酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~・・・・・評価額1650円」
2015年07月14日 (火) | 編集 |
牧場を飛び出し、都会へGo!

英国のアードマン・アニメーションズの大ヒット作、「ウォレスとグルミット」のキャラクターから生まれたスピンオフ、「ひつじのショーン」初の長編映画化。
牧場でまったり展開する短編テレビシリーズとは一線を画し、記憶喪失となり帰れなくなってしまった牧場主を探して、おなじみの動物たちが都会に遠征して大冒険を繰り広げる。
ショーンや相方の牧羊犬ビッツアー、群の羊たちの他に新キャラクターも登場し、映画は可笑しくて、ハラハラ、ワクワク、ちょっとだけホロリ
テレビシリーズのファンはもちろん、一見さんでも十分楽しめる。

牧場で毎日変化のない暮らしをしているショーンと仲間たちは、ある日ちょっとした自由と刺激を求めてイタズラを仕掛ける。
牧場主を眠らせて、牧場の端の道路に置いてあるトレーラーに移し、目覚めてもまだ夜だと思うように細工し、その間に自分たちは羽を伸ばそうという計画。
ところが牧場主を乗せたままトレーラーが暴走し、そのまま都会まで走って行ってしまう。
そして、ショーンたちは取り残されて初めて気づく。
自分たちだけでは、ごはんすら食べられない!
やむなく都会に牧場主を探しに行くのだが、本人は頭を打って記憶を失っており、おまけに都会には冷酷な動物捕獲人のトラッパーがいて、ノラ動物を片っ端から収容所送りにしている。
毎日は同じ事の繰り返しで退屈だけど、失ってやっとその大切さが分かる。
はたしてショーンたちは、牧場主を救出し幸せな日常を取り戻せるのか?というワケ。

完全に動物目線で描かれるこのシリーズは、全編台詞が無い。
動物たちはもちろん、人間キャラクターもモゴモゴと言葉にならない奇妙な音を発するのみ。
それでもボディランゲージと豊かな表情で、キャラクターの感情は十二分に伝わり、動物飼いの動物好きとしては、ショーンたちが牧場主へむけるさりげない愛の深さに、どっぷり感情移入。
きっと私を含む多くの観客は、ショーンやビッツアーを通して、自分たちと暮らしている動物の心を想像しているのだと思う。
やっと見つけた牧場主が記憶喪失なのを知らないショーンが、彼に拒絶されてショックを受けるシーンなんて、思わず泣きそうになった。
動物たちにはそれぞれ名前が設定されているのに、飼い主は単に“牧場主”であるのも、彼が世界中の動物を愛する人の象徴だからだろう。

もちろん、丁寧なストップモーションショーンで描かれる、都会に紛れ込んだ動物たちのコミカルな冒険譚は、笑いとスリルがいっぱい詰まっている。
ショーンの画才などテレビシリーズからの設定も上手く生かされ、新キャラクターのブス犬スリップや動物捕獲人トラッパーとの丁々発止のやり合いも可笑しい。
世界中の誰もが楽しめる、夏休みにぴったりの秀作エンターテインメントだ。

ところでアードマンの長編映画としては前作にあたる「The Pirates! In an Adventure with Scientists!」は、結局日本では完全スルーのままなのか。
予告編観ると、凄く面白そうなのになあ。
3年前の広島国際アニメーションフェスティバルで上映された時に、観ておけばよかったよ。

そういえばテレビシリーズで、牧場主が敷地の片隅でミツバチを飼っているエピソードがあった。
今回は、蜂蜜酒の「ミード」をチョイス。
人類が口にした最初の酒は、木の洞などにたまった蜂蜜と雨水などが混じり合い、自然発酵して出来たものと考えられており、ある意味ミードはあらゆる酒の元祖。
蜂蜜の種類によっても味わいが異なるのも面白い。
けっこう甘いので、氷を入れてロックにすると美味しい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
アニメの世界で動物が出てくると、人間の言葉で喋ったりしますが、
そうしたことも一切しないし、飼い主も動物に向って人間語で喋ったりしない。
言葉を無しでこれほど雄弁に描けるのが、最高だと思います。
子供達も喜んでたのがその証左ですね。
私みたいな大人は、ブラックな笑いで喜んでるし、みんなハッピー!
2015/08/05(水) 12:14:26 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
こんにちは
>とらねこさん
オリジナルのウォレスとグルミットから、アニメーションならではの戯画化をさらに進めた作品という気がします。
非常にシンプルで自由な表現だから、誰が観てもわかるし楽しめる。
ほんとハッピーな映画です。
2015/08/29(土) 14:19:08 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 日本で一番ヒットした曲が何かは、みなさんご存知だろう。  現在は一人のファンが何枚ものCDを買うように仕向ける商法があるけれど、そんなことしなくても本当にヒットする曲は爆発的に売れまくる。  日本でもっとも売れたシングルは、およそ一家で一枚しか買うことのなかった時代、1975年に発売された高田ひろお作詞・佐瀬寿一作曲の『およげ!たいやきくん』だ。  『映画 ひつじのショーン ~バ...
2015/07/16(木) 00:51:04 | 映画のブログ
2015年/イギリス:アードマン・アニメーションズ=フランス:スタジオ・カナル 配給:東北新社 原題:Shaun the Sheep Movie 監督: マーク・バートン、 リチャード・スターザック
2015/07/17(金) 01:01:22 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
いやぁ〜面白いな、コレ。
2015/07/17(金) 22:34:13 | だらだら無気力ブログ!
五つ星評価で【★★★★1カット1カット細かいネタが多いのも好感が持てるが、クレイアニメという制約をものともせずに異常にノリノリなのが凄い】 『ウォレスとグルミット』シ ...
2015/07/20(月) 15:23:36 | ふじき78の死屍累々映画日記
評価:★★★☆【3,5点】(11) なんとも可愛いキャラ軍団に思わず頬ずりしたくなる(笑)
2015/07/20(月) 18:15:27 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
ひつじのショーンと楽しい仲間たちが住み慣れた家から街へと向かう冒険を描いたクレイアニメです。 昨年末に公開を知ってから、新しいショーンに出会うのを楽しみにしていました。 毎週、テレビで笑わせてくれるショーンたちが、長編でも感情豊かに意外な冒険を繰り広げてくれました~
2015/07/25(土) 20:50:34 | とりあえず、コメントです
 SHAUN THE SHEEP THE MOVIE  ひつじのショーンは、牧場で仲間たちと楽しく暮らしてはいるものの、ルー ティンな生活に退屈していた。牧場主を眠らせて休日を楽しもうとしたショー ンたちだったが、偶然が重なって牧場主は街へ出、記憶喪失となってしまう・・・。  クレイアニメは昔から大好き。子どもの頃、ビフィズス飲...
2015/09/12(土) 06:16:17 | 真紅のthinkingdays
【概略】 牧場で退屈な毎日を送っていたショーンは、非日常を味わうため牧場主にある悪戯を仕掛け、仲間たちと休暇を取れるよう作戦を練るのだが…。 アニメーション 2歳の甥っ子のためにと毎土曜日録画しているが気付くと自分のの楽しみになってた、ひつじのショーン。あのなんともいえない人間すらきちんとした言語を発しないクレイCGアニメが映画になってたのをついこないだ知ったので(おそっ...
2016/10/08(土) 21:04:21 | いやいやえん