酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「ロスト・バケーション・・・・・評価額1650円」
2016年07月26日 (火) | 編集 |
そこは、楽園のはずだった。

ジャウム・コレット=セラのジャンル映画にハズレなしを証明する、海洋サスペンス映画の快作である。
初期の「蝋人形の館」「ゴール2」はパッとしなかったものの、第3作「エスター」で高い評価を得ると、その後はリーアム・ニーソンと組んで、いい意味でB級感覚を刺激する娯楽アクション映画を連発。
前作の「ラン・オールナイト」は、2人のコンビ作の集大成とも言うべき傑作となった。
今回はニーソンとは真逆のキャラクター、「アデライン、100年目の恋」で、永遠の29歳を生きるタイトルロールを演じた正統派美人女優、ブレイク・ライヴリーと初タッグ。
ライヴリー演じる医学生のナンシーは、休暇で訪れた秘境のビーチでサーフィン中に巨大なサメに襲われ、岸まで僅か200メートルの岩礁の小岩の上で、身動き取れなくなってしまう。
僅か86分の上映時間、ひたすらサバイバルだ!

今は海面に突き出している岩は、満潮になれば沈んでしまう。
そうなればサメから身を隠す術はない。
タイムリミットが迫り来る間に、幾つものチャンスが潰え、幾つもの危機が襲う。
最初の襲撃で傷ついた足から流れ落ちる鮮血は、捕食者に獲物の存在を教え続ける。
助けを呼ぶ彼女の声に気付いた男たちは、ことごとくサメの餌食になり、通りかかった船には気付いてもらえない。
助かるかも、という希望をの瞬間が幾つもあるからこそ、絶望もまた大きくなる。
そんな中でも、ナンシーは決して自暴自棄になったりしない。
冷静に敵を観察し、僅かなリソースを使い、マイナスをプラスに変えてゆく
医学生という設定を生かし、アクセサリーのピアスと着用していたウェットスーツを使って応急処置し、血を止める。
漂流していたGoProでサメを観察、遺書代わりのメッセージ録画に使う。
更にマリンスポーツ用の時計でサメの動きを計測し、相手を出し抜く作戦を練る。

実は、ナンシーは最愛の母を癌で亡くしたばかり。
どんなに勇敢に闘っても、勝てないことがあることを思い知らされ、医者になる夢を諦めようとしているのである。
そこで母の思い出のビーチを訪ねてきた訳だが、期せずして自分自身が絶体絶命の危機に陥ってしまった。
家族の喪失によって、深い傷を抱えた主人公が、命の危機を迎えて改めて生きるための力を取り戻すという展開は、アルフォンソ・キュアロンの傑作「ゼロ・グラビティ」を思わせる。
しかし宇宙飛行士になろうと思っても、そうそうなれるものでもないし、宇宙でデブリに殺されるシチュエーションは、一般人にとっては限りなくファンタジーだ。
対して、本作のような大自然の中での予期せぬ危機は、日本国内だってクマに襲われたり、サメに食われたりした事例はいくらでもあるので、大いにリアリティを感じさせる。

サメの脅威以外にも、サンゴやクラゲといった毒のある生物、急速に体温を奪う気象条件など、幾つもの危機が主人公に襲いかかり、いよいよ満潮を迎える時刻から始まるクライマックスは、それまでの伏線を回収しながら、手に汗握るスリリングな直接対決となる。
サブプロットが存在しない一歩道の脚本ながら、物語は極めて映像的で緻密に構成され、全く無駄がない。
ワンアイディアを巧みに生かし切った、お手本のような一本と言える。
まあ、でっかいクジラが浮いてるのに、なんでサメはあっちを食べずに執拗にナンシーを狙うのかとか、ツッコミを入れようと思えばいくらでも入れられるが、映画的なウソのつき方が上手いのである。
ライヴリーの美しさに、サメも惑わされたということで(笑
ほぼ一人芝居ゆえ、物語を和ませるカモメが良かった。
ナンシーの生きようとする意思のエクステンドという意味で、ちょっと「キャスト・アウェイ」のウィルソンを思い出した。
ところでUberってあんな秘境にも呼べるんかいな?

サメさえいなけりゃ天国の様な青い海、と言うことで「ブルー・シャンパン」をチョイス。
ブルーキュラソー2tsp、シャンパン120mlをグラスに注ぐ。
カットしたオレンジを添えて完成。
基本的には僅かな甘みと香りを加えたシャンパンなので、スッキリとした味わい。
澄んだブルーは目にも涼しい。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
彼女は医学生だから、まあ、こんなもんでしょうけど、岩礁の上に取り残されたのがブラック・ジャックだったら、スーツの中からメスを取り出して、鮫の腹を割いたでしょうね。いや、下手すると手術してしまったかもしれない(確か鮫を手当てするエピソードがあったなあ)。
2016/08/18(木) 23:07:57 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじき78さん
ブラックジャックが手術したのはイルカじゃなかったでしたっけ。
悪党に撃たれたイルカを助けたら水先案内してくれるけど、最後死んじゃうという悲しい話でした。
ブラックジャックは結構動物助けているんですよね。
2016/08/22(月) 22:37:36 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
魚場を荒らす鮫かシャチが真珠加えて治療を乞いにやってくる話があったので、そっちのイルカの話とは別かもしれないっす。
2016/08/23(火) 00:01:05 | URL | ふじき78 #rOBHfPzg[ 編集]
こんばんは
>ふじき78さん
ほお、その話は読んだ記憶がないです。
いろんなの直してるんですねw
2016/08/26(金) 19:31:02 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
美女vs人喰い鮫… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201607240000/ 【映画ポスター】ロスト・バケーション (ブレイク・ライブリー グッズ/The Shallows) /インテリア 海 両面価格:11200円(税込、送料別)
2016/07/27(水) 05:48:15 | 日々“是”精進! ver.F
医学生のナンシーは、亡き母が教えてくれた秘密のビーチを訪れる。 そこは地形、波、風と、全てがサーファーにとって完璧な楽園だった。 ところが、巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかる。 足を負傷しながらも無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る…。 海洋パニック・アクション。 ≪岸はすぐそこ。 しかし、たどり着くことはできない。≫
2016/07/27(水) 14:08:50 | 象のロケット
「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」のジャウマ・コレット=セラ監督が、巨大ザメに追い詰められ、小さな岩場で絶体絶命の窮地を迎えたヒロインの決死のサバイバルの行方を描いた戦慄のサスペンス・スリラー。主演はTV「ゴシップガール」、「アデライン、100年目の...
2016/07/27(水) 15:43:14 | パピとママ映画のblog
メキシコの原生林を抜けた現地の人間も知らないビーチで一人の女性が鮫とのサバイバルを繰り広げる。あらゆる知恵を絞り生き残ろうとする勇気が観客の心を射つ。工夫された脚本だった。
2016/07/29(金) 06:30:12 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
映画『ロスト・バケーション』は、数あるサメ映画の中でも『ジョーズ』に迫るほどの怖
2016/08/03(水) 22:54:38 | 大江戸時夫の東京温度
 アクションやホラーの職人ともいえるジャウマ・コレット=セラ監督の新作。サメに襲われる女性というワンシチュエーションだけで映画にした手腕はさすがだけど、手堅すぎて突き抜け感がなかったかも。ラストの評価は分かれると思います。  作品情報 2015年アメリカ映…
2016/08/05(金) 07:25:19 | 映画好きパパの鑑賞日記
2016年・アメリカ/コロムビア・ピクチャーズ配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント 原題:The Shallows 監督:ジャウム・コレット=セラ脚本:アンソニー・ジャスウィンスキー製作:リ
2016/08/06(土) 23:31:08 | お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月25日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター3にて 15:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。
2016/08/07(日) 09:09:33 | みはいる・BのB
 『ロスト・バケーション』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうに思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、海岸でボールを蹴って遊んでいる男の子が、ウェアラブルカメラの装着されたヘルメットが流れ着いているのを目にします。 ...
2016/08/12(金) 20:26:45 | 映画的・絵画的・音楽的
意外と見入ってしまう緊迫感ある良作だった。
2016/08/17(水) 21:47:37 | だらだら無気力ブログ!
▲ケツとかぷりっとしてても男前な姉さん。 五つ星評価で【★★★★やっぱり鮫の映画はいい】 生物学的に言うと、 鮫が何故あんなにブレイク・ライブリーを食べたいのかがよく ...
2016/08/19(金) 00:06:13 | ふじき78の死屍累々映画日記
THE SHALLOWS 2016年 アメリカ 86分 サスペンス/ホラー PG12 劇場公開(2016/07/23) 監督: ジャウマ・コレット=セラ 『ラン・オールナイト』 製作総指揮: ジャウマ・コレット=セラ 出演: ブレイク・ライヴリー:ナンシー オスカー・ジャネーダ:カルロス...
2016/11/25(金) 14:13:51 | 銀幕大帝α
映画 『ロスト・バケーション(2D・字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、亡き母が教えてくれた秘境のビーチを訪れる。妻に先立たれた父と幼い妹の世話、医者になるための猛勉強の日々から解放され、...
2016/11/27(日) 10:18:40 | ディレクターの目線blog@FC2
【概略】 休暇を利用してビーチを訪れたナンシーに1匹の巨大鮫が襲い掛かる。彼女は大量に出血しながらも近くの岩場に泳ぎ着くが…。 パニック めったに人が来ない秘密のビーチで、サーフィン中にサメの襲撃を受け、何も持たないままサメがうろつく沖合の浅瀬に取り残された女性の恐怖と生き残りをかけた葛藤を演じるのがブレイク・ライヴリー。 満潮が近づくにつれどんどん小さくなる足場、目の...
2017/01/03(火) 09:37:01 | いやいやえん
映画「ロストバケーション」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画 「ロスト・バケーション」予告 ...
2017/02/04(土) 08:57:46 | 翼のインサイト競馬予想
シンプルでスリルがあってスッキリと時間が短くて面白いじゃない!
2017/04/29(土) 11:30:39 | 或る日の出来事