酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ブルックリン・・・・・評価額1700円」
2016年07月06日 (水) | 編集 |
二つの人生は、生きられない。

1950年代初頭、アイルランドから遥か大西洋の彼方、ニューヨーク、ブルックリン区に移民する少女エイリシュの成長物語。
彼女は二つの祖国、二つの愛の間で揺れ動きながら、蕾から美しく開花してゆく。
物語はごくシンプルで、内容的には予告で見せていることが全てだ。
妹の未来を案じる姉の計らいで、アメリカに渡ったエイリシュは、幾つもの試練を乗り越え、愛の幸せと喪失の哀しみを知り、遂に人生最大の選択をする。

次に何が起こるかは予測できるし、奇をてらった所は全く無い。
だがエイリシュの内面のドラマはじっくりと描き込まれ、彼女の葛藤はあざとさを含め観客の深い共感を誘う。
殆ど出ずっぱりでドラマを牽引するシアーシャ・ローナンは、本当に素晴らしい役者になった。
彼女はニューヨークでアイルランド人の両親の元に生まれ、三歳でアイルランドに逆移民したというから、エイリシュはまさに彼女のために用意された様な役なのだ。
※核心部分に触れています。

私は若い頃アメリカで移民として十数年を過ごしたので、エイリシュの揺れる気持ちはとてもよく分かる。
心をえぐるホームシック、新たな出会いと移民先の社会への順応、そしていつか迫られる、何者として生きてゆくのかの決断
まだ飛行機は一般的でなく、インターネットなんて影も形も無い時代。
行き来することはもちろん、連絡すら簡単にとれないからこそ、エイリシュの葛藤も大きくなる。
一人ぼっちになった母を残してゆくことへの罪悪感、故郷に留まって欲しいという周りからのプレッシャー、そして女心を惑わすもう一つの愛
自分がいるべき場所はアイルランドではないのか、ブルックリンでの生活が白日夢だったのではないのか。
エイリシュの二度の決断、最初の移民の時、そして姉の死によって一時帰国した後に、ニューヨークに戻ることを決める時、二人の女性が後押しする。
一人目はもちろん薄幸の姉ローズであり、彼女の妹への溢れんばかりの愛は、エイリシュの故郷への想いと一体化する。
もう一人は、エイリシュの元雇い主のケリー夫人だ。
偏屈で噂好きのこの老女は、閉塞した故郷のネガティブな象徴であり、結果的に彼女の悪意ある言葉によって、エイリシュは人生の“ホーム”がどこなのか最後の選択をするのである。

今年の賞レースを競った「キャロル」とは、舞台が50年代のニューヨークであること、主人公の勤め先がデパートであるという以上に通じる部分が多い。

モチーフは異なるものの、共に田舎娘が大都会の生活を通して洗練され、大人の女性として自らの意思で人生を選び取る物語である。
そしてどちらも時代性のある映像、美術、衣装、音楽と作品世界の全てが豊か。
アメリカ入国時のコート、恋人とのデートで着る水着など、物語の要所でエイリシュの衣装のキーカラーになっているのがグリーン。
グリーンはアイルランドのナショナルカラーでもあり、アイルランドの守護聖人である聖パトリックの命日にあたるセントパトリックス・デーには、アメリカでも多くの街がグリーンに染まる。
物語のラストで彼女がグリーンのカーディガンを纏っているのは、たとえアメリカ人になっても、アイデンティティは忘れないということだろう。
拘りをもった細やかな演出は画面の隅々まで行きわたり、観終わってからも“映画”がじわりと心に沁みてゆく。
記憶の中にいつまでも留めておきたくなる、愛すべき小品である。

今回はアイリッシュ・スタウト。
日本に輸入されている数少ない銘柄の一つ、「マーフィーズ アイリッシュ・スタウト」をチョイス。
島の南部に位置するアイルランド第二の都市、コークに拠点を置いている事もあって、アイルランド南部ではライバルのギネスよりポピュラーなのだそう。
味わいはギネスに比べて苦みがかなり弱いこともあって、マイルドで飲みやすい印象。
香りはしっかりしていて、スタウトの独特な味が苦手な人でもわりと挑戦しやすいかも。
缶ビールには例によってウィジェットが入っているので、家庭で飲んでもあのクリーミーな泡がちゃんと立つ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ナショナルカラー
深い意味があったのですね。
日本のナショナルカラーは何色かと考えた。
君が代歌えない者は出ていけなどというバカげたことを言う老人はいても、皆が象徴的に意識する色はない。
エイリシュは強制なんかされずともグリーンを身にまとう。
ナショナリティーとは本来そうあるべきものだと思いました。
2016/07/07(木) 07:13:09 | URL | まっつぁんこ #L1vigvx6[ 編集]
シアーシャファン
衣装といい、全体の雰囲気といい、「キャロル」と似ていますね~(デパートの店員も)
あの時代の女性の成長期をごく自然に演じているシアーシャ・ローナンがいいですね~
碧い瞳がその時々の心境を表現していて・・・・・。
今後に期待です。
2016/07/07(木) 09:11:23 | URL | karinn #NCwpgG6A[ 編集]
こんばんは〜
グリーン、なるほど。

よかったんだけどあまりに全てうまくいき、二つの国と二人の男性で揺れるけれど、、、
ドラマとしての面白さに期待しちゃうのでやや物足りずでした。好みとしては。
私はすぐ記憶から消えそうです 笑
女目線より男性の方が今作、評価高い気がします。
2016/07/07(木) 22:56:31 | URL | mig #-[ 編集]
こんばんは
>まっつぁんこさん
日本のナショナルカラーは一応赤白じゃないですかね。
昔F1がナショナルカラーだった時代にホンダが赤白で走ってたし。
しかしファッションにすると過度におめでたくてダサくなるというw
まあ確かに国への思いというのは、誰かに見せつけるために前面に出すもんじゃないと思いますね。

>karinnさん
どうしてもキャロルを思い出してしまいますね。
同じ時代、同じ街に暮らす同世代の女性の話ですもん。
あの映画のルーニー・マーラーと同じく、本作のシアーシャは本当に素晴らしかった。
彼女にとっても代表作になったでしょうね。

>migさん
確かに喉越しすっきりあっさり爽やかな印象でした。
>女目線より男性の方が今作、評価高い気がします。
どうでしょうね、後半のエイリシュの行動は二股とも言えるので、あれが許せない男は結構多い気がします。
2016/07/12(火) 23:00:49 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ブルックリン
初めまして。レビュー、いつも楽しませていただいています。私は先日、三本の映画をハシゴしましたが、二本目の「ブルックリン」を見た後、思わず売店でギネスビールを購入してしまいました(なぜか売ってるんですね〜)。アイルランドという国に思いを馳せて…
2016/07/17(日) 21:44:43 | URL | さるこ #-[ 編集]
古き良き時代
ノラネコさん☆
これから飛躍的に伸びていく輝かしい未来を見つめる姿が、アメリカの古き良き時代を懐かしんで、先行きの見えない不安に襲われている現代の人々の胸に響いたのかもしれないですね。
劇場も年配の方が多かったです。
2016/07/20(水) 22:20:45 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>さるこさん
映画館でギネス売ってたんですか。
それはこの映画にピッタリな。
映画とビールで遠い異国の青春に思いをはせる、いいですねえ〜。

>ノルウェーまだ~むさん
アイデンティティが分裂している時代だからこそ、原点回帰的な意図を持った作品かもしれません。
ただ同時に、過去30年で人口が1億人も増えた移民社会では、これが現在の物語でもあるというのが重要なんだと思います。
2016/07/23(土) 23:24:42 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ブルックリン@神楽座
2016/07/07(木) 07:05:32 | あーうぃ だにぇっと
1950年代。 アイルランドの小さな町に住む女性エイリシュは、姉の勧めで渡米し、ニューヨークの高級デパートで働くことに。 一時はホームシックに陥ったものの、トニーという恋人ができたり、大学で学んだりするうちに、洗練されたニューヨーカーになっていく。 ある時、アイルランドに帰郷した彼女は、トニーとは正反対のタイプの男性ジムと再会する…。 ラブ・ストーリー。
2016/07/07(木) 17:49:40 | 象のロケット
アカデミー賞作品賞、主演女優賞、脚色賞ノミネート。 コルム・トビーンの同名小説をニック・ホーンビィの脚色、「ダブリン上等!」「BOY-A」のジョン・クローリーが監督。 脚本家は「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」などのニック・ホーンビィ。 ’5...
2016/07/07(木) 22:54:07 | 我想一個人映画美的女人blog
映画『ブルックリン』は、アカデミー作品賞にもノミネートされていたので気になってい
2016/07/12(火) 23:18:07 | 大江戸時夫の東京温度
 20世紀半ばのニューヨークを舞台に、アイルランド移民の若い女性の青春を描いた佳作。前半は丁寧に心情をすくっていたのだけど、後半は若干はしょりすぎの感じもありました。    作品情報 2015年アイルランド・イギリス・カナダ映画 監督:ジョン・クローリー 出演…
2016/07/13(水) 06:46:11 | 映画好きパパの鑑賞日記
 『ブルックリン』を新宿の角川シネマで見ました。 (1)アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品(注1)ということで映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、1950年代前半のアイルランドのとある街。朝のまだ暗い内。  主人公のエイリシュ(シアーシャ・ロー...
2016/07/19(火) 21:07:40 | 映画的・絵画的・音楽的
どうしてこの作品を観ようと思ったんだっけな? あ、アカデミー賞の作品賞ノミネート作品だったからね☆ あれ?どうして☆4つと評価が高いのかしら? ん~~~~???
2016/07/20(水) 22:08:51 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
新天地と故郷 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie 原作: ブルックリン (コルム・トビーン著/白水社)監督: ジョン・クローリー  「ダブ
2016/07/21(木) 15:27:06 | 風に吹かれて
アカデミー賞で話題になったシアーシャ・ローナン主演の青春ドラマです。 シアーシャ・ローナンは好きな女優さんなので、公開を楽しみにしていました。 アイルランドの小さな田舎町からブルックリンに出てきた主人公の姿はキラキラと輝いて見えました。
2016/07/27(水) 00:14:18 | とりあえず、コメントです
ほんのちょっとしたことで、人の行動は変わる。それを運命、いや、人生というのか。
2016/07/30(土) 22:27:55 | 或る日の出来事
評価:★★★★【4点】(11) 第88回アカデミー作品賞にノミネートされた本作の実力は?
2016/08/06(土) 21:27:44 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~
『わたしは生きていける』などのシアーシャ・ローナンを主演に迎え、アイルランドからニューヨークに移住した女性の青春の日々を映すドラマ。アイルランドの片田舎から大都会のニューヨークにやって来たヒロインが、戸惑いながらも自らの宿命と愛に身を任せる姿に迫る。『...
2016/08/17(水) 17:54:29 | パピとママ映画のblog
『ブルックリン』BROOKLYN 監督 : ジョン・クローリー出演 : シアーシャ・ローナンエモリー・コーエンドーナル・グリーソン、他 物語・アイルランドの町で暮らすエイリシュ(シアーシャ・ローナン)
2016/08/30(火) 12:40:12 | 映画雑記・COLOR of CINEMA
「ブルックリン」(英題:Brooklyn)は、2015年公開のアイルランド・イギリス・カナダ合作のドラマ映画です。コスタ賞を受賞したコルム・トビーンの同名小説を原作に、ジョン・クローリ...
2016/12/17(土) 16:58:32 | 楽天売れ筋お買い物ランキング