酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「あん・・・・・評価額1650円」
2015年06月30日 (火) | 編集 |
残したい、最後の声。

餡は甘いものだけど、映画はちょっとビターだ。
明け方、桜並木に近い古めかしいビルの屋上で、たばこを燻らせる一人の男。
彼の背負っているものの重さ、静かなる葛藤を、映像だけで端的に感じさせる秀逸なオープニング。
長瀬正敏演じる千太郎は、小さなどら焼き屋「どら春」を一人で切り盛りする店長だ。
ある日、店に徳江という謎めいた老婆が現れて、働かせて欲しいという。
最初は断っていた千太郎だが、徳江の持参した餡のクオリティに驚き、彼女をバイトとして雇いながら、教えをこう事にする。
徳江の作る餡の評判は瞬く間に広がり、店は繁盛。

しかし彼女の体にはある秘密があり、次第に周囲に波紋が広がってゆくのである。

正直私は、河瀬直美監督の映画がちょっと苦手だ。
ビジュアルなどは、パッと見いかにも女性らしい繊細で知的なイメージなのだが、実はかなり野性的で理性よりも本能でグイグイおされる感じ。
作品世界そのものが、ある種の作家のサンクチュアリを形作り、入れればいいのだけど、時として映画に拒絶されるような感覚に陥るのである。
ところが、本作は彼女にとって初の原作ものだからなのか、日・仏・独合作というグローバルな体制だからなのか、とても作品に入りやすい。
いや決して薄味になったわけではなく、生と死の物語、背景となる四季の移ろい、アニミズム的な自然の捉え方といった作家の特色は色濃く出ている。
タイトルの「あん」について、監督は日本語だと“あ”と“ん”で最初と最後、フランス語だと数字の“1”、英語でもアルファベットの最初の“A”で、万国共通のタイトルと語っていたが、この映画自体とても間口が広く、普遍性のある作品になっているのではないか。

満開の桜が美しい、穏やかな春の風景から始まる映画は、中盤で意外な方向に舵を切る。
手の指が不自由な徳江が、ハンセン病の患者だったことが世間に知れ、店は一気に閑古鳥が鳴くようになり、徳江は仕事を辞めざるを得なくなるのである。
徳江は、餡作りで一番大切なのは「大豆の声を聞くこと」だという。
大豆が畑で生まれ、長い道程を経て店へとたどり着くように、この世の全てのものには耳を傾けて聴くべき旅の物語がある。
本作の主要登場人物は、千太郎と徳江、そして内田伽羅演じる常連の女子中学生のワカナ。

過去に他人の人生を狂わせてしまい、刑務所に入っていた経験を持つ千太郎にも、母親との間に静かな確執を抱えるワカナにも、心に秘めた物語があり、聞いてくれる人を待っている。

だが誰よりも封じられた声を届けたかったのは、理不尽な差別によって日の当たる人生を奪われた、徳江自身なのだろう。
どら焼きの餡は外からは見えないから、食べてみなければその存在は分からない。

悲しみをうちに隠す人たちが、餡が取り持つ不思議な縁によって出会い、少しだけ重なってお互いの声を聴く。
人生の冬の季節の中で、彼らが集った小さな陽だまりの暖かさは儚く、だからこそとても愛おしいのである。
映画館を出たら、この世界に溢れる小さき声に耳を澄ませてみよう。

今回は映画の舞台にちなんで、「金婚」で知られる東村山市久米川町の豊島屋酒造の季節限定酒「十右衛門 純米無濾過原酒 おりがらみ」をチョイス。
十右衛門の新酒に、もろみを漉した際の”おり”を絡め、味わいの深みを増した一本になっている。
さすがにどら焼きに日本酒は・・・と思う人が多いだろうけど、案外お酒にスイーツは相性良かったりするんだけどな。
餡を使った和菓子の他にも、チョコレートなんかはけっこういける。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
美しく素晴らしい映画
ノラネコさん☆
東京にこんなに美しい自然があったのね・・・・と改めて気づかされる、耳を澄ませて、目をよく開いてみると色々な景色が見えるのだと教えられたように思います。
美しい映像に想いを全て注ぎ込んで、見事な映画でした。
2015/07/25(土) 23:09:57 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ〜むさん
日本の美しい四季を背景に展開するビターな物語でした。
この世界に満ちているはずの小さな声。
日常の中で、耳を澄ませてみたいなあと思わされる良作でしたね。
2015/07/28(火) 00:01:01 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...
2015/07/01(水) 16:00:37 | パピとママ映画のblog
生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別)
2015/07/01(水) 20:02:09 | 日々“是”精進! ver.F
2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし
2015/07/02(木) 00:12:00 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連・河瀬直美監督の映画を、劇場鑑賞するのは初めて。 ドリアン助川の小説が原作ということと、キャストにも惹かれて初日鑑賞。中 高年...
2015/07/02(木) 11:32:43 | 真紅のthinkingdays
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> あることが...
2015/07/10(金) 08:26:13 | 京の昼寝〜♪
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね〜。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...
2015/07/19(日) 16:29:14 | ペパーミントの魔術師
五つ星評価で【★★★映画としては普通だけど、永瀬の無骨な泣き顔にやられる】 どら焼き屋店長と餡作り名人の老女との出あいと別れ。 というか、樹木希林が赤毛のアンをやる ...
2015/07/20(月) 15:41:10 | ふじき78の死屍累々映画日記
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。
2015/07/25(土) 22:51:03 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単...
2015/08/04(火) 20:02:54 | C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間を象徴して、イラッとさせる、オーナー役の浅田美代子から、徳江(樹木希林)の友人の市原悦子に至るまで、ものすごいフィット感。それに、「…ひょっとして…」と思ってたら、やはりワカナ役は樹木の孫娘である内田伽羅が扮してたんのですね。こ...
2016/08/19(金) 14:36:49 | のほほん便り
向き合った時間が味を決める。
2017/02/21(火) 16:31:31 | Akira's VOICE