酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「桜ノ雨・・・・・評価額1600円」
2016年03月07日 (月) | 編集 |
誰にでも、忘れられない歌がある。

最近流行り(なのか?)の部活もの。
もちろん昔からあるカテゴリだけど、ここ1年くらいは従来のスポーツ系ではなく、なぜかステージパフォーマンスの部活がやたら目立つ。
「幕が上がる」「くちびるに歌を」「心が叫びたがってるんだ。」そして本作。
テレビドラマを加えれば、「表参道高校合唱部!」もそうだ。
特に合唱部をモチーフにしたものは、上記の中だけで3本もある!
しかも全て主人公は女性である。
スポーツの様に、確立したルールの枠内で闘うのではなく、合唱や演劇は何をどうやるのかはより自由で、とどのつまりは自分自身の内面から湧き出す欲求の吐露だ。
その意味で、青春の葛藤をストレートに表現しやすいのかも知れない。
まあそれでも、似たモチーフの作品が何本も重なると食傷気味になりそうだが、これはなかなか良く出来ている。

ぶっちゃけ、世界観も物語も思いっきりありきたりで、未見性は皆無である。
舞台となるのは、海と山に囲まれた田舎の高校。
主人公の遠野未来は自分の気持ちを表現するのが苦手で、ちょっと優柔不断なところのある内向的な少女。
自分を変えたいと思って新入生の時に合唱部に入部したものの、結局何も変わらないまま2年生になった彼女が、1年生の指導係として初めて責任ある立場に立たされる。
とは言っても特別な事は起こらない。
合唱コンテストへ向けた数ヶ月間に、歌うことについて部の仲間たちと葛藤し、憧れのハル先輩への仄かな恋心に悩み、病気の母を思いやりながら少しだけ成長する。ただそれだけだ。
同じような映画は、たぶん世界中に何百本とあるだろう。
でも、この平凡な物語は観客を飽きさせない。
それは、ここに描かれている事、主人公の抱えている様々なモヤモヤが、誰の心にも残る青春の記憶と重なるからだ。

なぜ歌うのか、合唱によって表現したい気持ちの元になるのは何か。
口べたな未来は、自分の中にある感情をうまく言い表せない。
ハル先輩にも、お母さんにも、部の仲間たちにも色々伝えたい気持ちがあるのに、どうしても言葉を飲み込んでしまうのだ。
彼女にとって、合唱は歌詞にのせて素の自分をさらけ出し、人との繋がりを実感できる時間。
歌っている瞬間だけは、心の殻から抜け出せる。
だから歌いたいし、いつかはハル先輩の様に自分で歌を作りたい。
合唱、演劇、ミュージカルとステージパフォーマンスは数あれど、この根源的な自己表現への欲求がきちんと描かれている作品には、誰もが感じられる経験からくる説得力がある。

本作の元になったのは、数年前からネットで人気になった同タイトルのボカロ曲だという。
正直、全く知らなかったのだが、いかにも二十一世紀的な成り立ちとは対照的に、良い意味で古典的な青春映画の王道プロット。
クライマックス直前の主人公の変化は、シチュエーションからも唐突感があり、部員たちとのエピソードなどは描き足りない要素もある。
しかし、やはり曲が良いのだろうし、役者たちも練習を重ねたのだろう、合唱シーンの高揚が見事で、ここだけでも作品を成立させる力があり、感動的に見せ切った。
恋愛要素があまり前面に出ず、奥ゆかしいのも胸キュンで良い。
静かな青春の熱情を感じさせてくれる、リリカルな佳作である。

ちなみに主演の山本舞香はこれから化けそうな気がするが、最初出てきた時、二階堂ふみかと思った。
並べるとそんなでもないんだけど、顔の雰囲気がそっくりなんだろうな。
という事は、彼女は宮崎あおいとも似てるという事か。

本作のロケが行われた伊豆の、海と山に恵まれた風光明媚な風景は、日本人にとってどこか郷愁を感じさせる。
今回はこの地方の地酒、万代醸造の「純米吟醸 萬耀 」をチョイス。
静岡産の酒米・誉富士と静岡酵母で作られた、地元に拘った一本。
しっかりとした米の味わいと、ふくよかな吟醸香のバランスが良い。
豊かな海の幸を肴に飲みたい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
確かにちゃんと飽きずに見ていられるんですが、主人公が引きこもりに近くて、他者とあまり話をしないので、合唱部のメンバーが浮かび上がってこないとか、欠けている部分も多く気になりました。ちょっと共感性に頼りすぎている気がしてしまった。
2016/03/09(水) 08:28:14 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こばんは
>ふじき78さん
確かにかぎりなく引きこもりなんだけど、一応最後に曲を作ったという点で一定の成長はしているかと。
完成度の高い映画じゃないんだけど、そこが一生懸命っぽくて好きなんですよ。
2016/03/16(水) 23:17:24 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
▲圧倒的な「桜」の前に「桜ノ雨」というより「桜ノ大雪山大雪崩 死傷者多数」みたいに思わなくもない。まあ、何だ。いくら大量でも桜の花びらで圧死とか難しいかもしれんが。 ...
2016/03/09(水) 18:06:12 | ふじき78の死屍累々映画日記
 初音ミクの動画でヒットした曲をイメージした作品で、美しい自然を背景に合唱部に打ち込む高校生達の姿を映し出していますが、なんか突き抜けたものがなかったのですよね。歌とドラマ部分もちぐはぐした気も否めませんでした。  作品情報 2015年日本映画 監督:ウエ…
2016/03/20(日) 06:50:06 | 映画好きパパの鑑賞日記