酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
シング・ストリート 未来へのうた・・・・・評価額1750円
2016年07月12日 (火) | 編集 |
ストレイト・アウタ・ダブリン。

なんと瑞々しい作品だろう!
大不況にあえぐ1985年のダブリンを舞台に、一目ぼれした年上の彼女にアピールするべく、仲間たちとバンドを結成する少年の恋と成長を描く、パワフルな青春音楽映画だ。
ダブリン出身で「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」と、音楽をモチーフにした快作を連発するジョン・カーニー監督にとって、これは半自伝的な作品。
幾つもの葛藤と音楽活動を通して、無垢なる少年は少しずつ大人になってゆく。
そして小さな閉塞した世界を超えて、無限の可能性が待つ未来へと歩み出すのだ。
伝説的な80’sのヒット曲の数々と、主人公らの劇中バンドの楽曲が満載。
若者たちには青春の普遍的な葛藤、中年以上の観客には時代性たっぷりの懐かしいディテールと、あらゆる世代が楽しめる傑作である。
※ラストに触れています。

1985年、ダブリン。
長引く不況により父が失業し、14歳の少年コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は、学費のかからないカソリック系の学校に転校させられてしまう。
そこは、暴力が吹き荒れ、厳格な校長が絶対権力を振るう荒れた学校。
家に帰れば両親が毎日のように喧嘩を繰り返し、家庭は崩壊寸前。
コナーの唯一の楽しみは、大学を中退した音楽マニアの兄と、TVで隣国イギリスの人気バンドのミュージックビデオを見ること。
ある日、年上でモデル志望のラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)に一目ぼれしたコナーは、自分たちのバンドのビデオを撮るから、出演してくれと頼む。
ラフィーナが快諾したことで、あわててバンドを結成したコナーは、カッコいいビデオにするべく特訓を始めるのだが・・・・・


モテたい→バンド活動は世界共通。
1972年生まれのジョン・カーニーにも、そんなバックグラウンドがあったようだ。
この人は映画監督になる前は、今もダブリンを中心に活動しているロックバンド“The Frames”のベーシストで、自分たちのミュージックビデオを撮っているうちに、映画作りを始めてしまったという異色の経歴の持ち主。
そりゃ元本職なのだから、音楽関係の描写はお手のものというわけだ。
本作でコナーたちが在籍しているSynge Street CBSもダブリンに実在する学校で、カーニーもここに通っていた。
彼はこの映画で、自分が実際に十代だった頃に“できなかったこと”を描いたという。
なるほど、リアルな学校生活をベースとしながらも、厳格な校長先生やいじめっ子に屈せず、やりたいことを貫き、バンドでヒーローになり、年上の彼女をゲットする。
ある意味、音楽オタクのティーンの願望を、大人になってそのまま具現化したということか(笑

いい感じにやぐされたマニアな兄貴の導きで、コナーは当時の最新音楽トレンドに出会ってゆく。
「デュラン・デュラン」「ザ・キュアー」「ホール&オーツ」「a-ha」・・・etc.
キラ星の如く全編に散りばめられた80’sの名曲は、今聴いてもやっぱりイイ。
コナーが彼らの影響を受けまくって、新しい曲を聴くたびにファッションセンスが変わってゆくのもティーンエイジあるある。
彼らが結成する劇中バンド“シング・ストリート”の音楽力が「けいおん!」ばりに高く、「こいつらならすぐプロデビューじゃね?」思ってしまうのはリアリティ的にはともかく、下手くそな歌を延々聴かせられるより、観客としてはありがたい。
彼らの楽曲が今風でなく、しっかり80’sスタイルしているのもマルだ。
私は映画が終わってそのままサントラを買いに行ったが、その位音楽映画としての力は強かった。

では主人公のコナーにとって、音楽とは何なのだろう。
欧州の西の端にある島国、アイルランドはエクソダスの地という印象が強い。
今でこそ工業が発達し、それなりに豊かな国になっているが、歴史的には強大な隣国であるイギリスの陰に隠れた貧しい農業国であって、飢饉や不況のたびに多くの市民が外国への移民を選択してきた。
先日公開された「ブルックリン」は、1950年代を舞台に、アイルランドからニューヨークへ移民する少女エイリシュの物語だったが、こちらも時代は違えど社会は不況が続き、多くの若者が仕事を求めて国外に出てゆく状況は変わらず。
コナーとラフィーナが、海峡の向こうのイギリスを見つめる描写が何度かあるが、アイルランドの若者にとって、海とは現在の自分と可能性の未来を隔てるものなのかもしれない。
さらにコナーは、両親の不和から家庭崩壊を目の当たりにしており、抱え込んだ幾重の葛藤を言葉にして吐き出せる音楽は、閉塞する現実への精一杯の抵抗であり、自分自身の内面との対話なのだろう。

コナーの成長のキーとなるのが、ラフィーナに「いいミュージシャンになるには、ハッピー・サッドを知って」と言われるシーンだ。
ハッピーとサッド、人生には悲しみがたくさんあるけれど、その中でも人はどこかに喜びを見つけて生きてゆく。
思春期真っ只中のコナーの場合、それは恋と音楽だ。
学校がクソでも、両親が離婚しても、将来なんて分からなくても、愛する人と音楽があれば、それが人生。
ちなみに、30歳で夭折した天才シンガー、ジェフ・バックリィの父であり、自らも28歳でこの世を去ったティム・バックリィの初期の名盤に、「ハッピー・サッド」というそのままのタイトルのアルバムがある。
発表された時代が古く、映画とは全く関係ないのだけど、このアルバムからは「悲しみの中の喜び」という言葉の音楽的ニュアンスがよくわかると思うのでオススメ。

クライマックス、バンドの最初で最後のギグの最中、コナーの妄想が炸裂してから、映画は急速に寓話的になり、物語を通じて一回り成長した少年は、やがて愛するラフィーナと共に旅立ちの時を迎える。
目指すのは、海の向こうにあるロックの聖都、ロンドンだ。
最初はロンドンに憧れる彼女にアプローチするために始めたバンドで、その先のことなど想像すらできなかったコナー。
しかし、今やロンドンは二人の共通の夢、約束の地なのだ。
アイルランドと大ブリテン島を隔てているたった50キロの海峡は波高く、空は荒れている。
でも、二人はもうひるまない。
恋と音楽を巡る本当の冒険は、これから始まるのである。

今回は1974年に誕生した、アイリッシュウィスキーとクリームのリキュール「ベイリーズ」をチョイス。
もともとアイルランドには、酒とミルクを混ぜて飲む文化があり、ウィスキーとミルクの他、スタウトにミルクという組み合わせを好む人もいるという。
そんな歴史から生まれたベイリーズは、甘くフレッシュなクリームとコクのあるウィスキーの味わい、バニラやカカオの香りが心地よい。
ロックで飲むのが基本だが、アイス&ホットのコーヒーと適量ミックスしても美味しい。
アイスはベイリーズの比率を高め、ホットは低めるのがコツ。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは〜
これ良かったですよね、やっぱり音楽映画は大好き!
この監督作、ハズレなしだなぁ。

あ、ベイリーズ好き♪
2016/07/16(土) 00:46:07 | URL | mig #-[ 編集]
こんばんわ
恋をするって、やっぱりいいですよね。
日常の全てを彼女を振り向かせるための努力の時間に変えてしまう。
自分自身の見つめ直しの時間に変えてしまう。
そんな想いを全て音楽で表現してくれるんですから、もうたまりませんわ!
今回はしっかりとサントラも映画館で購入しましたよ!
2016/07/17(日) 23:46:28 | URL | にゃむばなな #-[ 編集]
こんばんは
>migさん
「ダブリンの街角で」以来3作連続で名作を放ってますよね。
音楽ものに特化してる感じですけど、珍しいタイプの映画作家だと思います。
このまま音楽専門でいくのか、別ジャンルを撮るのか、一度あえて音楽フィーチャーしない作品も観てみたい気がします。

>にゃむばななさん
恋に音楽に、まさしく青春映画の王道でした。
この映画に出てきた音楽はほとんど私も10代の頃に聞いたものなんで、すごく懐かしもあり、改めて聞いて新鮮でもありました。
サントラ仕事中に聞いてますw
2016/07/23(土) 23:05:38 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
1985年、大不況を迎えたアイルランドの首都ダブリン。 14歳の少年コナーは、父親が失業したため私立校から公立のシング・ストリート高校に転校させられる。 ヤバそうな生徒や校長にまで目をつけられ落ち込むコナーの前に、突如“女神”が現れた! 自称モデルの年上女性ラフィーナに一目惚れしたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。 慌てて“僕のバンド”を結成し、猛特訓&曲作りの日々が始まった...
2016/07/13(水) 15:48:56 | 象のロケット
悩み多き思春期をバンドで吹き飛ばせ! 公式サイト http://gaga.ne.jp/singstreet7月9日公開 監督: ジョン・カーニー  「ONCE ダブリンの街角で」 「はじまりのうた」
2016/07/14(木) 16:46:46 | 風に吹かれて
カーニー3部作が完成。 第1作 = ONCE ダブリンの街角で 第2作 = はじまりのうた 特に はじまりのうた はツボにハマり、去年の極私的ベスト10の第5位に食い込んだ。 映画:はじまりのうた Begin Again  音楽ネタ満載 + フル・NYロケ でたっぷり楽しめる1...
2016/07/14(木) 23:59:32 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督最新作 80年代のアイルランド、ダブリンを舞台に描く青春音楽映画 デュラン・デュラン、A-ha、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム、ラッシュ、ホール&オーツ、ザ・キュアーなどのブリティッシュロック満載! 主題歌を「はじまりのうた」に出演したマルーン5...
2016/07/16(土) 00:44:45 | 我想一個人映画美的女人blog
僕は歌う。届けたい恋心、理不尽な日常、大切な仲間、決して諦めたくない未来への想いを込めて。 ストーリーに新鮮味は全くないのに、何て満足度の高い作品なのか。恋を経験した ...
2016/07/17(日) 23:54:25 | こねたみっくす
シング・ストリート 未来へのうた@よみうりホール
2016/07/19(火) 16:41:35 | あーうぃ だにぇっと
 『シング・ストリート 未来への歌』を渋谷のシネクイントで見ました。 (1)8月7日に閉館となる映画館の最後の公開作品だというので、行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、隣の部屋で両親が、「毎日ガミガミ言いやがって」「酒と愚痴ばかり」「出て行け」などと夫...
2016/07/22(金) 06:56:16 | 映画的・絵画的・音楽的
2015年・アイルランド・イギリス・アメリカ合作 制作:マーセド・メディア=フィルムネイション・エンタティンメント=ワインスタイン・カンパニー他 提供:ギャガ=カルチュア・パブリッシャーズ配給:ギャガ
2016/07/24(日) 00:09:26 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
映画『シング・ストリート 未来へのうた』は、ボーイズ・ムーヴィー、バンド・ムーヴ
2016/07/25(月) 22:55:59 | 大江戸時夫の東京温度
1980年代のイングランドを舞台に、音楽に夢をかける15歳の少年の姿を描いた青春ドラマです。 『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』の監督さんの自叙伝的作品と聞いたので どんな物語なのだろうと気になっていました。 辛い状況も歌への気持ちを胸に、大好きな兄や仲間たちと乗り切ろうとする主人公が眩しく見える作品でした。
2016/07/29(金) 00:00:57 | とりあえず、コメントです
 「ONCE ダブリンの街角で」などい、切ない青春音楽映画というジャンルを切り開いたジョン・カーニー監督の新作。80年代のアイルランドを舞台に、どうしようもない現実に翻弄されながらも、音楽と恋に必死な高校生の心境を救い上げた佳作です。  作品情報 2015年…
2016/07/31(日) 06:52:43 | 映画好きパパの鑑賞日記
「ONCE ダブリンの街角で」「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、学校にも家庭にも様々な問題を抱え、悩み多き日々を送る14歳の少年が、愛しの彼女を振り向かせようと...
2016/09/06(火) 16:29:54 | パピとママ映画のblog
19日のことですが、 映画「シング・ストリート 未来へのうた」を鑑賞しました。 1985年 ダブリン 両親の離婚や転校、いじめで暗い日々を過ごすコナーは兄と一緒にミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみな14歳 ラフィナを見掛け恋に落ちた彼は思わず「僕のバンドの...
2016/09/07(水) 09:39:32 | 笑う社会人の生活
「シング・ストリート未来へのうた」(原題:SingStreet)は、2016年のアイルランドのコメディ&ドラマ映画です。ジョン・カーニー監督・脚本・制作、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、...
2017/02/16(木) 19:00:06 | 楽天売れ筋お買い物ランキング