酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
2015 unforgettable movies
2015年12月30日 (水) | 編集 |
いろいろな事が起こりすぎて、なんだか世界が混沌に陥っていった2015年。
映画界の最大の話題は、「マッドマックス」「スター・ウォーズ」「ロッキー」という7、80年代に絶大な人気を誇った伝説的なシリーズが、揃ってオリジナルを凌駕するクオリティで見事な復活を遂げたことだろう。
時代は連環するというが、今また新しい時の輪がはじまったという感慨がある。
それでは、今年の「忘れられない映画たち」を鑑賞順に。

「KANO 1931海の向こうの甲子園」は、日本統治時代の1931年に、台湾代表として甲子園大会に出場し、旋風を巻き起こした嘉義農林学校野球部を描く群像劇。民族を超える野球という肉体言語が、誰も予想しなかった奇跡を生む。これは台湾近代史の1ページであると同時に、失われた日本史の物語でもある。

「リトル・フォレスト 夏・秋・冬・春」は、東北のとある村に、たった一人で自給自足しながら暮らす、いち子の一年を描く四部作。彼女の日常に特に何が起こるわけでもなく、育て収穫し料理して食う、を繰り返しているだけ。だが生きる事に直結する“労働”を描くこの作品には、生命としての本質的な憧れを感じる。独創の映画である。

「アメリカン・スナイパー」は、クリント・イーストウッドが戦争の時代に問う、大問題作。米軍最強のスナイパーの実話をベースに、西部劇の構造を埋め込み、正義を求める高潔なる心と、残酷すぎる現実の矛盾を描く。ただ正しい事をしたいと思っているのに、主人公はいつしか戦場の怪物と化し、永遠にその呪縛から逃れることは出来ない。

「幕が上がる」は、ある意味今年最大のサプライズにして、青春映画史に残る大傑作。ももいろクローバーZのメンバーが演じる、高校の弱小演劇部は、嘗て“学生演劇の女王”と呼ばれた一人の指導者によって覚醒してゆく。モノ作りとは何か、なぜ自分は物語るのか。ここには創造の夢と狂気、どこでもない何処かへと向かう最初の情景がある。スピンオフに当たる舞台版も素晴らしかった。

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」は、第二次世界大戦下、解読不可能と思われていたドイツ軍の暗号マシン、エニグマに挑んだ天才数学者の物語。だが、彼が異常な執念をもって“考えるマシン”を作ろうとしたのは、単に戦争に勝つためだけではない。その心に秘められた、ある感情が露になるとき、本作は最も切ないラブストーリーとなる。

「セッション」は、恐ろしいまでの緊迫感が全編に渡って持続する、超クールな音楽映画。全米一の音楽大学で、スクールバンドにスカウトされた主人公は、そこで“天才を育てること”にとり付かれた狂気の指導者と出会い、地獄の日々を送る事になる。これはもはや、弾丸の変わりに意地と欲望と音符が飛び交う命がけの決闘だ。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、異才アレハンドロ・G・イニャリトゥによる、未見性の固まりの様な異色作。嘗てヒーロー映画の主役としてもてはやされたのも今は昔、忘れられた俳優、リーガンのカムバック劇は、やがて現実と虚構がシームレスに入り混じり、観客は彼の心象の迷宮に迷う事になる。イニャリトゥはスクリーンを超え、観客の心に直接画を描く。

「寄生獣 完結編」は、漫画を原作とする日本のSFがことごとく討ち死にする中、前作に引き続き高いクオリティを維持した。要素を絞り込み、プロットの密度をを高めて展開する物語は、極めてスリリングでテーマ性も高い。脚本の完成度を上げ、きちんと演技の出来る俳優をキャスティングするという、どこまでも基本に忠実な作りの勝利だ。

「シンデレラ」は、誰もが知るディズニー名作アニメーションの、完璧なセルフリメイク。ケネス・ブラナー監督は、あえて現代的な改変や脚色を行わず、オリジナルストーリーのキャラクターを掘り下げるという手法で、見事古典をモダナイズしてみせた。魔法のシーンの視覚的美しさも素晴らしく、本作を観た観客は誰もが10歳の少女の気持ちに戻ってしまうだろう。

「ピッチ・パーフェクト1&2」は、大学アカペラのNo.1に挑む女性だけのチーム、ガーデン・ベラーズの活躍を描く群像劇。典型的なアメリカンお下品コメディだが、オバカなお笑いと、アカペラシーンのカッコ良さのギャップが見事。今年は音楽映画の当たり年で、本シリーズの他にも「セッション」や後述する「ストレイト・アウタ・コンプトン」、「はじまりのうた」など秀作が目白押しだった。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は、2015年映画界最大の事件。30年ぶりに蘇った世紀末アクションは新たな伝説を作り出し、文句なしの本年度ムービー・オブ・ザ・イヤーとなった。これは細部まで考えられたロジカルな作劇と、暴走するV8エンジンの狂気のエネルギーに支えられた、映像のロックオペラだ。我々は、一人のウォーボーイズとなって、この戦いに参戦するしかない。

「サイの季節」は、イラン革命下、とある男の策略によって30年に渡り囚われの身となったクルドの詩人の物語。ようやく釈放されたとき、既に詩人の家族は手が届きそうで届かない存在になっていた。主人公のモデル、主演俳優、監督は共に国を追われた男たち。これは、彼らの歴史と想いを一つの映画に統合し、再解釈した壮大な映像叙事詩だ。

「コングレス 未来学会議」は、鬼才アリ・フォルマン監督による、異色の近未来SF。デジタル技術が極限まで発展し、あらゆる映像を作り出せるようになった時、人々が求める“次”は何か?フォルマンはアニメーション手法を使って、映像がマテリアルではなく、ケミカルによって作り出される時代を描く。映画の終焉が行き着く先は、はたしてディストピアなのか、それともユートピアなのか。

「インサイド・ヘッド」 は、ディズニー・ピクサーの素晴らしいファミリー映画。思春期の入り口に立つ11歳の女の子の脳内にいるのは、ヨロコビ、ムカムカ、ビビリ、イカリ、そしてカナシミ。人生は楽しくてハッピーな事だけじゃだめなのか、なぜカナシミが必要なのか。ヨロコビとカナシミの脳内ワンダーランドの大冒険は、とても面白くて、ちょっぴり切ない。

「野火」は、塚本晋也監督の執念が生んだ、戦後70年の節目に相応しい大傑作。太平洋戦争末期のフィリピン。無限に広がるジャングルに送り込まれた主人公の田村は、極限状態の中でこの世の地獄を見る。塚本監督自身が演じる田村は、この映画自体を心象として観客を包み込み、一体化する。我々は、否応なしに世にも恐ろしい緑の海の流離譚を体験するのである。

「ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション」は、シリーズベストの快作。プッチーニの「トゥーランドット」を換骨奪胎。非常なスパイの世界で希望を失っているヒロインをテーマ的な主人公とし、イーサン・ハントと仲間たちが救出する。今年はスパイ映画も良作が多く、「007 スペクター」や日本の「杉原千畝 スギハラチウネ」なども良かったが、作劇の妙で本作が一歩抜け出していた。

「ストレイト・アウタ・コンプトン」は、80年代後半に旋風を巻き起こしたギャングスタラップの雄、N.W.Aのメンバーたちを描く鮮烈な実録青春群像劇。青春映画・音楽映画として優れているだけでなく、アフロアメリカン現代史の20世紀の終章と捉えるとより興味深い。彼らから遡ること四半世紀、キング牧師の闘争を描いた「グローリー-明日への行進-」も心に残る。

「草原の実験」は、ある意味今年最大の衝撃作。草原の一軒家にどえらい美少女が朴訥な父と暮らしている。そこに少女を慕い、訪ねてくる少年が二人。素朴な理想郷の情景はしかし、ある時点から急速に暗雲に包まれてゆく。そして予想もしなかったラストシーン、私たちはこの世界がいかに残酷で、暴力に満ちているかを知るのである。

「マイ・インターン」は、どこか古典映画の様な品格を纏った、ヒューマンコメディの秀作。アン・ハサウェイ演じる、葛藤を抱えたeコマースのやり手創業者は、父親の様な年齢のインターンとの出会いで、少しずつ生き方を変えてゆく。一見オシャレなガールズムービーの様な装いながら、同時に高齢化社会の理想をも描き出し、軽妙でありながら、なかなかに深みのある秀作である。

「名もなき塀の中の王」は、いかにもイギリス映画らしいハードな刑務所ドラマだ。暴力衝動を抑えられない少年が、移送された刑務所に偶然収監されていた生き別れの父と出会い、少しずつ変わってゆく。 人間の負の部分が増幅される刑務所という閉鎖空間で、彼らはぶつかり合いながらも、心の底にある絆と愛を知る。

「裁かれるは善人のみ」は、バレンツ海に臨む田舎町を舞台に、権力に翻弄される市井の人々を描くヘビー級のドラマ。土地買収に纏わる騒動が、次から次へと悪循環を作り出し、そこに浮かび上がるのは、虚飾に満ちた現代ロシアの真の姿。ここにはもう神も悪魔もおらず、ただ神の名を語る人間たちのみがいる。

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」
シリーズ最終章に相応しい、パワフルな傑作。カットニスの勇気によって火を噴いた革命は終わりに近づき、独裁は敗北しつつある。だがその事が、平和の到来を意味しないことを知った時、カットニスは誇り高きテロリストとなることを選ぶ。ハリウッドの鋭敏な時代感覚によって、本作は世界の鏡像となった。

「恋人たち」は、共に幸せが過去になってしまった3人の男女を主人公とした物語。なぜ自分にだけ不幸が降りかかるのか、どうしたら人に自分の気持ちを分かってもらえるのか、自分の本当の居場所はどこなのか。ただ幸せを求めて、喪失を埋め合わせようと、閉塞を打ち破ろうと、抗えば抗うほどに現実に打ちのめされる。 今ある世界の暗闇に僅かな光を見出すラストは余韻が長く残る。

「独裁者と小さな孫」は、自らも亡命生活を送る、モフセン・マフマルバフ監督による、寓話的物語。クーデターで権力を追われた独裁者は、幼い孫と二人逃亡者となり、自らが抑圧した人々によって狩り立てられる。独裁者はなぜ生まれるのか、独裁者を作り出すのは誰なのか。映画は暴力の主体としての大衆を客観視させ、世界の縮図を見せ付ける。

「スター・ウォーズ / フォースの覚醒」は、伝説のサーガの鮮やかな復活。J・J・エイブラムスは、創造主の去った宇宙を、見事に人間の手に取り戻した。骨組みはしっかりと残しつつ、ディテールは現代に相応しくモダナイズ。結果どこからどうみても「スター・ウォーズ」だが、フレッシュでワクワクする冒険物語となった。フォースは、間違いなく覚醒したのである。

「クリード チャンプを継ぐ男」は、新世代の監督、俳優による「ロッキー」第二章。こちらも名作シリーズ久々の復活。嘗て最強のチャンピオンだったアポロの息子は、偉大な父を超えるために、自らのメンターにロッキーを選ぶ。これは父を知らない男が、ロッキーと擬似的な父息子関係を結んで、本当の父を越えて行く漢の映画である。

以上、作品の評価や完成度ではなく、現時点で最も心に残る26本。
並べてみると、本当に音楽をモチーフにした秀作が多かった様に思う。
あと今年の特徴としては、ジェンダーに関してハリウッドのメインストリームの潮目がはっきりと変った。
「スター・ウォーズ」の新たな主人公が女性になったのは、その象徴的な出来事だ。
「マッドマックス」や「ミッション:インポッシブル」も一見すると男が主役に見えるが、テーマを体言しているのはどちらも女性。
「マイ・インターン」のアン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロもそうなのだが、深刻な葛藤を抱えている物語的な主人公は女性で、男性はその手助け役、面白さを担う存在という作品が目立った。
フェミニズムの年らしく「私に会うまでの1600キロ」「プリデスティネーション」「アデライン、100年目の恋」、日本映画でも「ビリギャル」「心が叫びたがってるんだ」など、など女性が主人公でそれぞれにユニークな視点を持つ秀作が多かった。
洋画アニメーションでは、「リトル・プリンス 星の王子さまと私」「I LOVE スヌーピー」「ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~ 」など、有名原作やテレビ版などの知名度のある作品は公開されたものの、それ以外は相変わらずガラパゴス。
フランスの素晴らしい「MUNE」などは是非正式公開を望みたい。
他にも言及したい作品は沢山あるが、きりがないのでこのへんで。
ただ最後に、「ワイルド・スピード SKY MISSION」にだけは触れておきたい。
映画としてはもちろん面白かったが、故ポール・ウォーカーに対する最高のトリビュートであり、違う意味で忘れられない映画になった。
さて来年は、どんな映画に出会えるのだろう。

それでは皆さん、よいお年を。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちわ
『草原の実験』の衝撃は凄かったですね。
いやはや、見終わって席が立てなくなる映画なんて、いつ以来だ?と思うほどの作品がまた一切のセリフなしなんですもん。
こんな映画体験は滅多に出来ませんわね。

てな訳で、今年もお世話になり、ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いします。
2015/12/31(木) 12:08:36 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
こんばんは
>にゃむばななさん
あれにはほんとうに参りました。
あまりの出来事に呆然として、何を考えていいのか分らなかったですからね。
ラストが衝撃の映画は多々ありますが、衝撃の種類が過去に無いものでした。
本年もお付き合いありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
2015/12/31(木) 18:14:12 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
こんばんは!
ノラネコさんらしい選出で名作ずらりですね。
最近自分が大作苦手なのだと気づきました 笑
コングレス未来学会議、気になってたんですよね。
DVD出たらみますね。
マッドマックスも行けなかったから観たいな。
2016年も宜しくお願いします♪
2015/12/31(木) 20:47:46 | URL | mig #-[ 編集]
こんにちは。
「恋人たち」は来年にはいるので楽しみです。
リトル・フォレスト 夏・秋・冬・春はとっても好きな作品です。1年通してこうやって生きていけたら素敵だな~って思いました。
見れてない作品もあるので、これからチェックしたいと思います


今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

2015/12/31(木) 21:29:04 | URL | Nakaji #-[ 編集]
こういうベストというのは年の初めのものほど忘れがちになりそうなんですが、『KANO』と『アメリカン・スナイパー』の2本は今でも強烈に覚えております。
あとノラネコさんもおっしゃるようにシリーズ久々の復活が印象に残る年でしたね。スターウォーズもマッドマックスもこれが新たな始まりとなって末永く続いてほしいです
来年はまたアメコミ映画の攻勢がすごいことになりそう… 2016年もよろしくお願いします。よいお年を!
2015/12/31(木) 23:12:21 | URL | SGA屋伍一 #TyXokUWg[ 編集]
こんにちは♪
おっしゃるようにかつての大作が再来。
新しい形でスタートしたように思います。
過去わくわくしながら観ていた作品を、
今度はその成長を見守る感じで観ていけるのは、
大作達を倍楽しめる幸せな機会なのかな~と思います。

今の大人達が、
横並び推奨・危険物排除なぬくぬくな環境に置いてしまった子供達に、
みんなと違うことも価値がある事、互いの個性の尊重する大切さを伝える意味でも、
インサイド・ヘッドは、いい作品だと思いました。

今年もお世話になり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ⭐。
2015/12/31(木) 23:52:43 | URL | みぃみ #JalddpaA[ 編集]
明けましておめでとうございます
ノラネコさん☆
昨年はお世話になりました。
このところノラネコさんと被る映画が少なくて残念に思っていました。
2015年は本当に良作が多くて忘れられないものが沢山ありましたね~
私も絞り切れずに、えいやっと3本にしちゃいました(爆)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016/01/01(金) 15:52:01 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
明けましておめでとうございます
ノラネコさん、明けましておめでとうございます。

自分のランキング考えている時に思ったのですが、シリーズものの質が高かった気がします(ノラネコさんもシリーズものをランクインさせてますね)。
最近は3部作、2部作って構成を最初から計算して、組み立てることをしっかりやっているようになっているのかな。

本年もよろしくお願いします。
2016/01/01(金) 17:01:02 | URL | はらやん #-[ 編集]
あけましておめでとうございます〜!
被ったのは『マッドマックスFR』と『野火』『名もなき塀の中の王』、去年のベストの『草原の実験』でした。
その他『ストレイト・アウタ・コンプトン』『裁かれるは善人のみ』『大統領の小さな孫』も大好きです^^

ところで、ノラさんは今年は何本でした?私よりたくさん見ているなあと驚いて見ていました。劇場で350位でしょうか?
ここに上がってるのは大作が大半以上を占めていますが、ノラさんは今年結構ミニシアター系の映画も見ていましたね。

今年も大変お世話になっちゃいました。
また来年もどうぞ宜しくお願いします。
2016/01/01(金) 17:12:35 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
努力
半分近く観ていない作品がリストアップされていました。
まだまだ努力不足だなと反省(笑)
今年もよろしくおねがいします。
2016/01/01(金) 17:35:59 | URL | まっつぁんこ #L1vigvx6[ 編集]
いつもどうもです
2015年はいろいろと見逃したのが多かったなあと、改めて皆さんのベスト見ながら思います。
『コングレス・・』とかもいつの間にか終わってました(涙)
『・・・コンプトン』も行かなきゃ。
今年もよろしくお願いしますね。
2016/01/01(金) 18:05:02 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
明けましてです♪
ノラネコさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪そして明けましておめでとうございます。


・・他のブロガー様のとこに行ってもそうなのですが、ノラネコさんのベストも拝見しますと、やはり『あー・・今年はこんなに良作見逃してたか・・』なんて事も改めて思っちゃったりで、文章読みながらどこか少しため息も出てる自分です^^;

でも同じ良作を鑑賞したものですと邦画の『幕が上がる』などは自分も印象に残りまして、ガールズムービーとしても面白かったですし、ももクロメンバーの自然体な演技なんかも魅力的でしたね。青春&部活モノはやはりツボに嵌って面白かったです(舞台版はまだ観れてませんけど・・)。


あと昨年もまたTBやコメント等で大変お世話になりました。2016年もひとつ、よろしくお願いいたします。
2016/01/01(金) 21:15:04 | URL | メビウス #mQop/nM.[ 編集]
あけましておめでとうございます
>migさん
あけましておめでとうございます。
「コングレス」も「マッドマックス」もタイプはまるで違いますが、傑作だと思います。
本年もよろしくお願いします。

>Nakajiさん
あけましておめでとうございます。
「リトル・フォレスト」は不思議な映画でした。
ドラマチックな事が何も起こらないのに、なぜか目が離せないんですよね。
こういう個性的な作品にまた出会えますよう。
今年もよろしくお願いします。

>SGA屋伍一さん
あけましておめでとうございます。
2016年の期待は、やはりDCとマーベルの2大「VS」ですよね。
リブートものでは「ID4」もありますが、どうなる事やら(笑
今年もよろしくお願いします。
2016/01/08(金) 23:03:46 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
あけましておめでとうございます
>みぃみさん
あけましておめでとうございます。
昨年は70年代が再び巡ってきた年でした。
60年代生まれとしては、子供の頃の夢に再び出会えたうれしさと、もうこれはリアルタイムでは次の世代の子どもたちのものなんだというさびしさの両方を味わいました。
今年もよろしくお願いします。

>ノルウェーまだ~むさん
あけましておめでとうございます。
三本は思い切ったなと思いましたが、選ばれている作品はたぶん誰が見ても納得の三本ですね。
今年はどんな名作に出会えるでしょう。
本年もよろしくお願いします。

>はらやんさん
あけましておめでとうございます。
シリーズ、リブート当たり外れはありましたが、とりあえず「SW」「マッドマックス」「クリード」のそろい踏みだけでも凄い年だったと思います。
今年もよろしくお願いします。
2016/01/08(金) 23:10:33 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
あけましておめでとうございます
>とらねこさん
あけましておめでとうございます。
なるほど「草原の実験」は一昨年扱いなんですね。
350まではいかないですね、昨年は試写と劇場で長編301本、短編78本でした。
多すぎるので、今年は少し自粛します(笑
本年もよろしくお願いします。

>まっつさんこさん
あけましておめでとうございます。
とりあえず公開映画が多すぎますね。
いつの間に年間600本も公開されるようになったんでしょう。
時間の無駄も多いから、今年は少し搾りたいです。
本年もよろしくお願いします。

>rose_chocolatさん
あけましておめでとうございます。
「コングレス」はもともと公開が短かったですもんね。
「ストレイト~」は絶対のオススメです。
今年もよろしくお願いします。

>メビウスさん
あけましておめでとうございます。
「幕が上がる」との出会いは私的には今年の大きな事件でした。
ぶっちゃけ全然期待してなかったのに、舞台版まで観に行っちゃいましたから。
舞台版のDVDが待ち遠しいです。
今年もよろしくお願いします。
2016/01/08(金) 23:21:15 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ノラネコさん、こんにちはー。
遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いします。

草原の実験、なんだかとっても気になる映画ですね。これはチェックしないと!DVDあればいいけど。名もなき堀の中の王なんかもぜひ見てみたいです。イギリス映画なのでこれはそのうちどうにか見れるかな…。

色々参考にさせていただきました!TB失礼しますねー。
2016/01/26(火) 11:23:16 | URL | minori #SFo5/nok[ 編集]
こんばんは
>minoriさん
一応まだ一月なんで、あけましておめでとうございます。
「草原の実験」はある意味一番の衝撃作です。
終わっても席を立てなかったのは久しぶりでした。

今年もよろしくお願いします。
2016/01/26(火) 23:25:59 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
総括… 詳細はφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512260000/ 【送料無料】[枚数限定][限定版]【初回限定生産】マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレ…価格:3,102円(税込、送料込) 【送料無料】ワイルド・スピード SKY MISSION ブルーレイ+DVDセット/ヴィ...
2015/12/31(木) 06:02:53 | 日々“是”精進! ver.F
2015年もいよいよ10日あまりとなってしまいました。 2015年度鑑賞した作品は現時点で51作品と 10年連続60本以上鑑賞する事ができませんでした。 ただ10年 ...
2015/12/31(木) 09:28:24 | オールマイティにコメンテート
期待された才能や企画が昔からのファンを裏切る作品が多かった2015年。大衆に迎合した作品に成り下がり、本来その才能や企画が持つ魅力を完全に喪失されてしまった残念な作品を見る ...
2015/12/31(木) 12:10:31 | こねたみっくす
「安心して下さい。面白い映画はありますよ。」とばかりに洋邦問わず様々な話題作や大作が数多く公開された2015年。「結果にコミットする」ような興収を得たのはやはりアニメやシリ ...
2015/12/31(木) 12:10:31 | こねたみっくす
2015年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2015年に鑑賞した映画を振り返ります。
2015/12/31(木) 18:15:15 | FREE TIME
毎年恒例、この1年間に観た映画を振り返りあくまでも私の好みだけで選ぶベスト10。まずは邦画部門からです。 では、ポチっと続きをどうぞ
2015/12/31(木) 18:30:28 | カノンな日々
続いて日本映画以外の映画部門ベスト10。今年はなんと言っても『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が私にとっては大きな出来事。結局5回観てきました。年明けにもまた観に行くつも ...
2015/12/31(木) 18:30:44 | カノンな日々
あっという間に年末! blogは10年だけど、その前から毎年作ってたので 今年で18年目  独断と完全なる好みで選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの、好きというのを重視 ちなみ...
2015/12/31(木) 18:42:04 | 我想一個人映画美的女人blog
【2015年下半期に印象に残った作品】 【ホラー】 ババドック 暗闇の魔物 フレッシュ・デリ マザーハウス 恐怖の使者 【サスペンス・スリラー】 ブルー・リベンジ うずまき フォックスキャッチャー 【アクション・SF】 マッドマックス 怒りのデスロード マッドマックス 怒りのデスロード(2回目) マッドマックス 怒りの...
2015/12/31(木) 19:37:29 | いやいやえん
2015年度のマイベスト10発表です。
2015/12/31(木) 19:55:59 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
今年もいよいよ終わりですね〜!!早めにランキングがんばろっと! 今年は意外にも100本いかなかったな〜!92本でした。 それでもよく見に行ったほうなのかしら。。。 映画館にはライブビューイングでよくいったから、パスポートはかえれるんだけど、 帰るのは来年...
2015/12/31(木) 21:29:31 | C’est joli ここちいい毎日を♪
めいっこたちが去って、ようやく家に静寂が戻ってまいりました。もはや見てくれる人が
2015/12/31(木) 23:13:30 | SGA屋物語紹介所
平成27年12月28日(月)。 2015年も、あと3日。 今年も様々な芸術作品達に潤いをいただきました。 こちらには特筆したい事がある作品について書いてあるため、全て大切な記録なのですが…。 今年は、その中からさらなる抜粋に初挑戦してみました。 ≪映画≫ …
2015/12/31(木) 23:36:33 | ☆みぃみの日々徒然日記☆
さて、年の瀬も押し迫ってきたので、毎年恒例の1年間の振り返りです。 今年の鑑賞本
2016/01/01(金) 10:05:12 | はらやんの映画徒然草
今年の新しい未来を占うような、清々しい元旦を迎えることができました。 昨年は多くの方にブログにコメントやTBををいただいたり、こっそりとでも見てくださって本当にありがとうございました。なんとか細々と続けていく張り合いにもなっています☆ 引き続き、本年もどうぞよろしくお願いいたします~~
2016/01/01(金) 15:27:50 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
 いつも訪問していただいているみなさま、あけましておめでとうございます。昨年はお世話になりました、今年も宜しくお願いします。  それでは毎年恒例12回目になるメルブロの ...
2016/01/01(金) 17:21:32 | メルブロ 〜海外個人旅行記〜
年末にあたり今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。 今年観た映画の本数は162本。 昨年は203本だったから観た回数は20%減。 162本のうちダブリ鑑賞が5本。 昨年以前の公開作品鑑賞が14本。 昨年のうちに観てしまった今年の作品が5本。 来年公開の作品が3本。 未公開作が3本。 よって今年の新作で観たものは142本である。 あいかわらずアク...
2016/01/01(金) 17:28:04 | あーうぃ だにぇっと
映画祭・特集上映・日本未公開部門編ランキングに引き続いて、こちらが一般公開編のランキングです。 個人ランキングのTB、集計用はこちらを使って下さい。 選出対象となる本数ですが、 190本(2015年劇場公開総鑑賞本数) − 57本(映画祭・特集上映) = 133本 ...
2016/01/01(金) 17:59:06 | Nice One!! @goo
2015年_洋画・日本映画ベスト10 ●2015年_洋画お気に入りベスト10(ベストテンは2種類、1位は4種類)・次元違いのベスト1① マッドマックス 怒りのデス・ロード・宇宙違いのベスト1① スター
2016/01/01(金) 18:19:51 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
相変わらずジャンルの偏りも抜けなければ鑑賞本数も減少傾向にある自分ではありますが、そんな中でも細々と継続して来たこの年末のベスト選出も今年で数える事10回目。・・あんまり実の伴っていないような選出ではありますけども、ただそれなりに回数をこなしてきた分、今ではどこか手慣れて来た感もあったりはします(笑 まあ今年はちょっと年末にかけてお仕事関係が勤務史上最もハードなスケジュールになってしまいま...
2016/01/01(金) 21:11:36 | シネマをぶった斬りっ!!
以下、facebookより転載 映画が、好きです。だから今年も発表します。 2015年映画ベスト10(+5) 気になるのがあったらDVD等でチェックしてみてください。 外国映画から、日本映画は後日にします。 1位「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)ア
2016/01/02(土) 10:09:59 | タニプロダクション
BB-8 カワイイ〜〜〜♪ 2015年・・・ライヴ参戦も多かったのに劇場鑑賞は110本 うちライヴビューイングは11本 複数鑑賞は 『ソロモンの偽証 前篇・事件』 2回 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 3回 実...
2016/01/02(土) 11:55:15 | pure breath★マリーの映画館
 う~ん、相変わらず更新できておりませんね。言い訳でけしまへん!ホントすみませんm(_ _)m。でも、やっぱりこれだけはやらせていただきます。だって年越せませんから。今年は何と!125本もの映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。人生史上最多更新!でございます。で、とりあえず恒例の“マイ・シネマ・ランキング”。今年も殆んどUP出来てませんので、UPしていなかった...
2016/01/02(土) 12:35:30 | シネマ親父の“日々是妄言”
【2016年謹賀新年】 2015年銀幕大帝αベスト10 (1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『イコライザー』(レンタル開始日:2015-03-25) 短評:デンゼル・ワシントンが少女の平和を願い悪を相手に無双しまくる。渋い!カッ...
2016/01/02(土) 21:25:56 | 銀幕大帝α
 あけまして おめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。 さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。
2016/01/03(日) 01:05:59 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
2015年ベストシネマ15(洋画編)   2015年は洋画50(うち2回×1)、邦画47本と少しですが洋画が多かったです  昨年に比べ、少ない数だったのは、11月に換えたTOHOシネマズのフリーパスが  有効に使えなかったことも理由の一つです。   そ...
2016/01/03(日) 09:12:23 | 京の昼寝〜♪
明けましておめでとうございます! 昨年も邦画をたくさん観賞しました。最近の邦画もハリウッド映画に負けないくらいにとてもいい作品が公開されました。 それでも、順位を付けるとなると、私が★★★★★を付けた作品から選んで見たいと思います。 第1位:KANO〜193...
2016/01/03(日) 14:37:36 | パピとママ映画のblog
業務があまりに多忙で映画は全然見れなかった。映画館での鑑賞本数はたったの18 それでベストテンもないけど、一応私の毎年の恒例行事なので… 2015年映画マイベストテン 1位 セッション(デミアン・チャゼル) 2位 恋人たち(橋口亮輔) 3位 キングスマン(マシュー・ヴ...
2016/01/03(日) 22:33:35 | 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 改め ALIQOUI film 映評のページ
主食が餅の三日間を乗り越えようやく通常の食事にありつけるのかと思いきや、今朝もしっかり餅を食べた身体の主成分が餅のたおです。あけましておめでとーございました! で、考えてみれば休止期間をはさんでるんでまるっと3年振りとなる年間ランキング。3年間の思いのたけ…
2016/01/04(月) 18:12:30 | Subterranean サブタレイニアン
2015年ベストシネマ15(邦画編)   毎年、洋画より邦画のいい作品が印象に残るのですが、  後半戦は邦画にあまり良いものがなかったような気がします。  残念ながら4年連続の100本超えは出来なかったですが、  今年はもっと吟味して鑑賞して行こうと思...
2016/01/05(火) 18:54:50 | 京の昼寝〜♪
明けましておめでとうございます。 2016年、幸多き1年でありますよう心より願います。 今年もどうぞ宜しくお願いします。 映画館観賞45作品から。 マイ・ベスト(★4つ以上)(公開順・観賞順) *「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」 *「6才のボクが、大人になるまで。」 *「ジャッジ 裁かれる判事」 *「はじまりのうた」 *「フォックスキャッチャー」...
2016/01/06(水) 18:26:38 | 心のままに映画の風景
 2015年は198本の映画を見ました。これだけ見ても、見たかったのに見損なった作品が何本かあるのが残念。ただ、邦画洋画ともに豊作で、ベスト10を選ぶのに苦労しました。なお、スター・ウォーズのエピソード7は、2016年の1本目なので、今回はカウントしていません。それ…
2016/01/06(水) 23:03:11 | 映画好きパパの鑑賞日記
ベストその他いろいろ!
2016/01/07(木) 12:24:13 | Akira's VOICE
My Best Movie of 2015 ■口上 今年は劇場20本を含め、全部で208本の作品を鑑賞しました。昨年よりやや少なくなりました。 年初はオスカー受賞作を追いかけ、年末も佳作に巡り会えました。主にフィールドとしている WOWOWでも思いもかけずいい作品に出会えたり、なかなか充実した一年でした。 中でもあまり観ない邦画に触れるチャンスが多く、良作を鑑賞することも出...
2016/01/07(木) 21:14:51 | 映画!That' s Entertainment
2015年も、あと少しで終わろうとしています。 皆さまのこの1年はいかがでしたでしょうか? 年が変わっても、自分や取り巻く環境が変わるわけでもないのに、 なぜか大晦日という日はトクベツな感慨をもってやってきますね、、、。 個人的には、とてもエキサイティングな...
2016/01/10(日) 10:38:13 | to Heart
「ベスト10」だけでは、つまらないから、全部に順位をつけましょうかね?という、毎年恒例のお遊び。
2016/01/11(月) 21:44:53 | 或る日の出来事
[映画興行ランキング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ ブログをご覧の皆さん、遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます! 昨年は4年半ぶりにブログを更新したものの、秋以降はなかなか更新できない状況が続いてしまい、誠に申し訳…
2016/01/12(火) 02:08:26 | 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
----ついに大晦日。 こんなに顔を見せてくれなかった年もなかったニャ。 一年のまとめもやらないままなのかと…。 「まったくだね。 実は今年は、 外国映画も日本映画も引き込まれる作品がとても多かったんだ。 で、あちらを喋ればこちらは喋らなくていいのかと…。 そんな...
2016/01/24(日) 17:58:11 | ラムの大通り
そろそろ書かないと忘れてしまうので去年の映画のベスト10でも書いてみようかなと思います。久々に映画館、および映画に復活した昨年、2015年、日本にいたころに比べたら全然見ては ...
2016/01/26(火) 11:24:08 | キマグレなヒトリゴト: IN PERTH