバーフィールド/HAKAISHA」 「モールス」
2014/09/25(木) 12:48:07 | 風に吹かれて
映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」★★★★ アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、 ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル出演 マット・リーヴス監督、 131分 2014年9月19日日本公開 2014,アメリカ,20世紀フォックス (原題/原作:DAWN OF THE PLANET OF THE APES)
2014/09/25(木) 20:51:39 | soramove
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編。前作から10年後の世界を描いている。 冷静に考えてみて、これって、人類そのものではないのか? この作品では、資源=電力の確保をめぐり、資源の有るところ=ダム、居住しているグループ=猿たちと、資源の欲しいグループ=...
2014/09/26(金) 08:19:35 | 勝手に映画評
前作同様、大変面白かった。
2014/09/28(日) 00:22:01 | だらだら無気力ブログ!
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:新世紀(ライジング)」□監督 マット・リーブス□脚本 マーク・ボンバック、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー□キャスト アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン■鑑賞日 9月20日(土)■...
2014/09/28(日) 16:54:58 | 京の昼寝〜♪
クオリティ高いなあ。
2014/10/01(水) 22:10:24 | 或る日の出来事
自らが生み出したウイルスによって、人類の90パーセントが死滅した2020年代の地球。 サンフランシスコでは、かろうじて生存している人類と驚異的な遺伝子進化を遂げた猿たちのコミュニティーが ゴールデンゲートブリッジを挟んで存在していた。 人類のコミュニティーでは、衰退を食い止めるためにも、猿たちと対話すべきだとする者、 再び人類が地球を支配するべきだとする者たちが、それぞれの考...
2014/10/04(土) 00:03:10 | R.U.K.A.R.I.R.I
 「モールス」のマット・リーブス監督、「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェイソン・クラーク×「ロード・オブ・ザ・リング」のアンディ・サーキス主演。2011年公開の前作「猿の惑星:創世記」から10年後の世界、進化した猿たちと、生き残った人類との交流と、避けられ
2014/10/04(土) 21:23:10 | 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
2011年製作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編です。 前作で知性に目覚めたシーザーがその後どのように暮らし始めたのか気になってチャレンジしてみました。 戦争へ向かおうとする機運が動き始める中、何とか戦争を回避しようとするシーザーの 必死の戦いに胸を打たれるような作品でした。
2014/10/04(土) 23:52:13 | とりあえず、コメントです
映画『猿の惑星 新世紀(ライジング)』は、重厚な人間(猿)ドラマにして社会風刺や
2014/10/05(日) 23:56:43 | 大江戸時夫の東京温度
高度な知能を獲得した猿のシーザー(アンディ・サーキス)が自由を求めて立ち上がり、人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮らしていた。 一方人類は、蔓延したウイルスによっておよそ90%が死滅し、わずかな生存者グループは、荒廃した都市の一角で身を潜めるように暮らしていた。 ある日、電力が底をつきかけた人間たちは、ダム...
2014/10/07(火) 11:56:47 | 心のままに映画の風景
(原題:Dawn of the Planet of the Apes) ----これって、フォーンも こそっと隠れて一緒に観た映画。 ニャんだか、スゴく評判いいよね。 「そうだね。 個人的には前作『猿の惑星・創世記<ジェネシス>』の方が好きだけど、 今回の作品は、 堂々たる風格を備えた 文句...
2014/10/09(木) 21:58:54 | ラムの大通り
前作「猿の惑星:創世記」は映像と、シーザーを演じるアンディ・サーキスの演技に感心
2014/10/20(月) 20:11:58 | はらやんの映画徒然草
ようやっと観れたーっ!! かなり評判良かったので、ちょっと期待して行ってもいいかな♪と思ったら、2Dでも十分伝わる3D感(3Dや4Dならさぞ見事だったことでしょう)もさることながら、戦うことなしには生きられない動物の悲しい性が、その先に続く未来の希望と不安を掻き立てて、見どころも十分で満足まんぞく。
2014/10/22(水) 11:05:10 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
猿の惑星 新世紀(ライジング) '14:米 ◆原題:DAWN OF THE PLANET OF THE APES ◆監督:マット・リーヴス「モールス」 ◆出演:アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、...
2014/11/08(土) 22:39:55 | C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
DAWN OF THE PLANET OF THE APES 2014年 アメリカ 131分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/09/19) 監督: マット・リーヴス 『モールス』 出演: アンディ・サーキス:シーザー ジェイソン・クラーク:マルコム ゲイリー・オールドマン:ドレ...
2015/02/07(土) 00:44:11 | 銀幕大帝α
【概略】 猿のシーザーが仲間を率い、人類への反乱を起こして10年。猿たちと人類が森で遭遇し、一触即発の危機が発生する。 SF 前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。 なんか、既に薬害で人類が死滅しそうな勢いと言う設定の本作…うーん、そこに行くまでの過程(この10年)が見たかったのに。前作のラストで「人間に対し反乱を起こして」という感じではなかったような気がするんだ...
2015/02/07(土) 08:13:14 | いやいやえん
19日のことですが、映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を鑑賞しました。 勢力を拡大し手話や言語を操るようになった猿たちは森の奥深くに、人類はわずかな生存者たちが荒廃した都市の一角に そんなある日、資源を求めた人間たちが猿たちのテリトリーを侵食したこと...
2015/02/27(金) 22:44:41 | 笑う社会人の生活
これもハリウッド映画を・・・ 名作SFシリーズ『猿の惑星』の前日譚として、2011年に公開された『猿の惑星 創世記』の続編。 この惑星がなぜ人間から猿の惑星になってしまったのか?が明らかに・・・ 高度な知能を獲得した猿のシーザーが自由を求めて立ち上がり、仲間たちを率いて人類への反乱を起こしてから10年。 猿たちは進化を加速させ、森の奥に文明的なコミュニティを築いて平和に暮...
2015/10/28(水) 15:55:45 | 黄昏のシネマハウス
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編 でも、監督が変わったせいもあり、微妙にティストが変わったかな? SF作品から、アクションに! 特撮技術は圧倒的だけに、素朴い第1作「猿の惑星」(1968)が懐かしくも感じられました。 新型ウィルスで9割方、人類が死滅してしまった、って冒頭が衝撃的!であると同時、やはり、あの名作へ続けねば… ってことから、仕方ないのかなぁ、と感じてし...
2016/06/09(木) 09:39:13 | のほほん便り