酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「キャロル・・・・・評価額1700円」
2016年02月05日 (金) | 編集 |
その愛は、人生を永遠に変える。

舞台は1950年代のニューヨーク。
エレガントな大人の女性キャロルと、まだ初々しい蕾のテレーズ。
対象的な二人は共に人生の岐路に立っており、運命的に出会うと急速に惹かれ合う。
「太陽がいっぱい」で知られるパトリシア・ハイスミスが、1952年に発表した事実上の長編デビュー作「The price of solt」を「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド・ヘインズ監督が映画化した作品。
嘗てのハリウッドではタブーだった物語を、確固たる美意識に裏打ちされた古典的な映画言語を用いて、実に豊かに描き出している。

ルーニー・マーラー演じるテレーズは、ジャーナリストを目指しニューヨークに出てきて、クリスマスシーズンのデパートで、売り子のアルバイトをしている。
恋人はいるが、将来へのビジョンには違いがあり、なかなか結婚に踏み切れない。
そんな時、テレーズの担当する売り場に、ミステリアスな雰囲気を纏った美しい女性が現れる。
愛娘へのプレゼントを探していた彼女の名はキャロル。
自分とは違う完成された大人の女性の存在感は、テレーズの心を一瞬で奪う。
それ以来、会う様になった二人は、急速に距離を縮めてゆくのである。
そして、完璧に見えたキャロルの家庭は崩壊中で、娘の親権を巡って夫側と泥沼の争いをしている事を知る。

失望よりも強く湧き上がる、キャロルへの思慕の念。
自分の中に生まれた気持ちが、真摯な愛である事を悟ったテレーズは、キャロルからドライブ旅行に誘われると、西に向かって旅立つ。
だが、社会が今よりもずっと愛の多様性に不寛容で、男たちが女性の人生を自らの付属品の様に扱っていた時代。
彼女たちのささやかな逃避行は、やがてより複雑な事態を招き寄せてしまう。
テレーズとの純粋に相手を想い合う気持ちと、既に築き上げた家族との間で揺れるキャロルの葛藤。
個と個、個と社会の関係がぶつかり合い、絡み合う。
偽りの人生への圧力が二人の愛を翻弄し、狂おしい愛の嵐が自らの本心をかき消してゆく。
しかし、無理に押さえつけるほどに、彼女らは裸の自分自身を意識せざるを得ない。

モチーフはLGBTのラブストーリー、だがそれだけではない。
これは窮屈な時代に生きる二人の女性が、お互いを想う気持ちによって成長し、遂に魂の牢獄から自らを解き放つ、人間の生き方に関する普遍的な物語。
ルーニー・マーラーとケイト・ブランシェットが素晴らしい。
三十路にして驚くべき透明感と儚げな少女性を持つ、マーラーの憂いを含んだ表情は、物語が進むにつれて次第に目力を増し、大人の女としての明確な意志を示すようになる。
貴婦人の仮面に下に強かさと弱さ、親として女としての苦悩を隠すブランシェットは、相変わらず圧巻。
物語はまずテレーズの視点ではじまり、次第にキャロルへとシフトする。
ラストのなんとも言えない絶妙な表情一つで、この映画は彼女のものとなった。
綿密に設計された俳優、カメラ、美術、衣裳etc.が織りなす、観客をトリップさせるゴージャスな映像と、ウェットな楽曲。
スタッフォードの唄う、ショパンの「別れの曲」のジャズバージョン、「No Other Love」が駄目押しに心を揺さぶる。
スクリーンに広がる、どこまでも魅惑的な世界。
これぞ映画である。

二人の恋の味に相応しいのは、華やかなロゼ。
ケイト・ブランシェットの故郷、オーストラリアでモエ・エ・シャンドンが設立したドメーヌ・シャンドンが生産する「シャンドン・ブリュット・ロゼ」をチョイス。
シャンパーニュ製ではないので、シャンパンは名乗れないが、きめ細かい泡とフルーティな香りは健在。
むしろコスパの高さが嬉しい、華やかなスパークリングだ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
普遍的な物語
説明いただいて、なるほどたしかに普遍的な物語だなと思いました。時系列が把握できにくくて冒頭がちょっとわかりにくいのと、ケイトのご開帳が中途半端なところが難点ですかね(笑)
2016/02/05(金) 22:05:53 | URL | まっつぁんこ #L1vigvx6[ 編集]
こんばんは
>まっつぁんこさん
そういや、ケイトのほうはかなり遠慮気味でしたね。
もともとあんまり脱ぐ印象の無い人ですけど、若いマーラーに気後れしたとか?(゚ー゚;
2016/02/05(金) 22:27:26 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
圧倒的な存在感
2人の女優の存在感ある演技(特にまなざし)に圧倒されました!全編に流れるスタンダードジャズや当時のファッションも魅力的!
ラストのキャロルのアップには貫禄が溢れていました。でも、裸の背中は年相応!
2016/02/17(水) 20:36:10 | URL | karinn #NCwpgG6A[ 編集]
こんにちわ
キャロルお姉さまと妹分テレーズの百合関係から、互いを対等に恋人と想い始めるあのラスト。
恋が始まる瞬間を最後に持っていく演出が何とも美しく感じましたよ。
2016/02/18(木) 17:48:57 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
こんばんは
>karinnさん
二人はホントに素晴らしかったですね。
女性二人が主役の映画って決して多くはないのですが、このコンビネーションは完璧でした。
まあ、さすがに背中はね・・・・(´-ω-`)

>にゃむばななさん
ラストのブランシェットの表情は圧巻でした。
まさに本当の恋が始まる瞬間。
あの一瞬で彼女のオスカーに一票です。
2016/02/18(木) 22:16:41 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
雰囲気
すごく雰囲気で持って行っちゃうような作品でした。
そしてまたどれもぴったりなところが上手かった。
もちろん主役2名もです。
2016/02/19(金) 11:56:19 | URL | rose_chocolat #ZBcm6ONk[ 編集]
こんばんは
>rose_chocolatさん
まさにムーディー。
全てがゴージャスで、それでいて調和している。
画面の隅々、音の一つ一つまで丁寧に作りこまれた珠玉の一品でした。
主役二人にとってもこれは代表作になるでしょうね。
2016/02/20(土) 23:41:37 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ケイト様最高!
『アデル、ブルーは熱い色』にしろ、この作品にしろ、LGBTのカテゴリー内ではなく“普遍的なラブストーリー”として描くのがスタンダードになってきた、とようやく思えますよね。
アメリカの古典映画にはよくデパートが使われますが、こちらもまたデパートを上手に使っていて好きでした。
美術もとても良かったと思います。
2016/03/05(土) 16:17:42 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
こんばんは
>とらねこさん
そうですね、以前に比べるとLGBTの描き方はだいぶ変わってきました。
特にレズビアンを主人公にした映画はほんと少なかったですもんね。
マイノリティがようやく社会的普遍性の中で語られる様になってきたと思います。
この時代はアメリカのデパートの最盛期なので、時代を象徴する舞台として良く出てきますね。
2016/03/07(月) 18:42:04 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キャロル@ユーロライブ
2016/02/05(金) 22:01:26 | あーうぃ だにぇっと
ケイト・ブランシェットの「ブルージャスミン」に続いての主演女優賞が噂される今作。 アカデミー賞候補が発表されたが、まだ内容は知らないタイミングで今作を鑑賞した。 そして鑑賞直後に感じたのはまず、 ケイト・ブランシェットは、2度めの主演女優賞を獲ったな...
2016/02/06(土) 01:37:34 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
1952年、ニューヨーク。 高級百貨店の女性アルバイト店員テレーズは、密かに写真家に憧れているが、恋人からは結婚を迫られていた。 ある日、売り場にキャロルというエレガントな女性が、6歳の娘へのクリスマスプレゼントを探しに訪れる。 ひょんなことから、テレーズはキャロルの屋敷に招待され、心を通わせていくが…。 ラブ・ストーリー。 ≪このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。 あな...
2016/02/06(土) 19:44:40 | 象のロケット
評価:★★★☆【3.5点】(P) 同性愛をテーマにしたメロドラマに付いて行けるか^^;
2016/02/12(金) 21:42:06 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
原題: Carol 監督: トッド・ヘインズ 出演: ケイト・ブランシェット 、ルーニー・マーラ 、サラ・ポールソン 、ジェイク・レイシー 、カイル・チャンドラー 試写会場: ユーロライブ 2015年 アメリカ 映画『キャロル』公式サイトはこちら。 52年、冬。ジャ...
2016/02/13(土) 04:58:51 | Nice One!! @goo
【CAROL】 2016/02/11公開 イギリス/アメリカ/フランス PG12 118分監督:トッド・ヘインズ出演:ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、サラ・ポールソン、ジェイク・レイシー、カイル・チャンドラー このうえもなく美しく、このうえもなく不幸なひと、キャロル。...
2016/02/14(日) 23:00:19 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
離婚調停中の人妻と若い女性の恋愛を描いた作品です。
2016/02/15(月) 22:33:34 | 水曜日のシネマ日記
「憧れ」や「代用」は恋へと昇華するのだろうか。 これは恋の物語でも愛の物語でもなく、本当の意味での恋が始まるまでの物語。キャロル・エアードとテレーズ・ベリベットの対等 ...
2016/02/18(木) 17:50:20 | こねたみっくす
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 2月13日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 14:30の回を鑑賞。
2016/02/19(金) 20:56:33 | みはいる・BのB
映画『キャロル』は、1950年代を舞台にしたということではなく、映画らしい映像の
2016/02/20(土) 22:38:33 | 大江戸時夫の東京温度
『キャロル』Carol原作 : パトリシア・ハイスミス監督 : トッド・ヘインズ出演 : ケイト・ブランシェットルーニー・マーラカイル・チャンドラージェイク・レイシーサラ・ポールソン、他 物語・195
2016/02/21(日) 05:24:00 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
恋に落ちた相手はキャロル 公式サイト http://carol-movie.com 原作: キャロル (パトリシア・ハイスミス著/河出文庫)監督: トッド・ヘインズ  「ベルベット・ゴールドマイン」 
2016/02/23(火) 11:24:19 | 風に吹かれて
  1952年のニューヨーク。 デパートでアルバイトをするテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘のプレゼントを探すゴージャスな女性キャロル(ケイト・ブランシェット)を接客。 優雅で気品に満ちたキャロルに魅了されたテレーズは、彼女の忘れ物を送ったことからランチに誘われるが…。 「見知らぬ乗客」「太陽がいっぱい」などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表...
2016/02/23(火) 14:57:00 | 心のままに映画の風景
 1950年代のアメリカを舞台に、当時は市民権を得られていなかった女性の同性愛を描いた作品。美術、ファッション、撮影などは満点に近く、主演の2人も本当に美しかったのだけど、これ、男女の話だったら、普通のメロドラマだよな、と見ていて醒めた部分もありました…
2016/02/27(土) 21:24:03 | 映画好きパパの鑑賞日記
 『キャロル』を吉祥寺プラザで見ました。 (1)本作の主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞にノミネートされているというので映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭の時点は1952年。まず地下鉄の走る音に続いて駅で停車する音が聞こえた後、ジ...
2016/03/01(火) 18:49:26 | 映画的・絵画的・音楽的
 CAROL  1952年、ニューヨーク。フォトグラファーに憧れながらも百貨店のおもちゃ 売り場で働くテレーズ(ルーニー・マーラ)は、娘へのクリスマスプレゼントを 買いに来た貴婦人キャロル(ケイト・ブランシェット)と出逢う。  我らがケイト・ブランシェットと、ルーニー・マーラが恋に落ちる。原作はパ トリシア・ハイスミス、監督は 『アイム・ノット・ゼア』 ...
2016/03/07(月) 21:25:26 | 真紅のthinkingdays
 洋画ファンの評価が高かったのと、広告の雰囲気に惹かれたのとで、観に行ってきました。物語が始まるや、舞台になっている50年代の服飾とか色合いの虜になり、カメラワークも大変好みでした。あえてのフレームアウトとか、覗き見みたいなアングルとか。
2016/03/12(土) 11:04:03 | 首都クロム
15日のことですが、映画「キャロル」を鑑賞しました。 試写会にて 52年、マンハッタン 冬。テレーズはデパートで玩具販売員のアルバイトをしていたある日 娘へのプレゼントを探しに来た ミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われる。それ以来、2人は会うようにな...
2016/03/23(水) 22:31:49 | 笑う社会人の生活
『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』などで知られる女流ミステリー作家パトリシア・ハイスミスが52年に別名義で発表した小説を「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化。エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの切なくも美しい禁断の恋の行方を、50...
2016/04/15(金) 18:52:37 | パピとママ映画のblog
人類はいつから恋愛感情を知ったのか。 そんな素朴な疑問から、つい最近知ったのだが、変形菌に詳しい方によると、変形菌は雌雄が明確にわかれていないためにプラスとマイナスという表現を使うそうだが、プラスどうしでつながっていく同性愛のような行動をとる変形菌が必...
2016/10/02(日) 14:24:09 | 千の天使がバスケットボールする
ビューティフル!
2017/06/13(火) 22:46:14 | 或る日の出来事