酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「山河ノスタルジア・・・・・評価額1650円」
2016年05月08日 (日) | 編集 |
変わってゆく社会、変わらない人の想い。

中国の市井の人々を描き続けてきた、ジャ・ジャンクー監督の新境地。
最新作は、1999年のある三角関係を起点に、過去、現代、未来の彷徨える中国人を描く。
ニューミレニアムの幕開けとマカオ返還を控えた1999年は、中国にとってアジア通貨危機が一段落し、その後10年以上に渡る爆発的な高度経済成長の起点となった年。
物語は、「GO WEST」に乗って踊る若者たちの姿で幕を開ける。
「GO WEST」は70年代に大ヒットしたヴィレッジ・ピープルの代表曲だが、本作に使われているのは93年にリリースされたペット・ショップ・ボーイズのカバー版。
元々この曲のタイトルは、19世紀のアメリカの著名な新聞人にして政治家、ホレス・グリーリーの「若者よ西部に行け、西部に行ってこの国と共に成長せよ」という論説記事から引用されたもの。
原曲が世に出た70年代はLGBTムーブメントが盛んになった時代で、これはゲイ・カルチャーのメッカだった西部のサンフランシスコを目指す曲だといわれている。
しかし、ペット・ショップ・ボーイズ版の「GO WEST」は、グラミー賞を受賞したハワード・グリーンホール監督の傑作MVに一目瞭然な様に、冷戦の敗北によって共産主義陣営が挙って「西側に行こう」としている世界を皮肉ったもので、これを映画の冒頭にもってくることで「中国よ、お前はどこへ行くのか?」と問いかけているのである。

1999年の冬、山西省の太原に住むヒロインのタオは、実業家のジンシェンと炭鉱労働者のリャンから想いを寄せられる。
皆が平等という共産主義の原則が崩れ、チャンスを掴んだ者と、そうでない者の格差が徐々に広がりつつある時代。
羽振りの良い富裕層は、ようやく自家用車を手に入れられるようになったが、多くの庶民の暮らしぶりはまだまだ素朴なものだ。
口下手でプライドが高いリャンと、自信に満ちた成金ジェンシェンの対照的な二人。
タオは迷った末にジェンシェンを選び、恋敗れたリャンは何処かへ去る。
そして15年後の2014年。
怒涛の高度成長期を経て、中国社会は激変している。
タオとジンシェンとの結婚生活は破綻し、ジェンシェンは更なる成功を掴むために上海に転居、タオは米ドル(Dollar)から名づけられた一人息子、ダオラーの親権も失ってしまった。
そんなある日、彼女は病に冒され明日をも知れぬ命のリャンと再会する。
富を掴んだ人々の高級外車が街に溢れる一方で、貧しくて医者にもかかれない人々がいる新しい中国。
タオは、15年前にジェンシェンとリャンのどちらを選んだとしても、結局何かを得て何かを失っていたという現実を突きつけられ、元夫と共に国外に出るのだというダオラーと最後の時を過ごす。

二度と戻らないであろう活力ある国家の青年期は終わり、これからの見通しの悪い未来、彷徨える中国人はどこへ向かうのか
古都・太原から上海へ、そこから南半球メルボルンへ。
10年後の近未来、2025年には次の世代が葛藤を抱えている。
国境のくびきを逃れ、中国語すら忘れたダオラーは、Google翻訳を通してしか親の世代とコミュケーションをとることが出来ない。
そんな自由すぎる閉塞の中で、彼は失われたアイデンティティの向こう側に、母の面影を探すのである。
主人公の「タオ」という名前は、中国語の「波」と同じ音なのだとか。
波は上海にも、メルボルンにも、世界中の海に打ち寄せる。
故郷となる山河や喋る言語は変わっても、結局人が人を想い、愛し続ける心は不変なのかも知れない。
1999年の「GO WEST」が、ぐるり巡って2025年に連環する仕掛けは見事。
現在と過去だけでなく、近未来を描くことで本作にあえて虚構性を与えたのは、あくまでもジャ・ジャンクーのイマジネーションの中で咀嚼された、批評的中国人論ということだろう。
1999年の世界はスタンダードで、2014年はビスタ、2025年はスコープサイズと時代ごとに異なるアスペクト比で描かれているのも面白い。
中国人の視野は物質的な充実と共に徐々にワイドになってゆくが、それは心の虚無感の広がりと比例しているのである。

今回は中国を代表する銘柄「青島ビール プレミアム」をチョイス。
青島ビールと言えば普通は緑の瓶を連想するが、こちらは所謂白瓶。
緑瓶よりもホップ感が強く、香りも独特。
口当たりは爽やかだが、後味がしっかりしているので、海鮮料理などにはこちらの方が合うかも。
普通の青島ビールが物足りない人は、こちらを試してみるといいだろう。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1999年、中国・山西省フェンヤン。 小学校教師の女性タオは、炭鉱労働者リャンズーと実業家ジンシェンという、二人の幼なじみから想いを寄せられていた。 やがてジンシェンと結婚したタオは、息子ダオラーを授かる。 …2014年、離婚し一人フェンヤンで暮らすタオは、ダオラーたちがオーストラリアへ移住することを知らされる。 …2025年、オーストラリア。 19歳のダオラーは、母親のような中国語教師ミア...
2016/05/09(月) 10:12:03 | 象のロケット
注・内容、台詞、ラストに触れています。『山河ノスタルジア』MOUNTAINS MAY DEPART監督 : ジャ・ジャンクー出演 : チャオ・タオ、チャン・イーリャン・ジンドン、ドン・ズージェンシルヴ
2016/05/11(水) 16:11:43 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
 『山河ノスタルジア』を渋谷ル・シネマで見ました。 (1)予告編で見て良さそうに思って、映画館に行ってみました。  本作(注1)の冒頭は第1のパートで、舞台は1999年の汾陽(山西省)。  スタジオで音楽(注2)に合わせて大勢の若者がダンスの練習をエネルギッシュ...
2016/05/25(水) 21:01:38 | 映画的・絵画的・音楽的
『世界』や『長江哀歌』『罪の手ざわり』といった作品を作ってきた賈樟柯ジャ・ジャンクー監督の最新作。山西省の地方都市、汾陽を舞台に1999年、そして2014年の物語が、オーストラリアを舞台に2025年の物語が語られる。 1999年、タオ(趙濤チャオ・タオ)は、炭鉱で働...
2016/05/27(金) 00:50:49 | まてぃの徒然映画+雑記
映画『山河ノスタルジア』は、平明でポピュラーになったジャ・ジャンクーだと評判。中
2016/06/06(月) 23:29:08 | 大江戸時夫の東京温度