酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ミュータント・タートルズ・・・・・評価額1500円」
2015年02月12日 (木) | 編集 |
カワバンガ!また来たよ!

映画の中のニューヨークの下水道は、不思議生物のワンダーランドだ。
巨大ワニから、人間大の人食いゴキブリ、果てはミュータント化したホームレスまでなんでもあり。
そんな巨大都市の地下生活者たちの中でも、最も有名なのが四人組のティーンエイジャーでミュータントでニンジャという、ややこしい設定のタートルズだろう。
突然変異したカメというSF要素とオリエンタルなサムライ・ニンジャを合体させ、当時のポップカルチャーのスパイスを振りかけた原作コミックは、80年代後半にアニメ化されると、アメリカの子供たちを熱狂の渦に巻き込んだ。
登場から30年たった今では、もはやアメリカを代表するキャラの一つとして定着しているが、当時の人気の凄まじさは、今の日本の「妖怪ウォッチ」以上だったのだ。

そして、2007年のCGアニメ版を経て、20年ぶりの実写リブートとなる本作はドカーン、バカーン、ボカーンの安心のマイケル・ベイクオリティ。
いや、実際は予想以上の仕上がりである。
1990年のスティーブ・バロン監督版から続いた旧三部作は、思い切り子供向けで、正直あんまり面白くなかった。
タートルズの造形などはコミックのイメージそのままで、当時としてはなかなか良くできていたけど、お話の適当さは相当なもので、しかも2作目、3作目とブーストがかかって雑さが加速。
ますます、大人の鑑賞には耐えられなくなっていったのである。

ぶっちゃけ、今回のプロットもお世辞にもち密で丁寧とは言えないのだが、とりあえず最低限の整合性はとれているし、何よりもテンポよくスピーディーだ。
基本最初から最後までアクションのつるべ打ちだが、タートルズと人間のパートナーであるエイプリルをはじめ、主要キャラクターの描写はしっかりと押さえられ、単純ながら背景となるドラマもそれなりにきちんと構成されている。
ニッケルオデオン作品なので、基本キッズムービーなのは変わらないが、画作りの方は全く手抜き無し。
マッチョなカメのニンジャと仙人みたいなネズミ先生が、パワードスーツのサムライと戦うと言う、「トランスフォーマー」シリーズ以上に荒唐無稽かつ精神年齢は低めな設定ではあるけど、逆にこの世界観さえ受け入れられるなら、派手なアトラクション映画として大いに楽しめると思う。
監督は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマンだが、やたら長くなる傾向が固定化しているベイ自身の監督作より、サクッと気楽に観られると言う点ではむしろ好印象だ。

しかしこれ、劇場の選択肢があるなら4DXをチョイスすべきかもしれない。
私は普通の3D版で観たのだけど、完全に動きのないシーンが殆ど無いし、特に終盤の雪原でのチェイスから、クライマックスの高層ビルでの立体的な大バトルなどは、大いに盛り上がるのではないか。
そもそも向きでない作品を観てしまうと、効果は低いわ集中できないわで悲劇でしかない4DXだけど、これはおそらく希少なピッタリ作品だと思う。
亀忍者に3000円オーバーというのは、なかなか勇気が要るけど・・・。

今回はライトなアトラクション映画という事で、ニューヨークの地ビール「ブルックリンラガー」をチョイス。
アメリカンビールとは言っても、禁酒法以前のニューヨークに多く存在した、ドイツ系醸造所の味を復活させるため、伝統のウィンナースタイルで作られるこのビールは、バドやミラーといった一般的なマスプロビールに比べれば、ずっと欧州風。
適度な苦みと深いコク、ホップ感は食欲を刺激して、タートルズじゃなくてもピザが欲しくなってしまう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
どかーんばかーんボカーン
ノラネコさん☆
安心のベイ色で迫力アクションが楽しめましたねー
3Dのハイスピードは、ちょっと目がクラクラしちゃいました。
3部作の映画が既にあったのですか??知りませんでしたー
何か昔、映画あったような・・・?とは思っていたのですが。
これも3部作にするのかしら?続編楽しみです。

あ、間違ったとこころにTB入れちゃったので、消していただけると有り難いです。
2015/02/23(月) 12:52:13 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
旧三部作はね、あんま面白くないんですよ。
続編といいつつキャストも変わってるし、話も雑で亀忍者のキャラとアクションくらいしか見所がない・・・ってまあ今回も一緒なんですけどw、つくりはだいぶ丁寧だったし、アクションもグレードアップしたように思います。
2015/02/25(水) 22:54:01 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ミュータント・タートルズTEENAGE MUTANT NINJA TURTLES/監督:ジョナサン・リーベスマン/2014年/アメリカ でも監督はマイケル・ベイじゃない! TOHOシネマズ日本橋 スクリーン1、C-11、2D字幕で鑑賞。Cは前すぎるので、DかEあたりが首にやさしいと思います。 わたしは「ミュータント・タートルズ」に関する知識がまったくないので、『カワバンガとは…なんだろ...
2015/02/12(木) 23:26:49 | 映画感想 * FRAGILE
忍者の扮装をしたカメのヒーローたちの活躍を描き、アメコミやアニメ、映画化で人気を博した作品を、マイケル・ベイ製作で実写映画化したアクション。ニューヨークの地下道に暮らし、悪から街を守るべく戦うタートルズたちの勇姿を活写する。メガホンを取るのは、『世界戦...
2015/02/13(金) 20:02:37 | パピとママ映画のblog
敵の野望のスケールが手段の割にしょぼくね?
2015/02/15(日) 00:43:57 | だらだら無気力ブログ!
アメリカ・ニューヨーク。 TVレポーターの女性エイプリルは、犯罪組織フット軍団の犯行現場に居合わせる。 しかしそこへ謎のヒーロー集団が現われ、フット軍団を叩きのめした。 ヒーローの正体は、身長が180cm以上もある人間の言葉を話す突然変異(ミュータント)のカメたち(タートルズ)だった! タートルズとフット軍団の宿命の戦いが始まり、エイプリルの身にも危険が迫る…。 アクション・コメディ。
2015/02/15(日) 04:18:29 | 象のロケット
小さい頃に子供たちがよく見ていたアニメ。 そういえば、ロンドンのハムレーズにフィギアが売っていたけれど、さすがに買わなかった記憶が。 まさか実写でどうなの?と思っていたら、結構評判いいみたいね?
2015/02/20(金) 00:58:57 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
五つ星評価で【五つ星評価で★★★まずまず】   亀で忍者でティーンエージャーな4匹の大活躍。 旧作は見てなかったので、基本、これが初めての亀とのお付き合い。 潔いジャ ...
2015/02/23(月) 23:00:43 | ふじき78の死屍累々映画日記
TEENAGE MUTANT NINJA TURTLES 2014年 アメリカ 101分 アクション/アドベンチャー/ヒーロー 劇場公開(2015/02/07) 監督: ジョナサン・リーベスマン 『タイタンの逆襲』 製作: マイケル・ベイ 出演: ミーガン・フォックス:エイプリル・オニール ウィル...
2015/06/12(金) 23:56:29 | 銀幕大帝α
【概略】 悪の犯罪組織フット軍団が暗躍するNY。ある日特ダネを狙うTVレポーターのエイプリルは、何者かがフット軍団の犯罪を阻止している姿を目撃する。その正体はニンジャの風貌をした4人のカメ=タートルズで…。 SFアクション 暴れん坊のラファエロが好きだった記憶がある、うっすら。昔のTVアニメシリーズはたまにしか見てなくて、アニメのX-MENはビデオ撮って見てたというね…。だ...
2015/06/15(月) 14:22:49 | いやいやえん
やけに乗りのいい亀たちだと思ったら、ティーンエイジャーなんだね。
2015/11/14(土) 11:07:02 | 或る日の出来事