酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係なTBもお断りいたします。 また、関係があってもアフェリエイト、アダルトへの誘導など不適切と判断したTBは削除いたします。

■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
ショートレビュー「スター・トレック BEYOND・・・・・評価額1600円」
2016年10月29日 (土) | 編集 |
さらば、亡き友よ。

ジャスティン・リンはブレない。
稀代のリブート職人、J・J・エイブラムスが最高の形で復活させた大人気シリーズを委ねられ、相当なプレッシャーの中で作り上げた作品だと思うが、これはまるで宇宙を舞台にした「ワイルド・スピード」だ! 
宿敵カーンとの戦いを制した「イントゥ・ダークネス」から3年後、カークはエンタープライズの艦長として、嘗てのTVシリーズで描かれた深宇宙を巡る5年の大航海の真っ只中。
だが、そろそろ中年に差し掛かかろうとする今、彼は早くもミドルエイジ・クライシスの崖っぷちにいるのである。
父を追って宇宙艦隊に入ったものの、なぜ自分は宇宙にいるのか、艦を率いることへの迷いを抱き、一度はエンタープライズを降りようとする。

 
今回テーマ的にはこの葛藤の解消がメインとなるのだが、例によって予期せぬ危機に陥ったカークやクルー達の絶対の行動原理、ファースト・プライオリティーが「仲間のため」「仲間は絶対見捨てない」なのだ。
これは「ワイルド・スピード」シリーズのドミニクたちの、「ファミリー(仲間)のため」とほぼ同じニュアンスで、観ている内にだんだんクリス・パインがヴィン・ディーゼルに見えてくるという(笑
彼等の行動がテーゼとなり、見捨てられた過去を持つ今回の敵役が体現するアンチテーゼと分かりやすい対立を形作り、ジンテーゼを導き出すシンプルな構図。
 
SFなのに結構凝ったバイクアクションもあるし、宇宙戦闘もビーム兵器の類は殆ど活躍せず、基本宇宙船同士のぶつけ合い!どつき合い!
特に目立つのはエンタープライズ崩壊などの、大迫力の破壊描写の凄まじさ。
さすがスーパーカーから巨大なアントノフ輸送機まで、色んなものをぶっ壊してきたアクション野郎の面目躍如だ。

半面、物語は過去2本のエイブラムス作品、特にシリーズ物の娯楽映画作りのお手本と言える傑作、「イントゥ・ダークネス」に比べると明らかに弱い
悪役の正体を明かすのは遅すぎるし、彼の心情はある程度理解できるものの、行動と展開はかなり強引な感は否めない。
広大なはずの宇宙も、未知の星雲が宇宙基地の真横にあるが如くで距離感に乏しく、妙に箱庭的なのも気になる。
まあ他にも色々突っ込みたくなる部分は多いのだが、とりあえずジャスティン・リンはこの世界観の中で、エイブラムスとは違った持ち味を出し切ったと思う。 


もちろんこれが「スター・トレック」の一作であることは、レナード・ニモイの死去を物語に組込み、終盤整合性を危うくしてまで胸アツのシーンを入れてくるなど、最大限の配慮を示す。
スールーが同性愛者設定になっているのは、長年ゲイであることをオープンにしてきたジョージ・タケイへのリスペクトだろう。
もっとも、今回の設定変更にはタケイ本人は納得いかない様だけど。
本作の公開前にはアントン・イェルチンの事故死という悲劇も起きたが、なんでもカークとボーンズがチェコフが隠していた酒を酌み交わすシーンは、イェルチンが亡くなった後に急遽追加撮影されたものだという。
役柄以上の仲間への熱い想いに、思わず涙が。
 
今回は、世界で最も売れているウォッカ、スミノフの少量生産バージョン「スミノフ ブラック」をチョイス。
アントン・イェルチンはロシア生まれで、両親と共に難民としてアメリカに移住した過去を持つ。
スミノフも同じ様に元々ロシアの皇室御用達でありながら、ロシア革命によって国を追われ、まずはフランス、そしてアメリカへと亡命し、現在はイギリス企業の傘下にあるという数奇な運命を辿ったブランドだ。
ブラックはストレートやカクテルベースにしても良いが、冷凍庫でキンキンに冷やして、シャーベット状にして飲むのと美味しい。
今は亡きレナード・ニモイとアントン・イェルチンに献杯。

ランキングバナー記事が気に入ったらクリックしてね





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミノフ ブラック 700ml 40度 kawahc
価格:1481円(税込、送料別) (2016/10/27時点)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ワイルドスピード!!
ノラネコさん☆コメントありがとうございました~
もうあまりブログの方は力を入れてないのかな~と…

私も思わずワイルドスピードだーっ♪って観てました。
私見終るまで忘れていたので、アントンのお酒のところはなるほど~~そうだったのですね。
ボスキャラの思い入れはちょっと無理がありましたよねぇ。
2016/11/06(日) 22:27:48 | URL | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2[ 編集]
こんばんは
>ノルウェーまだ~むさん
私はなんとなくあのお酒のシーンしんみりしすぎていて違和感があって、 後から追加撮影と聞いて納得しました。
ワイスピのファミリー同様に、エンタープライズのクルーも長いシリーズで苦楽を共にしたファミリーなんですね。
2016/11/10(木) 22:54:29 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
絆は、強さ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610210000/ 『スター・トレック BEYOND』-オリジナル・サウンドトラックー [ マイケル・ジアッキーノ ] 映画ポスター/スター・トレック ビヨンド フレーム(額)なし
2016/10/30(日) 06:29:07 | 日々“是”精進! ver.F
往年の大ヒット・ドラマ・シリーズを「M:i:III」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督がリブートしたSFアドベンチャー大作のシリーズ第3弾。深宇宙へ向けて航行を続けていたエンタープライズ号が惑星連邦を否定する新たな敵と遭遇、連邦の理念を守るべく過酷な戦いに身を投じるカークたちクルーの運命を描く。出演はクリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらレギュラー...
2016/10/30(日) 12:54:18 | パピとママ映画のblog
SFものは真っ暗な宇宙空間を縦横無尽に飛び回る宇宙船による、白熱した空中戦バトルが繰り広げられるのが常であり、そのような映画は「スタートレック」をはじめとして、基本寝てしまうのがこの私。 暗い中でぐるぐる飛ぶので、目が回ってしまい、酔いやすい私はすぐに目から入る情報をシャットダウンするように体が出来ているだけで、SF映画に何の罪もない。
2016/10/31(月) 00:16:54 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
惑星連邦辺境に浮かぶ最新鋭宇宙基地ヨークタウンに、これまで連邦とは接触のなかった異星人女性が救命ポッドで流れ着く。 座礁している仲間を助けて欲しいという彼女の要請を受け、カークたちは救助に出ることに。 ところが、危険な星雲を抜けた先で、船籍不明の宇宙船に攻撃されてしまう。 襲ってきたのは、惑星アルタミッドに拠点を置く異星人クラールだった…。 SFファンタジー23世紀新シリーズ第3弾。
2016/10/31(月) 17:02:57 | 象のロケット
アクションで、誰が何をして、どうなった(どこに行った)のかが、よくわからないので、おもしろくない。
2016/10/31(月) 21:37:43 | 或る日の出来事
今年は「スター・トレック」50周年だそう。 一方でもう一つの大作シリーズ「スターウォーズ」で忙しすぎるエイブラハムスが制作にまわり、監督をバトンタッチ。 ジャスティン・リンは、「ワイルド・スピード」シリーズを育てた監督。 ここでイヤな予感が。。。 当ブログはトレッキーだと公言するほどではないが、第7シーズンまで好評で制作された「スター・トレック ネクスト・ジェネレーション」のファ...
2016/11/03(木) 14:24:09 | 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
レナード・ニモイとアントンに捧ぐ 公式サイト http://www.startrek-movie.jp 製作: J・J・エイブラムス監督: ジャスティン・リン  「ワイルド・スピード」シリーズ 宇宙探
2016/11/05(土) 15:51:10 | 風に吹かれて
未レビュー洋画(片付けてしまいたい3本)をできるだけ短評で。 ◆『スター・トレック ビヨンド』トーホーシネマズ日本橋5 ▲ブル中野っぽいペインティング。 五つ星評価で ...
2016/12/03(土) 06:56:25 | ふじき78の死屍累々映画日記
【STAR TREK BEYOND】2016/10/21公開 アメリカ 123分監督:ジャスティン・リン出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、アントン・イェルチン、ジョン・チョー STORY:5年におよぶ宇宙探査へと旅立ったエンタープライズ号。それから3年あまりが経ち、ジェームス・T・カークの中には艦長という役目に対する迷いが生じて...
2016/12/14(水) 15:56:11 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
STAR TREK BEYOND 2016年 アメリカ 122分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2016/10/21) 監督: ジャスティン・リン 『ワイルド・スピード EURO MISSION』 製作: J・J・エイブラムス ジャスティン・リン 脚本: サイモン・ペッグ 出演: クリス...
2017/02/23(木) 20:32:11 | 銀幕大帝α
前2作同様、面白かったな。
2017/03/04(土) 13:00:40 | だらだら無気力ブログ!
「スター・トレックBEYOND」(原題:StarTrekBeyond)は、2016年公開のアメリカのSF映画です。映画「スタートレック」シリーズの第13作、J・J・エイブラムスが製作を務める「ケルヴィン・タイ...
2017/04/09(日) 19:00:14 | 楽天売れ筋お買い物ランキング