酒を呑んで映画を観る時間が一番幸せ・・・と思うので、酒と映画をテーマに日記を書いていきます。 映画の評価額は幾らまでなら納得して出せるかで、レイトショー価格1200円から+-が基準で、1800円が満点です。
■ お知らせ
※基本的にネタバレありです。ご注意ください。
※当ブログはリンクフリーです。内容の無断転載はお断りいたします。
※ブログ環境の相性によっては、TB・コメントのお返事が出来ない事があります。ご了承ください
エロ・グロ・出会い系のTB及びコメントは、削除の上直ちにブログ管理会社に通報させていただきます。 また記事と無関係な物や当方が不適切と判断したTB・コメントも削除いたします。
■TITLE INDEX
タイトルインディックスを作りました。こちらからご利用ください。
■ ツイッターアカウント
noraneko285でつぶやいてます。ブログで書いてない映画の話なども。
■ FILMARKSアカウント
noraneko285ツイッターでつぶやいた全作品をアーカイブしています。
地獄の変異・・・・・評価額1300円
2006年10月17日 (火) | 編集 |
ナショナルジオグラフィック的秘境冒険映画+モンスターホラー。
「地獄の変異」なんて、まるで7、80年代の東宝東和配給作品みたいな凄そうなタイトルがついているが、原題は「the Cave(洞窟)」と大人しい物だ。
基本的に地底洞窟の冒険がメインで、ホラーの部分はやや比重の大きなアクセント。
実際の洞窟ロケーションをメインとした、神秘的なケーブダイビングの描写は素晴らしいが、描きたい事がやや不明瞭だ。

ルーマニア、カルパチア山脈。
70年代の爆発事故で土砂に埋もれた教会の地下から、巨大な洞窟が発見される。
中世テンプル騎士団が、翼を持つ悪魔と戦った、という伝説をもつこの洞窟を探検するために、ジャック(コール・ハウザー)とタイラー(エディ・ジブリアン)の兄弟を中心としたプロのダイビングチームが呼び寄せられる。
生物学者のキャサリン(レナ・ハーディ)らを加えた探検隊は、神秘的な巨大洞窟に下りていくが、探検隊の一人が巨大な捕食動物に襲われ、持っていた水中スクーターが岩に激突、爆発の衝撃で洞窟の出口が塞がってしまう。
ジャックたちは食料が尽きる前に、自力で脱出しようと、さらに洞窟の奥へ踏み込むのだが、そんな彼らを「翼を持つ悪魔」が狙っていた・・・


ルーマニアの山岳地帯を行く軍用車を、スローモーションのこったカメラワークで捉えたオープニングは、マイケル・マン監督「ザ・キープ」そっくり。
「ザ・キープ」はルーマニアの山奥に、何かを封じ込めた遺跡があり、そこをドイツ軍が占領する。
対してこちらは、やはりルーマニアの山奥に、何かを封じ込めた古い教会があり、そこに眠る宝を狙って、トレジャーハンターがやって来る。
基本設定を含めて、このオープニングはマンへのオマージュか。
ルーマニアの田舎というのは、ヨーロッパでも吸血鬼伝説の秘境というイメージであり、いかにも我々の知らない何かが潜んでいそうな気はする。

時代は飛んで現在になり、土砂崩れで埋まった洞窟が発見されると、いよいよ本筋の洞窟探検だ。
全長140キロに及ぶ迷路のような洞窟は、セットとロケーションを巧みに織り交ぜているが、特に水中洞窟のロケーションは、殆どナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーを観ているようで、素晴らしい。
ライトの加減で様々な表情を見せる、地底の未知なる世界は、それだけで十分魅力的だ。
映画は、出口を塞がれた探検隊が、いかにして脱出するのかという秘境冒険映画を本筋として、そこに妨害者たる地底の怪物「翼を持つ悪魔」が絡んでくる。
コウモリに似たこの怪物は、どうやら地上も水中自由自在で、さらに空も飛べるという、ある意味御都合主義なスーパー怪物。
迷宮のような洞窟の中で、いつこの捕食動物に襲われるか、いかにして撃退するかという「エイリアン」のようなモンスターホラーの要素が加味される。

しかもこの映画はこれだけではない。
この洞窟の中には、閉ざされた生態系の中で、生物を急激に洞窟の環境に適応させる寄生微生物が存在する事が判り、リーダーのジャックが感染してしまう。
はたして、洞窟生物の特質を得たジャックは、洞窟から皆を脱出させる救世主なのか、それとも皆を地底世界に留め置こうとしているのか、ジャックへの疑心暗鬼がサスペンスを増幅させるという構造になっている。

秘境探検、モンスターホラー、さらには心理サスペンスと娯楽要素テンコモリだが、残念ながら、相乗効果を上げるには至っていない。
一つには洞窟の地形があまりにも複雑かつ、暗く、位置関係が良く判らないので怪物との戦いが今ひとつ盛り上がらない。
怪物も強いんだか弱いんだか良く判らず、捕食動物の群れに、無防備な人間たちが徐々に追い詰められているというサスペンスが弱いのだ。
本来なら、モンスターホラーというソースが、本筋にじっくりと染み込んで味わいを倍化させて欲しいのだが、この作品ではソースの絡みが今ひとつの印象だ。
ジャックが徐々に地底生物へと変異することへの疑心暗鬼も、変異の描写が黒目が十字形になって、耳が良く聞こえる様になったくらいなので、変わっていく実感に乏しい。
途中からは信頼できるリーダーに戻ってしまって、サスペンスも途切れてしまう。
この寄生微生物の設定は、ラストにも絡んでくるのだが、洞窟の中での描写が弱いから、ラストでもそれほどのインパクトは生んでいない。

と、総合的に観ると不満も多いが、つまらないかというとそうではない。
それぞれの要素が絡み合っての相乗効果は不完全燃焼気味だが、洞窟探検、モンスターホラーとそれぞれの要素で観れば、まずまず良く出来ている。
これが劇場用映画デビューとなるジェームス・ハントも、CMディレクターとして、あるいは「マトリックス」シリーズの第二班監督として豊かな経験を持つだけに、決して破綻はせずに無難に纏めている。
この手のB級アクション・ホラー系の好きな人には、それなりに楽しめる作品だろう。

今回は、舞台となったカルパチア山脈からクロ・ビュザオ メルローをチョイス。
ルーマニアはワイン作りの歴史は非常に古く、実に5000年を遡ると言う。
これはそんな伝統を強く感じる、ボディの力強いワイン。
未知の洞窟の様に、濃く、深い。

ランキングバナー 
記事が気に入ったらクリックしてね
人気ブログ検索 <br />- ブログフリーク
こちらもクリック!

も一回お願い!

クロ ビュザオ メルロー [2003](デルマーレAC)ルーマニアカルパチア山脈の麓からすごいワイン...

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
 初めまして!
 TB&コメント有難う御座いました。

 この映画を観る前は予告編があまりに面白かったため「本編はきっとダメダメだろう」なんて勝手に思い込んでいましたが、普通に面白かったですね。洞窟内の描写は本当に綺麗だと思いましたし。
 ただ、クリーチャーが強いのか弱いのか僕もサッパリ分からなかった。もっとデカいクリーチャーが暴れまわっても良かった気もするのですけどね。
2006/10/17(火) 21:55:44 | URL | 蔵六 #-[ 編集]
TB&コメントありがとうございました
クリーチャー好きの僕としては、「どんなに酷い内容でもクリーチャーが大暴れしてくれれば満足さ!」なんて思っていたので、本編の出来の良さは嬉しい誤算でした。
洞窟の美しさは本当に素晴しかったですね。未知の異世界を思わせる地底洞窟はとても幻想的でした。
2006/10/18(水) 07:17:46 | URL | えめきん #-[ 編集]
こんばんは
>蔵六さん
HNがナイスですね。
クリーチャーは一応、先に入ったアレたちの成れの果てという設定があるらしいので、あんまりでかくは出来なかったのかと。
まああっても無くてもどうでもいい設定だったんですけどね。
水スペのパロディ予告編は最高でした。

>えめきんさん
意外な拾物という感じでした。
期待してなかった事もあって、予想外に面白かったですね。
地底洞窟のロケーションは見事でした。
2006/10/19(木) 01:37:04 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
クリーチゃーはどうやって倒したんですか?教えてください
2006/10/26(木) 16:01:01 | URL | agumon #SFo5/nok[ 編集]
殺し方
>agumoさん
いっぱいいたのでナイフで刺したり、火で燃やしたり・・・
最後は「ミミック」みたいな感じでやっつけました。
2006/10/26(木) 20:30:18 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ミミック見たいな感じってどんな感じですか?
2006/10/31(火) 18:04:42 | URL | agumon #SFo5/nok[ 編集]
申し訳ございません。クリーチャーの倒し方具体的に教えてください。
2006/10/31(火) 18:43:26 | URL | agumon #SFo5/nok[ 編集]
こんばんは
>agumonさん
申し訳ありませんが、記事中でネタバレしていない部分は、ここを読みに来てくれて、本編を観る人たちへの配慮です。
どうしても御知りになりたければ、管理者だけに表示を許可するにチェックをいれて、メールアドレスをお知らせください。
メールにて、倒し方の詳細をお送りします。
2006/10/31(火) 18:54:04 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
TB失礼します
ほんと説明がほとんど無かったですね。
あらすじを読まずに観る私にはかなり?な部分が多かったですが、わからなくはないのでなんとか。
それより地底人、もっとだしてほしかったですよ~!
2007/02/22(木) 11:25:51 | URL | ももも #-[ 編集]
こんにちは
>もももさん
あらすじ判り難かったですか?
確かに地底人に関してはほとんど説明なし、そもそもあれは地底「人」だったのかどうかも・・・
まあ細々とした不満は覆い作品ですが、ロケーションが見事で、それだけで楽しめました。
あんな風景見てみたいです。
2007/02/25(日) 16:05:49 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
ノラネコさん、こんばんは☆
私にはちょっとイマイチでしたぁ・・・(泣)
>ジャックが徐々に地底生物へと変異することへの疑心暗鬼も、変異の描写が黒目が十字形になって、耳が良く聞こえる様になったくらいなので、変わっていく実感に乏しい
その通りでしたね!
これ、隊長が、変テコな感じで変身してしまっていたら、自分にはそれだけでポイントが高かったかもしれません!
2007/03/03(土) 20:21:31 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 編集]
こんばんは
>とらねこさん
兄貴の変身は微妙でしたねえ。
どうせなら疑心暗鬼が更なる恐怖を呼び・・・って方にもっていったほうが面白かったと思います。
もっともそれをやると「ディセント」になっちゃいますけど。
2007/03/04(日) 17:01:01 | URL | ノラネコ #xHucOE.I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 人が恋落ちる瞬間を初めて見てしまった。 そんな映画がちょっと前にありましたが、僕はこの予告編と初めてスクリーンで対面した際に本気でときめいてしまったのです。なんて素敵な映画なんだろうと。 あまりに大げさすぎる効果音、絶妙なロゴ、そして探検隊シリーズ....
2006/10/17(火) 21:34:04 | 映画大陸
ルーマニア、カルパチア山脈。その奥深くで発見された、全長100kmを超える巨大地下洞窟。調査隊は早速一流のダイバーチームを呼び出し、前人未到の巨大洞窟の調査を開始した。しかし、洞窟内でダイバーチームと調査隊を待ち受けていたのは、寄生生物によって突然変異.
2006/10/18(水) 07:05:51 | 5125年映画の旅
おまたせ”天六ファンタティック映画祭?第3弾!”「ディセント」と間違いそうな「地獄の変異」「ディセント」は洞窟が舞台だったけどこちら「地獄の変異」は洞穴が舞台。よーく似てる展開よく似てる怪物恐怖はこちらもGOODです。「ディセント」は観ていて飛び跳ね恐怖
2006/10/18(水) 14:49:06 | bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ
「地獄の変異」です。 ルーマニア・カルパチア山脈の奥深くに永きにわたり封印された巨大洞窟が発見された。探検隊による探索
2007/02/22(木) 11:36:19 | ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
ルーマニア、カルパチア山脈で、地質学者のDr.ニコライは世界最大級の水流の流れを発見した。人頭未体験の洞窟に、プロのダイバーと、科学者のチームがこの洞窟に足を踏み入れた。・・・&nbsp;
2007/03/03(土) 20:13:09 | レザボアCATs
地獄の変異 THE CAVE2005年   ブルース・ハント 監督パイパー・ベラーボ&nbsp; コール・ハウザー&nbsp; レナ・ヘディ&nbsp; エディ・シブリアン&nbsp; モーリス チェスナット&nbsp;ケイヴィングホラー3本目! ディセント ザ・ケイヴ前の映画が、原題 WIthI...
2007/03/05(月) 11:20:46 | 猫姫じゃ
2006年54本目の劇場鑑賞です。ブルース・ハント監督デビュー作品。巨大な洞窟を舞台に繰り広げられるモンスター・ホラー。新たに発見された洞窟の調査を開始した探検隊一行が、恐るべき謎の生物と遭遇する。怖くはありませんでした。今までのモンスターと遭遇する舞台は、..
2007/03/16(金) 22:50:44 | しょうちゃんの映画ブログ
監督 ブルース・ハント 主演 コール・ハウザー 2005年 アメリカ/ドイツ映画 97分 ホラー 採点★★★ なにやら最近“捏造”やら“不適切な表現”やらと騒がれておりますが、まるで他の番組や放送局はピッカピカの潔癖で真実のみしか伝えてませんよ、とでも言いたいんでしょ
2007/04/03(火) 02:47:28 | Subterranean サブタレイニアン
「地獄の変異」
2007/04/04(水) 10:23:12 | Akira's VOICE
「ザ・警部」...じゃなかった、「ザ・ケイヴ」というタイトルが2本あって「地獄の変異」と邦題がついたコチラを借りてきますた♪地獄の変異posted with amazlet on 07.03.31ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2007/04/04(水) 18:48:22 | ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
映画「地獄の変異」に関するトラックバックを募集しています。
2007/04/05(木) 15:43:41 | 映画専用トラックバックセンター
今回紹介する映画は、『コヨーテ・アグリー』のパイパー・ペラーボ主演によるモンスターパニック映画『地獄の変異』です。まずは映画のストーリーから・・・ルーマニアの奥地で、長年にわたり封印された巨大洞窟が発見される。早速世界的探検隊が探索を開始し、順調に地地下
2007/10/09(火) 20:31:03 | ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG